[Tag] エッセイ


『にょっ記』穂村弘

日記の形式で綴られる癒し系エッセイ。独特のゆる~い空気がくせになります。

にょっ記にょっ記
(2006/03)
穂村 弘

商品詳細を見る


たまに雑誌で読んでいたエッセイなんですが、もう2冊も本になっていたとは。1冊目が『にょっ記』で2冊目が『にょにょっ記』ってかわいすぎる(笑)
日によって長かったり短かったり、実際にあった出来事だったり妄想だったり。えろ親父くさいのがたまに傷だけど、おもしろいです。「女性百科宝鑑」は特に笑えました。
それにしても天使って??

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:は行] | 2010.08.30(Mon) PageTop

『妄想炸裂』三浦しをん

表紙絵は羽海野チカ。毎度豪華ですねー。

妄想炸裂妄想炸裂
(2001/06)
三浦 しをん

商品詳細を見る

2001年頃のエッセイで、私もちょうどその頃『ハチミツとクローバー』にはまっていたこともあり、懐かしかったです。就職活動で東京に来た時に秋葉原の本屋で買ったなぁ(なんでわざわざ東京で…)。架月弥の『チョコの歌』も大好きなマンガなので嬉しかったです。今度読み返そうっと。
マックちゃんのアホな変換も、うんうんと頷きながら読みました。昔に比べたらマシになった気もするけど、ほんとヒドイですからね。。。

しをんさんのエッセイは図書館で見かけたら借りるくらいのスタンスで読んできましたが、いよいよコンプリート間近。時系列で読んだ方が楽しかったかもなぁと今さらながら思いました。気が向いたら順番に借りなおそうかしら。何度読んでも同じところで笑ってしまう気がします。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:ま行] | 2010.02.28(Sun) PageTop

『美女と竹林』森見登美彦

これは随筆集の仮面をかぶった妄想小説です。いや、妄想エッセイか。

美女と竹林美女と竹林
(2008/08/21)
森見登美彦

商品詳細を見る

森見登美彦氏がかぐや姫と結婚?!と驚いていたら、図書館で何ヶ月も予約待ちだったこの本の順番がちょうどまわってきました。なんてタイムリー。

ジャンル分けするとやはり随筆集ということになるんでしょうけれども。すんなりと納得できないのは、そこかしこに森見ワールドが広がっているから。
まず、本のあらすじを読んでも何がなんだかさっぱりわかりません。読み終わった今でも、人に説明できる自信がまったくありません。
でも、おもしろかったです。なんだかわからないけどおもしろい、本当に不思議な本です。

他の作品や森見さんのブログを読んだことのない、まったくの初心者がいきなりこの本を読んだら、度肝抜かれるだろうなぁ(笑)

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:ま行] | 2009.01.27(Tue) PageTop


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com