『ホリデー・イン』坂木司

これを読んだら前の2冊も読み返したくなりました。

ホリデー・インホリデー・イン
(2014/05/27)
坂木 司

商品詳細を見る

それぞれの夜。それぞれの朝。人気『ホリデー』シリーズから初のスピンアウト短編集。扉を開けて、彼らは出会った―。
(「BOOK」データベースより)


ホリデーシリーズ既刊の感想はこちら。
『ワーキング・ホリデー』
『ウィンター・ホリデー』

最初の4編(ジャスミン、大東、雪夜、ナナ)は、彼らのちょっと意外な一面が見れて、キャラクターの深みが増した気がします。
ナナの話は、話し口調なのがちょっと苦手でしたが…。
その後どうなったか気になるような終わり方はわざとなのかな。

進のと最後のジャスミンの話は、シリーズ本編の裏話になっていて、このシリーズのファンには嬉しい!
ただ、大和の写真を見つけてから店に会いに来るまでの流れが『ワーキング・ホリデー』に書かれているのと全然違うんです。

写真は母子手帳の「お父さん」のページに挟んであった
→ ケースの中に封筒があった

お母さんは最初は誤魔化していて、祖父母に問い詰めた
→ わりとすぐに認めた?

大和の実家に電話したのは進
→ 由希子が電話した

いくらなんでも矛盾しすぎですよね?
雑誌掲載の時も気になっていて、単行本化で修正が入るかと思ったらそのままでした。
誰も気付かなかったとは思えないのだけど、なんでだろう…。

映画は観ていません。吉本だしEXILEだしでなんだか観る気がしなくて。
でも評判はわりとよさそうなんですよね。
原作とは別物として(なんといってもジャスミン役がゴリですから)観てみるのもいいかもしれないなぁとあとがきを読んで思いました。

Trackback [1] | Comment [1] | Category [作家別:さ行] | 2014.10.26(Sun) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ホリデー・イン」坂木司

それぞれの夜。それぞれの朝。人気『ホリデー』シリーズから初のスピンアウト短編集。扉を開けて、彼らは出会った―。 「初めまして、お父さん」。 元ヤンでホストの沖田大和の生活が、しっかり者の小学生・進の登場で一変! 思いもよらず突然現れた息子と暮らすことになった大和は、宅配便会社「ハニー・ビー・エクスプレス」のドライバーに転身するが……荷物の世界も親子の世界も謎とトラブルの連続。宅急便会社...

2015.10.16(Fri) 14:20 | 粋な提案 | ▲PageTop



Comment

ジャスミンとヤマトの出会いから始まるスピンオフでしたね。
個人的には雪夜のエピソードが良かったです。
たまに四川料理でデトックスするのも良いかもです。
トラックバックさせていただきました。
トラックバックお待ちしていますね。

2015.10.16(Fri) 14:30 | 藍色 [URL] | 編集 | ▲PageTop

Private

 


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com