[Tag] スポーツ


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

『コロヨシ!!』三崎亜記

掃除がスポーツに、と一見ユーモア小説のような設定ですが、実際は大真面目な青春小説なんだから驚きです。

コロヨシ!! (角川文庫)コロヨシ!! (角川文庫)
(2011/12/22)
三崎 亜記

商品詳細を見る

藤代樹は「掃除部」に所属している高校2年生だ。芸術点と技術点を競う競技「掃除」は、国家の統制下に置かれているマイナースポーツだった。幼い頃に祖父の教えで「掃除」を始めた樹は、昨年の州大会新人戦で優勝するほどの腕前。だが、目標を見出せず、どこか冷えた態度で淡淡と「掃除」を続けていた。しかし謎の美少女・偲の登場により、彼に大きな転機が訪れ―。物語の錬金術師・三崎亜記が放つ、前代未聞の奇想青春小説。(「BOOK」データベースより)


舞台は日本のようなそうでないような、架空の世界。
西域、居留地といったキーワードは三崎作品ではお馴染みなんだそうですが、私にとっては初めての三崎ワールド。それに加えて掃除の専門用語なども多く、馴染むまでに結構苦労しました。

競技としての掃除で扱うのは、もちろん本物のゴミではなく、羽子板の羽根のような塵芥。人気がないマイナースポーツということで地味なのかなと思えば、実際はフィギュアスケートのような魅せるスポーツなんです。初っ端から掃除部が実演する場面があるので、掃除がどんなものかはすぐにわかります。
部員集め、大会に向けての練習、挫折、特訓…と部活モノの要素はすべて満たしつつ、"活動制限スポーツ"の背景にある国(政府)についても描いていくので、とにかく盛り沢山です。盛り沢山すぎて読むのがけっこうしんどかったり…。スポーツ小説のふりをしていますが、作者が本当に書きたいのは歪んだ政治機構の方なんじゃないかという気もしてきます。
夏の大会での各自の特性を活かした試合はとても良かったですし、こういう(エキシビジョンや添え舞いも含む)掃除のシーンをもっと見たかったのですけどね。綿密な設定のおかげで掃除以外の部分も面白くはあるのですが、主人公の樹が何かにつけぐるぐると思い悩むので、なかなかテンポ良く読み進めることができないのが残念でした。
掃除部の面々や行きつけのお店の人たちは皆キャラが立っていて面白いです。ただ、一番の変人である顧問の言動は全く笑えず、ヒロイン(だよね)の偲がどうにも好きになれないので、中盤以降はがっくりと読むペースが落ちてしまいました。

6章を読んでいるあたりから、まさか…と嫌な予感はしていたんですが。この1冊では全然終わらないんですね…。続編が出ているのは知っていたけど、ここまで何もかも持ち越すとは。
結局、解決した謎は父親のことくらいで、この国の封印された歴史、政府の思惑、偲のこと、大介のこと、等々かなりモヤッと感が残ります。続編ですっきり解決してくれるかというとそうでもなさそうなので、いまいち読む気力が…。

なんだか否定的なことばかり書いてしまいましたが、この世界観はけっこう好きです。
うまくいえないけど、この本で描かれていない外側にもきちんと世界が存在している感じ(それも地続きで当たり前のように)がすごくします。それは過去の出来事についてさらっと書かれていたり、肩車スポーツ部なんてネタを惜しげもなく使い捨てているところからも感じられます。
そういうのを含めての三崎ワールドなのかな、となんとなく思いました。他の作品もずっと気になっていたので、挑戦してみたいです。

スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:ま行] | 2012.07.11(Wed) PageTop

『あるキング』伊坂幸太郎

野球界の王となるべくして生まれてきた、一人の男の物語。

あるキングあるキング
(2009/08/26)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


最弱プロ野球チーム「仙醍キングス」の熱狂的なファンである両親に育てられた、王求(おうく)。王求が野球をはじめるのも、すぐに才能が開花するのも、両親からすれば当然のことなのでした。なぜならプロ野球選手として仙醍キングスに入団し、雪辱を果たすのが彼の宿命だから。
王求が生まれた日の出来事から始まり、章を追うごとに1~3才ずつ成長していく、伝記風フィクションといったところです。

両親のあまりの執着ぶりがジワジワと怖くなっていく前半はわりとおもしろく読めたのですが、後半は失速してしまいました。
何かありそうな登場人物が何人も出てくるのに、いまいち活かしきれていない気がするのですよね。「彼は後々大きく関わってくる」云々と書かれてあるのが原因かもしれませんが。伊坂作品の大きな魅力の一つは、ふとしたところに伏線が張られてあって、それらを鮮やかに回収する手腕にある、と思っているので、今回それがなかったのが残念でした。
また、王(あるいは天才)であることの苦悩を描こうとしているように見えて、実際はあまり伝わってこなかったのも残念。それは王求の思考がほとんど明かされないせいなのですが、あくまでも”自伝”ではなく”伝記”だから仕方ないということなのかもしれません。

個人的な反省点としては、事前に『マクベス』を読んでおくべきだった!ということ。シェイクスピアは好きなんですが、悲劇は好きでないので『マクベス』は未読なのです…。
王求=マクベス、両親=マクベス夫人、というくらいしかわからなくて、読んでいればもっと楽しめたんだろうなぁと。

それにしても、伊坂さんの本を読んだのは(アンソロジーを除けば)かなり久しぶりです。
好きな作家を聞かれれば1番か2番には名前を挙げていたくらいだったのですが、『モダンタイムス』がどうもダメで、さらには作風が変わったらしいとの噂も聞こえてきて、最近はすっかり足が遠のいてしまっていたのでした。ただファン根性で新刊が出たら買ってはいたので、完全に積読状態(^^;
これはいかんと一念発起して、やっと読み始めました。本当は『オー!ファーザー』か『バイバイ、ブラックバード』を読みたかったのですが、とりあえず刊行順に。次は孫悟空か…なるべく早く読もう。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:あ行] | 2010.11.25(Thu) PageTop

『エデン』近藤史恵

待望の続編。この面白さはなんなんでしょうか。

エデンエデン
(2010/03)
近藤 史恵

商品詳細を見る


自転車ロードレースというものがあることすらあまり知らなかった私が、前作『サクリファイス』を読んだのが1年と少し前。作者の筆力のお陰か、このスポーツ自体の魅力か、おそらく両方だと思いますが、その面白さに打ちのめされたことを覚えています。
レースはまだ観たことがありませんが、映画『茄子 アンダルシアの夏』は観ました。それくらい興味をかきたてられたわけです。

今回の舞台はツール・ド・フランス。読み始めてすぐに、このシリーズやっぱり面白いわ、とあらためて感じました。まぁ前作の内容は事件の真相以外は覚えていなくて、外伝で赤城の印象が強くなっていたので、主人公がチカだってことも忘れかけていたんですが(^^;
ほんの数ページの中に沢山のドラマがあって、読んでいるだけでアドレナリンが出ている気がします。チームメイトだけでなく、出場者全員が一つの生き物のようになり、分裂したり吸収されたりする様が目に浮かんでくるんですよね。紳士協定だとか、駆け引きだとか、チームオーダーだとか、素人にはわかりにくいところも丁寧に解説してくれているから、そのあたりを学べるのも楽しいです。

誰かがドーピングしているのかいないのか、といった謎はありますが、前作ほどミステリ要素は強くなく。チカがあまりにもしつこく「ぼくが~することはないだろう」なんて言っているので、それは伏線か?とかそっちの方が気になりました。
思わせぶりな登場人物が何人か。今後も出てくるのかな?出てきてくれると嬉しいですね。伊庭はとりあえず顔だけ出しましたって感じで笑っちゃいました。

自分一人の力で得られたものじゃないから、栄光は呪いでもある。そう開き直ってしまえるチカが格好良かったです。『サクリファイス』を読み返したくなってきました。

Trackback [3] | Comment [2] | Category [作家別:か行] | 2010.06.21(Mon) PageTop

『風が強く吹いている』三浦しをん

読むならやっぱり正月でしょう!ということで、新年1冊目はこちらです。

風が強く吹いている風が強く吹いている
(2006/09/21)
三浦 しをん

商品詳細を見る

駅伝にかける男たちの熱いドラマ!かと思いきや、三人称であくまでも淡々とすすんでいくので最初肩すかしをくらいました。まともに走ったこともない素人の集まりがいきなり駅伝なんて、と読んでいるこっちまで不安になるような滑り出し。
もちろん女子のツボを押さえている三浦さんなので、男10人の共同生活やそれぞれのキャラクターで楽しませてはくれますが、肝心の駅伝の魅力がいまいち伝わってこない…と思っていたら。後半、一転して手に汗にぎる熱い展開に。私はこれまで一度も駅伝を見たことがないのですが、こんなにおもしろいものだったなんて。

駅伝は肉体的にも精神的にもぎりぎりの厳しい戦いであるだけでなく、区間ごとに必要とされる能力が全く異なるのが他の競技と違うんですね。皆の特性と性格を生かしてうまく配置したハイジはさすが!サポートにまわる部員がいないために持ち回りで付き添い役もするのですが、その人選も的確でよかったです。双子は本番になにやってるの!とあきれてしまいました。
単行本のカバーには10人の姿と決め科白が。これ味があって好きです。ただ、何人かのビジュアルが想像していたのと違ってちょっとショック…ニコチャン先輩それって骨太っていうか…(笑)

初めての箱根駅伝は気がついたら終わっていて、残念ながら観られませんでした。正月に読むんじゃなくて、読み終わっているべきだったようです。駅伝が何日にやってるのかも知らなかったもので…。
来年はぜひ観てみようと思います!

余談ですが、ハイジたちに触発されたこともあり(?)昨晩夫と近所をちょっとだけ走ってきました。夜中に走ってる人ってけっこういるんですね。私は王子に輪をかけた運動音痴なので(数百メートル走っただけで死にそう)ほとんど走らず歩いていましたが…;ランナーズ・ハイって一度体験してみたいです。

Trackback [0] | Comment [2] | Category [作家別:ま行] | 2010.01.09(Sat) PageTop

『BOX!』百田尚樹

ボクシングを題材にした小説って珍しいのでは。『風の中のマリア』といい、百田さんは着眼点がおもしろいです。

ボックス!ボックス!
(2008/06/19)
百田 尚樹

商品詳細を見る

私はボクシングどころか格闘技全般に興味がありません。まともに観たこともないので食わず嫌いといわれても仕方がないですが、プロレスやK-1みたいな見せ物はどうしても好きになれないし、たぶんこの先も観ることはないと思います。ただ、ボクシングに対する認識は、これを読んで少し変わったかもしれません。
ただ単に殴り合うだけというシンプルな競技かと思っていたら、作中で耀子が驚いていたように、実はかなり奥が深いようです。パンチの技術だけでなく、細々としたルールやそれに合わせたテクニック、引退後の後遺症の話など、ボクシングに関する様々な裏事情(?)が書かれてあって、興味深かったです。

実は読み始めてすぐに、この本とはあまり相性が良くないかも…と感じたんです。出てくる人は皆あまり好感を持てないし、文章もなんだか違和感があったし(女性視点でも「あーこれ中年男性が書いてるな」って印象が強かったので)。優紀や耀子の恋愛エピソードははっきりいって邪魔だと思いました。
が、後半に入ってボクシング部のみんなが変わりはじめてからは俄然おもしろくなってきました。必死で練習に打ち込む姿や試合での奮闘ぶりなど、読んでいて熱くなるんですよ。これぞ青春って感じです。人ってこんなに短期間で変われるんですね。最初好きになれなかった鏑矢も、読み終わる頃にはかわいく見えてくるから不思議です。ちなみに一番好きだったのは飯田キャプテンでした。

『DIVE!!』や『サクリファイス』なんかもそうですが、これまで知らなかったスポーツをまるで目の前で観たかのように感じられるって、小説ってすごいなぁとあらためて思います。読み終わったらやっぱり実際に観てみたいって気になりますし、マイナースポーツの普及にはスポ根小説ですね!

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:は行] | 2009.12.10(Thu) PageTop


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。