[Tag] ブラック

old ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

『ストロベリーナイト』誉田哲也

姫川玲子シリーズ、第一弾。
ドラマを先に観ているので、どうしてもそちらとの比較が多くなってしまうのはご了承ください。

ストロベリーナイト (光文社文庫)ストロベリーナイト (光文社文庫)
(2008/09/09)
誉田 哲也

商品詳細を見る

溜め池近くの植え込みから、ビニールシートに包まれた男の惨殺死体が発見された。警視庁捜査一課の警部補・姫川玲子は、これが単独の殺人事件で終わらないことに気づく。捜査で浮上した謎の言葉「ストロベリーナイト」が意味するものは?クセ者揃いの刑事たちとともに悪戦苦闘の末、辿り着いたのは、あまりにも衝撃的な事実だった。(「BOOK」データベースより)


今やっている連続ドラマではなく、その前のスペシャルドラマの原作ですね。
何度か出てくるグロテスクな描写は、かなりキツイです。普段は一字一句までしっかり読む方なんですが、犯人視点での詳細な描写は耐え切れず飛ばしてしまいました。

事件を捜査する過程で立ちふさがる敵は犯人だけではなく、共同捜査する他の刑事との攻防も見所のひとつ。そういう意味では警察小説としての面白さはよく出ていると思います。
ただ、主人公である玲子のキャラクターが、かなり微妙。捜査一課の女性警部補であるという矜持は、玲子が辛い過去を乗り越えるために必要だったもの。それはよくわかります。が、ちょっと驕りすぎです。勘が鋭く、自分がこれと睨んだものに突き進む姿勢は一見格好いいのですが、裏付け捜査がおざなりだったり、生理的に受け付けないという理由で先輩刑事に無礼な態度で接したり、社会人としてどうかと思う言動が多いので、それほど優秀な刑事とは思えないのです。あえて欠点の多い人間として描いているのかもしれませんが…。
それ以上に残念すぎたのが菊田。あまりの活躍しなさっぷりに愕然としました(笑)ライバルの井岡はなんだかんだで実は切れ者?というような片鱗を見せていたにかかわらず、菊田に関してはミスこそないものの活躍も皆無。恋愛下手でも仕事は出来るってところを見せて欲しかったなぁ。
ということで、このどうしようもない菊田を姫川班のエース&頼りになる先輩キャラに仕上げたドラマスタッフはGJ。もし原作のままだったら、連ドラまで観ようと思わなかったかも。西島秀俊さん演じるドラマの菊田、かなり素敵なんですもん。
ちなみに玲子は昔の松嶋菜々子さんがモデルだそうですが、竹内結子ちゃんで正解だと思います。(ビジュアルだけで松◯奈緒さんとかにならなくてよかった…)
ガンテツはドラマ版よりもはるかに人間味があり、かなりいい人に描かれていてビックリ。憎めないキャラなのはわかったけど、ガンテツパートは無駄に長かったです。姫川班の他の人たちなんか空気のような扱いだったのに(汗)
ガンテツに限らず、本筋と関係ないようなエピソードやセリフが多かった印象です。それが人物像を深めるというよりは、俗っぽさだけが際立っている気がして、好きになれませんでした。いずれにせよ、ストーリーやキャラクターの魅せ方としてはドラマの方の圧勝かなと思っています。

誉田哲也さんの本は何年か前に『武士道シックスティーン』を読んで以来。こちらも実写化されたりと人気ですよね。それなりに面白かった記憶はあるのですが、続編が出ても何故か読む気にはならず…この姫川シリーズもいまいち好きになりきれないというか。誉田さんの文章とはどうも相性がよくないみたいです。。
とはいえキャラクターに愛着も湧いてはいるので、もう少し追いかけてみようと思います。

スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:は行] | 2012.03.17(Sat) PageTop

『ローレンス・ブロック傑作集〈1〉おかしなことを聞くね』ローレンス・ブロック

ブラックだけどユーモアもたっぷり。

ローレンス・ブロック傑作集〈1〉おかしなことを聞くね (ハヤカワ・ミステリ文庫)ローレンス・ブロック傑作集〈1〉おかしなことを聞くね (ハヤカワ・ミステリ文庫)
(1992/12)
ローレンス ブロック

商品詳細を見る


娯楽小説の名手ローレンス・ブロックの短篇集です。以前にご紹介した〈泥棒バーニイシリーズ〉の短編が収められていると聞いて、読んでみました。
全部で18編、掌編と言えるような短いものもあり、ちょっとした空き時間に読むのに丁度よかったです。
ミステリというにはやや中途半端なのですが、話がおもしろいのでサクサク読めます。ストーリーテラーとして評価が高いのも頷けますね。ほとんどが殺人事件絡みですし、ブラックテイストなものも多いので、人によって好き嫌いは分かれそうですが…。
私は「あいつが死んだら」「おかしなことを聞くね」あたりが面白いと思いました。

バーニイが登場するのは「夜の泥棒のように」です。
主人公はバーニイではなく、ゲスト出演(?)だったのですが、お馴染みのスマートな動作やユーモアに富んだ会話センスににんまりしてしまいました。女性に弱いのも相変わらず。器用なくせに肝心なところでポカをやるバーニイは本当に愛すべきキャラクターです。
その他にもブロック作品で最も有名な〈マット・スカダーシリーズ〉にあたる一編が収録されていました。こちらのシリーズは未読なので、スカダーの人物像がうまく掴みきれなかったのは残念。暗いだろうなぁと思ったらやっぱり暗かったってくらい(^^;

バーニイシリーズの短編は他にもいくつかあるそうなので、追いかけていきたいと思います。


Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:海外] | 2011.07.19(Tue) PageTop

『儚い羊たちの祝宴』米澤穂信

読書クラブ「バベルの会」に集う良家の子女達。その周りで起きた事件の顛末。

儚い羊たちの祝宴儚い羊たちの祝宴
(2008/11)
米澤 穂信

商品詳細を見る


書き下ろし1篇を含む5篇を収録した短編集です。それぞれの話は独立していますが、いずれも名家にまつわる事件だということ、そして「バベルの会」の名前が出てくるという共通点があります。気になる英語タイトルは”The Babel Club Chronicle”。
ラスト一行の衝撃にこだわったという宣伝文句にも納得でした。

昭和初期と思われる古めかしい時代背景に、立派な屋敷やそこに住む一族、使用人達。暗く湿っぽく、あやしい感じがとてもいいです。言い方を変えれば似たような雰囲気の話ばかりなのですが、展開や動機が独特なので退屈しません。
米澤さんの本には、変わった名前と繊細な心を持つ少年少女達がよく出てくるのですが、あまりにも作り物めいていて「こんな喋り方する子いないよ…」なんて思ってしまうこともありました。でもこの本では、これくらいやりすぎ感のある方が雰囲気があってよかったと思います。

「身内に不幸がありまして」
なんか読んだことある気がするなと思ったら、お嬢様と世話係の女の子という設定が「玉野五十鈴の誉れ」と似ているんですね(主従関係は真逆だけど)。「バベルの会」が共通キーワードだというのも、ここで気がつきました。
とにかくタイトルが素晴らしいです。思わず溜息が出てしまうほど。

「北の館の罪人」
誰が善人で誰が悪人なのか、探り探り読みました。いくつか消化不良な部分があったような気もするのですが、たぶん真相とは関係ないのでよしとします。
最後のセリフ、ぞくぞくしました。

「山荘秘聞」
真相というかトリックは、かなり雑な感じなのですが(笑)やはり最後の一文に尽きますね。壮大なブラックジョーク。
以前に仕えていたという前降家の話も読んでみたくなりました。

「玉野五十鈴の誉れ」
これは以前『Story Seller』で読んでいたのですが、なぜか肝心のオチだけ忘れていて、まんまとドキッとしてしまいました。どこまで深読みするかはご自由にということなのだろうけど、怖いなぁ。
主人公の身に降りかかる出来事だけでも、なかなかの読みごたえがあります。

「儚い羊たちの晩餐」
これまでの4篇に依存関係はなかったのですが、総括にあたるこの話には、他の話に出てきた名前も登場します。
連綿と続く名家ではなく、成り上がりの一家が舞台というのもあって、他とは趣きが違いました。ホラーテイストな一篇です。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:や行] | 2010.11.29(Mon) PageTop

『あるキング』伊坂幸太郎

野球界の王となるべくして生まれてきた、一人の男の物語。

あるキングあるキング
(2009/08/26)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


最弱プロ野球チーム「仙醍キングス」の熱狂的なファンである両親に育てられた、王求(おうく)。王求が野球をはじめるのも、すぐに才能が開花するのも、両親からすれば当然のことなのでした。なぜならプロ野球選手として仙醍キングスに入団し、雪辱を果たすのが彼の宿命だから。
王求が生まれた日の出来事から始まり、章を追うごとに1~3才ずつ成長していく、伝記風フィクションといったところです。

両親のあまりの執着ぶりがジワジワと怖くなっていく前半はわりとおもしろく読めたのですが、後半は失速してしまいました。
何かありそうな登場人物が何人も出てくるのに、いまいち活かしきれていない気がするのですよね。「彼は後々大きく関わってくる」云々と書かれてあるのが原因かもしれませんが。伊坂作品の大きな魅力の一つは、ふとしたところに伏線が張られてあって、それらを鮮やかに回収する手腕にある、と思っているので、今回それがなかったのが残念でした。
また、王(あるいは天才)であることの苦悩を描こうとしているように見えて、実際はあまり伝わってこなかったのも残念。それは王求の思考がほとんど明かされないせいなのですが、あくまでも”自伝”ではなく”伝記”だから仕方ないということなのかもしれません。

個人的な反省点としては、事前に『マクベス』を読んでおくべきだった!ということ。シェイクスピアは好きなんですが、悲劇は好きでないので『マクベス』は未読なのです…。
王求=マクベス、両親=マクベス夫人、というくらいしかわからなくて、読んでいればもっと楽しめたんだろうなぁと。

それにしても、伊坂さんの本を読んだのは(アンソロジーを除けば)かなり久しぶりです。
好きな作家を聞かれれば1番か2番には名前を挙げていたくらいだったのですが、『モダンタイムス』がどうもダメで、さらには作風が変わったらしいとの噂も聞こえてきて、最近はすっかり足が遠のいてしまっていたのでした。ただファン根性で新刊が出たら買ってはいたので、完全に積読状態(^^;
これはいかんと一念発起して、やっと読み始めました。本当は『オー!ファーザー』か『バイバイ、ブラックバード』を読みたかったのですが、とりあえず刊行順に。次は孫悟空か…なるべく早く読もう。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:あ行] | 2010.11.25(Thu) PageTop

『ZOO』乙一

読んだ瞬間に世界を作ってしまう吸引力にあらためて感服。

ZOO 1 (集英社文庫)ZOO 1 (集英社文庫)
(2006/05/19)
乙一

商品詳細を見る
ZOO 2 (集英社文庫)ZOO 2 (集英社文庫)
(2006/05/19)
乙一

商品詳細を見る


再読です。久しぶりに乙一の本読みたいなぁと、2ヶ月くらいかけてちまちま読み返しました。
特殊な設定の話が多いだけに触りは覚えていても、結末がどうだったか忘れていたものがほとんどで、けっこう楽しめました。
白乙一か黒乙一かで言ったら明らかに黒寄りなんだけど、せつなさだったり感動だったりの要素を多分に含んでいるのが、黒の代表『GOTH』との違いかと。

カザリとヨーコ
うーん、黒い(笑)カザリもそうだけど、飴と鞭で主人公を翻弄する作者がもう。
めちゃくちゃ不幸なのに妙に前向きなヨーコがおもしろいです。

SEVEN ROOMS
これが一番印象に残っていて読みたかった話。好きです。
乙一版『CUBE』という感じで、グロいシーンもあるけど、全体的にせつなさが漂っているのがいい。

SO-far そ・ふぁー
完成度はそれほど高くはないのだけど、最後のオチをまったく覚えていなかったので、純粋におもしろかった。

陽だまりの詩
いい話です。これが一番好きっていう人は多そうですね。

ZOO
病んでる主人公の行動から目が離せません。

血液を探せ!
ブラックコメディなんですが、あんまりおもしろくないです…。

冷たい森の白い家
めちゃくちゃグロテスク。なのに幻想的で、綺麗なものを見ているような気分にもなるし、こういうのを書けるのはさすが乙一というかんじ。

Closet
うーん、オチがあんまり…。

神の言葉
映像化に向いてそうな話ですよね。映画『ZOO』にこれも入れてよかったのでは。

落ちる飛行機の中で
コメディ系は相性悪いみたいで、あんまりおもしろく感じないんですよね…。

むかし夕日の公園で
文庫版だけのボーナストラック。最後の一言が秀逸!


つい先日、世にも奇妙な物語が人気作家とコラボレーションしていて、乙一作品こそそういうの向いてるのになぁと思いながら見てました。安達寛高名義でもなんでもいいので、オリジナルの短編ドラマやってほしいです。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:あ行] | 2010.10.15(Fri) PageTop


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。