[Tag] トラブルシューター

old ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

『まほろ駅前狂騒曲』三浦しをん

まほろ駅前シリーズ第3弾。映画、ドラマときて、また映画になりそうな予感。

まほろ駅前狂騒曲まほろ駅前狂騒曲
(2013/10/30)
三浦 しをん

商品詳細を見る

いつもの奴らがなぜか集結―?まほろ駅前は大騒ぎさ!四歳の女の子「はる」を預かることになった多田と行天。その後なんとバスジャック(?)に巻き込まれることに―。
(「BOOK」データベースより)


前作から引っ張っていた多田の恋はひとまず決着。 そしてシリーズ中ずっと根底にあった行天のトラウマにもようやくきちんと向き合うことに。
再会してから少しずつ前を向き始めていた二人が、ついに一歩踏み出したわけで、ずっと見守っていた立場からすると感慨深いものがあります。
一作目からの”幸福は再生する”というメッセージをあらためて感じさせてくれるお話でした。

シリアスパート以外は、まさに狂騒曲といったドタバタ具合で(そのあたりが映画化を意識しているように見える)、これまでの登場人物はおそらく全員出てきたんじゃないかな。
帯にバスジャック云々とあり、このシリーズっぽくない派手な展開になったら嫌だなぁ…と心配していたのですが、思ったよりは楽しめました。犯人グループがあれですしね(笑)
これまで連作短編の形を取っていたのが今回は違ったからか、いつもより挿絵が多かったような。…正直いらなかったです。特にはるちゃん。全然かわいくなくてむしろ怖かったよ…。

なんだかこれでシリーズ完結となりそうな雰囲気ですが、また後日譚なり番外編なり書いてくれると嬉しいですね。

最後にドラマの話(放映時にレビューしそこねたので)。
映画はそれほどでもなかったのですが、ドラマ(まほろ駅前番外地)はかなり好きでした。
実写化が決まった当初こそ瑛太くんが多田って若すぎるんじゃ…なんて思っていたけど、ドラマですっかり愛着がわき、今となっては他の俳優さんでは考えられないです。松田龍平くんの行天は言うに及ばず。
ドラマ版の多田は、原作よりもだらしなくてちょっと不真面目なんですよね。だから今回久々に原作を読んで、優等生的な多田が新鮮でした。星”くん”なんて絶対言いませんから。
行天も原作の方が比較的まともに話をするイメージですね。エキセントリックな言動はどっちもどっちだけど(笑)
回によってはオリジナルストーリーもあり、原作とは違った楽しみ方ができるので、まだの方はぜひ見てみてください。おすすめですよ〜!

スポンサーサイト
Trackback [1] | Comment [0] | Category [作家別:ま行] | 2013.12.18(Wed) PageTop

『レディ・マドンナ 東京バンドワゴン(7)』小路幸也

今作のテーマは、女性の強かさ、かな。


レディ・マドンナ 東京バンドワゴンレディ・マドンナ 東京バンドワゴン
(2012/04/26)
小路 幸也

商品詳細を見る

齢八十を越えてもなお堀田家の大黒柱として、古書店“東京バンドワゴン”を切り盛りする勘一。そんな勘一をお目当てに通ってくる女性が現れて、一家は色めき立つ。しかし、その出会いが思わぬ家族の秘密を連れてくる…。さらに、蔵から大事な稀覯本が盗み出されて、店は大混乱。次々に新たな謎が舞い込む堀田家を救うキーワードは「母の愛」。女性のパワーで家族の絆を結び直す、待望の最新作。(「BOOK」データベースより)


毎春1冊ずつ刊行されて(読むのはいつも夏以降ですが)、もう7冊目なんですね。新作が出るたび、1年て早いなぁ…と思わずにはいられません。
サチさんの優しい語り口につられてスルッと一気に読み終わってしまうのもいつものことです。

1作目で小学生だった花陽は高校生になり、かんなと鈴花は3才になりました。研人も中学生になってからは紺のことを”親父”なんて呼び始めたようです。なんだかムズ痒い(笑)
子供たちが大きくなると同時に高年齢化の進む堀田家とその周辺ですが、勘一じいちゃんを筆頭にまだまだお元気な様子で安心しました。

今回、新しい人達が何人も登場しました(もしかしたら再登場の人もいるかも。私が覚えていないだけで…)。
これ以上準レギュラーが増えると本当に収拾つかなくなる気がするんですけど、いざという時に助けとなるのは人と人との繋がりですからね。今回も中川さんの為に集まったり、冬編で登場した三石君が秋編で手伝ってくれたり、縁て大事だなぁと。
龍哉さんが研人に話したお母様のセリフも良かったな〜。ただ龍哉さん親子の話は、最後にどーんと落とされるのがあれなんだけど…くるみさんの事情もそうだし、ああいう設定にする必要が本当にあったのかしらね。
勘一の「何せややこしい事情のオンパレードみたいな家ですからな」って、ほんとだよ(苦笑)表向きはほのぼのホームドラマだけど、かなーりドロドロですからね。愛人設定とか多すぎ。
このシリーズに限らず、小路さんの本に出てくる男って不倫率高い気が…;恋人期間を経ない結婚にも毎度違和感を感じつつ、中年男性ならではの恋愛観・結婚観という感じで受け止めています。女性の作家が書いたとしたら、絶対こうはならないでしょうね。

巻を重ねるごとにカップルが急増しているこのシリーズ、毎回誰かしら結婚したり出産したりとおめでたい話題も尽きません。
今回は修平くんの結婚と、真奈美さんの出産でした。コウさんの本名…おもしろすぎ(笑)来年あたり、青とすずみちゃんのところに二人目とかありそうですよね。
藤島さんは特に進展なし…堀田家の女性にモテるとか自分で言っちゃう藤島さん、昔に比べて開き直ってきたな〜(笑)ここまでくると本当に花陽と!?という気がしてきますが、それはそれで複雑な気分。
かんな・鈴花も花陽と同じくイケメン好きなようで、青や藤島さんに懐いてます。私は紺ちゃん好きなんだけどなー。自分で影薄いの自覚しちゃってるところも含めて(笑)
そうそう、キレた亜美さん格好良かったです!意外な特技披露でした。我南人を認めない奴は音楽をやる資格ないみたいな言い回しは正直どうよ、と思いましたが(私が我南人を好きになれないので余計に)。
紺と亜美さんの出会いは、以前レンザブローで連載していた番外編にありましたね。そろそろ書籍化してくれないかなぁ。

まったくの余談ですが。
高校生の頃に友達とビートルズでどの曲が一番好きかという話をしていて、私がなんとなく「Lady Madonna」を挙げたところ、なかなか渋いね〜と言われたんですが、彼女の「Lucy in the Sky with Diamonds」の方がよっぽど渋いよ、と思ったのを思い出しました(笑)
さすがに「ルーシー…」が本のタイトルになることはないだろう…。

※同シリーズで過去に書いた感想はこちら↓
4作目『マイ・ブルー・ヘブン』
5作目『オール・マイ・ラビング』
6作目『オブ・ラ・ディ オブ・ラ・ダ』

» read more...
Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:さ行] | 2012.06.27(Wed) PageTop

『オブ・ラ・ディ オブ・ラ・ダ 東京バンドワゴン(6)』小路幸也

毎年のお楽しみ、堀田家ホームドラマ第六弾。

オブ・ラ・ディ オブ・ラ・ダ 東京バンドワゴンオブ・ラ・ディ オブ・ラ・ダ 東京バンドワゴン
(2011/04/26)
小路 幸也

商品詳細を見る


恒例のビートルズ・ナンバーからのタイトル、今回は意外なところをもってきたなと思ったけれど。意味するところは”life goes on"というわけで、実はものすごく内容にぴったりなのでした。
増え続ける登場人物に混乱しがちなこのシリーズですが、今回は新しい人はあまり出ず。その代わり以前に出た人の再登場が多かったです。復習テストみたいな…1作目や番外編からなんて、難易度高すぎです(汗)そろそろ最初から読み返さないと駄目だなぁ。

今回はいつも以上に慌ただしかった気がします。
堀田家家訓に則り、ちょっとした謎から大小様々な騒動、けっこう重めの事件にいたるまで、勘一や我南人が解決していくわけですが、いくらなんでも同時にいろんなことが起こりすぎ!その関係ない出来事がいい方向に作用して、結果オーライなんですけどね。

新鮮だったのは、けっこうリアルなお金の話が出てきたこと。これまでも家が狭いとかお金がかかるとかで頭を抱えてる描写はありましたけど、なんだかんだで上手くいきましたって雰囲気だったじゃないですか。まぁ今回もそれに近いといえば近いんですが、それなりに考えてるってわかってよかったです。
でも実際はどうなんでしょうね~二世帯以上で一緒に暮らしてる場合のお財布事情って。こんなふうに一切もめないってあり得ない気がします。そういうドロドロがないから安心して読めるっていうのはありますよね。

最後の藤島さんの件は、勘一がそこまで決めるのはどうなのという気はしました。基本的なところは好きなのに、ところどころで感覚のズレを感じるのがこのシリーズの残念なところ。
永坂さん達と真奈美さん達で合同結婚式をする意味がいまだによくわかりませんし…。違和感感じてるのって私だけ??

研人はもう将来が楽しみすぎますね!次は花陽が高校生ですし、また色々と波乱がありそうです。藤島さんとの線が完全に消えてないっていうのがどうなのか…。普通に高校生の彼氏とか作って欲しいんですけど。
そういえば研人も花陽もipodや携帯を持ってるんですよね。大家族で暮らして昔ながらの生活のように見えるけど、新しいものも自然に生活に馴染んでいるのが、なんだかいいなぁと思いました。

そろそろ番外編をまとめたものが出るかと思っていたんですが、まだみたいです。
本編でみんなが成長していく姿もいいですが、たまに出てくる昔の話も読んでみたいんだけどなぁ。特に、秋実さんが亡くなって亜美さん主導のもとカフェを始めた頃の話など。。
いずれにせよ出るのは来年の春でしょうから、楽しみにに待ちたいと思います。

「古い舟を動かせるのは古い水夫じゃない」と歌っていたのは吉田拓郎ですね。「イメージの詩」好きです。たまに聴きたくなります。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:さ行] | 2011.08.28(Sun) PageTop

『青空の卵』坂木司

思いやりと自己満足の境界線って難しい。

青空の卵 (創元推理文庫)青空の卵 (創元推理文庫)
(2006/02/23)
坂木 司

商品詳細を見る


ひきこもり探偵シリーズ三部作の一作目。坂木司さんの代表作ということで読んでみました。ペンネームもこの主人公からとったのですよね。
困っている人を放っておけない性質の坂木と、頭脳明晰で毒舌そして繊細な心を持っている鳥井。彼らが様々な人たちと出会い、少しずつ前進していくお話です。
ジャンルは一応、日常の謎系のミステリなんですが、青春もの(友情もの)と捉えた方がよさそうです。無理のある推理が多いし、謎自体もそれほど興味を惹かれるものではないと思うので。

主人公二人のシーンがどうにも苦手でした。こういうのが好きな人は多いと思うし、あくまで私個人の好みの問題ですけども。
大人になってもいまだに依存し合ってしまっている二人の際どさ、みたいなのを表現したいのだろうと思うのですが、ここまでモラトリアム全開でこられるとなぁ。こんな友情ありえない、とまでは言えないけど、やっぱり相当おかしいですよね。
もちろんわざとそう書いているわけで、塚田と安藤をああいう風に書いたことで予防線は張っていることだし、へんに勘ぐる方が野暮なんだとわかってはいるんですけど。
それでふと思い出したのが『BANANA FISH』。私、あの二人も苦手だったんですよ…。特に英二が。

いきなり批判から入ってしまいましたが、登場人物のキャラクターは悪くないです。
なにより栄三郎さん。彼のおかげで一気に楽しくなりました。滝本&小宮の警官コンビも好きです。鳥井の口の悪さもけっこう好き。坂木がただのお人好しではなく、意外と利己的な一面を見せたりするのも人間くさくていいと思いました。

大人になりきれない葛藤とか、人との繋がりを持つことで得るもの・失うものとか、それこそどういう友情が正しい形なのかとか。答えの出ない問題だとしても、それについて考えることで気づかされることは多いはず。
坂木と鳥井が最終的にどんな関係に落ち着くのか、気になるところです。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:さ行] | 2011.07.14(Thu) PageTop

『レヴォリューションNo.3』金城一紀

君たち、世界を変えてみたくはないか?

レヴォリューション No.3レヴォリューション No.3
(2005/04/28)
金城 一紀

商品詳細を見る


再読です。『レヴォリューションNo.0』を読んでやっぱり読み返したくなったので。
最初の単行本の印象が強いんですが、私はこの新装版がお気に入り。どれが誰なんだろうって考えるのも楽しいです。
あらためて読むと、デビュー作だけあって青いというかなんというか…若さに溢れたヘンな勢いがあって、シリーズの中ではやっぱりこれが一番好きですね。

自他共に認めるオチコボレ男子校の生徒達が、優秀な遺伝子を取り込むべく(?)近所のお嬢様学校の学園祭になんとか潜り込もうと画策する、というのが表題作。その他、卒業旅行費の奪還作戦「ラン、ボーイズ、ラン」、ストーカーから美女を守る「異教徒たちの踊り」と、どの話もおもしろいです。
ザ・ゾンビーズはおバカな発想とフットワークの軽さも魅力ですが、なにより男の友情っていいなぁと思わせてくれるんですよね。ヒロシのお見舞いに行って皆がさっと定位置につく様子とか、わざと負ける方に賭けて夕食を奢るとか、さりげない優しさにグッときます。最弱のヒキを持つ男・山下がミスしたときの皆の反応も素敵ですし。

余談ですが、舜臣の「(ヒロシが首相になったら)SPになってやるよ」みたいなセリフにニヤニヤしちゃいました。後に映画『フライ,ダディ,フライ』で舜臣を演じた岡田君が『SP』やるわけで、なんだか偶然とは思えないですね。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:か行] | 2011.04.06(Wed) PageTop


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。