[Tag] 友情

old ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

『ホリデー・イン』坂木司

これを読んだら前の2冊も読み返したくなりました。

ホリデー・インホリデー・イン
(2014/05/27)
坂木 司

商品詳細を見る

それぞれの夜。それぞれの朝。人気『ホリデー』シリーズから初のスピンアウト短編集。扉を開けて、彼らは出会った―。
(「BOOK」データベースより)


ホリデーシリーズ既刊の感想はこちら。
『ワーキング・ホリデー』
『ウィンター・ホリデー』

最初の4編(ジャスミン、大東、雪夜、ナナ)は、彼らのちょっと意外な一面が見れて、キャラクターの深みが増した気がします。
ナナの話は、話し口調なのがちょっと苦手でしたが…。
その後どうなったか気になるような終わり方はわざとなのかな。

進のと最後のジャスミンの話は、シリーズ本編の裏話になっていて、このシリーズのファンには嬉しい!
ただ、大和の写真を見つけてから店に会いに来るまでの流れが『ワーキング・ホリデー』に書かれているのと全然違うんです。

写真は母子手帳の「お父さん」のページに挟んであった
→ ケースの中に封筒があった

お母さんは最初は誤魔化していて、祖父母に問い詰めた
→ わりとすぐに認めた?

大和の実家に電話したのは進
→ 由希子が電話した

いくらなんでも矛盾しすぎですよね?
雑誌掲載の時も気になっていて、単行本化で修正が入るかと思ったらそのままでした。
誰も気付かなかったとは思えないのだけど、なんでだろう…。

映画は観ていません。吉本だしEXILEだしでなんだか観る気がしなくて。
でも評判はわりとよさそうなんですよね。
原作とは別物として(なんといってもジャスミン役がゴリですから)観てみるのもいいかもしれないなぁとあとがきを読んで思いました。

スポンサーサイト
Trackback [1] | Comment [1] | Category [作家別:さ行] | 2014.10.26(Sun) PageTop

『ハリー・クバート事件』ジョエル・ディケール

読み出したら止まらないと聞き、たっぷり時間をとって読みました。

ハリー・クバート事件 上ハリー・クバート事件 上
(2014/07/30)
ジョエル・ディケール

商品詳細を見る
ハリー・クバート事件 下ハリー・クバート事件 下
(2014/07/30)
ジョエル・ディケール

商品詳細を見る

デビュー作が大ヒットして一躍ベストセラー作家となった新人マーカスは第2作の執筆に行き詰まっていた。そんなとき、頼りにしていた大学の恩師で国民的作家のハリー・クバートが、少女殺害事件の容疑者となる。33年前の失踪した美少女ノラの白骨死体が彼の家の庭から発見されたのだ!マーカスは、師の無実を証明すべく事件について調べはじめる。全欧州で200万部のメガセラーとなった若きスイス人作家ディケールの傑作ミステリ。
(「BOOK」データベースより)


とにかく評判が良くって、これはがっかりする覚悟をしておいたほうがいいなと思ったくらい(笑)
そして実際読んでみてどうだったかというと。
面白かった!!

ミステリなので詳しい感想を書けないのが残念です。
話が二転三転するなんていうのはよくあるけれど、ここまでやるかっていう。作者はもう変態じゃないかと(笑)
読めば読むほど謎が増えていくので、本当にちゃんと終わるのかと不安になりますが、大丈夫です。
読者を驚かすためだけの無理矢理な展開というわけでもなく、意外と丁寧に伏線が張られていたり。
ちなみに章番号がカウントダウンになっているので、メメント方式か?と疑ったけど違った…。

単に事件の真相を解きほぐすだけでなく、師弟間の友情だったり、田舎町の人間関係だったり、作家という職業についてだったり、いろんな要素がつめ込まれています。
それらが事件に関係することもあれば、ないこともある。ごった煮状態のわりにそこまで混乱しないのは、一人一人のキャラが立っているからでしょうか。
どうでもいいような文章がだらだらと続いたりと欠点もあるのですが、不思議と飽きさせないのですよね。
どうでもいい最たるものといえば、マーカス母との会話。笑えるけどとにかくうざい!(笑)

ハリーとマーカスの友情がすごくいいです。深みにはまったマーカスにハリーがかける言葉も、ハリーを必死で救おうとするマーカスの姿も。
そしてハリー以外に友達がいないと言い切っていたマーカスだけど、ガロウッドとは日を増すごとにいいコンビになってきて、最後はほっこりしてしまいました。序盤の仲悪い頃のやり取りも大好き。

読んでいる最中から、映像化に向いていそうだなと思っていましたが、やはり映画化しそうな感じですね。
映画化権はワーナーが取得している模様。ロン・ハワード監督ね…なるほど。
私はクリント・イーストウッド監督はどうかなと思いながら読んでいたんですが。

四六判で上下巻なのでそこそこボリュームがありますが、是非2冊そろえてから一息でどうぞ。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:海外] | 2014.10.23(Thu) PageTop

『まほろ駅前狂騒曲』三浦しをん

まほろ駅前シリーズ第3弾。映画、ドラマときて、また映画になりそうな予感。

まほろ駅前狂騒曲まほろ駅前狂騒曲
(2013/10/30)
三浦 しをん

商品詳細を見る

いつもの奴らがなぜか集結―?まほろ駅前は大騒ぎさ!四歳の女の子「はる」を預かることになった多田と行天。その後なんとバスジャック(?)に巻き込まれることに―。
(「BOOK」データベースより)


前作から引っ張っていた多田の恋はひとまず決着。 そしてシリーズ中ずっと根底にあった行天のトラウマにもようやくきちんと向き合うことに。
再会してから少しずつ前を向き始めていた二人が、ついに一歩踏み出したわけで、ずっと見守っていた立場からすると感慨深いものがあります。
一作目からの”幸福は再生する”というメッセージをあらためて感じさせてくれるお話でした。

シリアスパート以外は、まさに狂騒曲といったドタバタ具合で(そのあたりが映画化を意識しているように見える)、これまでの登場人物はおそらく全員出てきたんじゃないかな。
帯にバスジャック云々とあり、このシリーズっぽくない派手な展開になったら嫌だなぁ…と心配していたのですが、思ったよりは楽しめました。犯人グループがあれですしね(笑)
これまで連作短編の形を取っていたのが今回は違ったからか、いつもより挿絵が多かったような。…正直いらなかったです。特にはるちゃん。全然かわいくなくてむしろ怖かったよ…。

なんだかこれでシリーズ完結となりそうな雰囲気ですが、また後日譚なり番外編なり書いてくれると嬉しいですね。

最後にドラマの話(放映時にレビューしそこねたので)。
映画はそれほどでもなかったのですが、ドラマ(まほろ駅前番外地)はかなり好きでした。
実写化が決まった当初こそ瑛太くんが多田って若すぎるんじゃ…なんて思っていたけど、ドラマですっかり愛着がわき、今となっては他の俳優さんでは考えられないです。松田龍平くんの行天は言うに及ばず。
ドラマ版の多田は、原作よりもだらしなくてちょっと不真面目なんですよね。だから今回久々に原作を読んで、優等生的な多田が新鮮でした。星”くん”なんて絶対言いませんから。
行天も原作の方が比較的まともに話をするイメージですね。エキセントリックな言動はどっちもどっちだけど(笑)
回によってはオリジナルストーリーもあり、原作とは違った楽しみ方ができるので、まだの方はぜひ見てみてください。おすすめですよ〜!

Trackback [1] | Comment [0] | Category [作家別:ま行] | 2013.12.18(Wed) PageTop

『快盗ビショップの娘』アリー・カーター

おそらくシリーズ化されるはずなので、今後に期待!

快盗ビショップの娘快盗ビショップの娘
(2010/04)
アリー カーター

商品詳細を見る


カットは泥棒の一族に生まれた女の子。普通の高校生らしい生活がしたくて家業から足を洗ったものの、せっかく入った学校では訳の分からないトラブルに巻き込まれ、さらには最愛のパパが大変な目に遭っていると知り、仕方なく元の世界へ。
かつての仲間たちを率い、大人顔負けのテクニックでパパ救出作戦を計画・実行していきます。

YA小説らしくサクサク話が進んでいきます。つまり細かいところはかなり適当。色々と気にはなるものの、そこはキャラクターの魅力と展開の早さでなんとかカバー。
一族ではないけど昔馴染みらしいヘールとカットとの会話は洒落がきいていて楽しいです。付き合いは長いのに未だにミドルネームを知らない、なんて遊び心のある設定も。
カットと真逆の見た目&性格で反りが合わない従姉妹もかなりお気に入りのキャラでした。セクシー美女で一見ビッチと思わせておいて、腕は立つし意外とイイヤツなんです。
他にも天才的な頭脳を持つ従兄弟や、謎のイケメン、賑やかし担当(笑)の兄弟など、若者チームはバラエティ豊か。
その一方で、パパの影が薄いというか、みんなが尊敬するほどの凄さがあまり伝わってこなかったのが残念。一族を仕切るおじさんもなんだか口ばっかりで、「あとは俺にまかせろ」なんて言っておいて結局何もしてなかったような…。

一応解決はしたけど謎は残ったまま、という終わり方だったので、続編はあるのでしょう。でもどちらかというと、続きよりも過去の話が読みたいです。パパとどんな仕事をしてきたのかとか、ヘールとの出会いとか。
映画化も決定しているみたいです。監督はドリュー・バリモアということで、こちらも期待できそう。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:海外] | 2011.12.18(Sun) PageTop

『青空の卵』坂木司

思いやりと自己満足の境界線って難しい。

青空の卵 (創元推理文庫)青空の卵 (創元推理文庫)
(2006/02/23)
坂木 司

商品詳細を見る


ひきこもり探偵シリーズ三部作の一作目。坂木司さんの代表作ということで読んでみました。ペンネームもこの主人公からとったのですよね。
困っている人を放っておけない性質の坂木と、頭脳明晰で毒舌そして繊細な心を持っている鳥井。彼らが様々な人たちと出会い、少しずつ前進していくお話です。
ジャンルは一応、日常の謎系のミステリなんですが、青春もの(友情もの)と捉えた方がよさそうです。無理のある推理が多いし、謎自体もそれほど興味を惹かれるものではないと思うので。

主人公二人のシーンがどうにも苦手でした。こういうのが好きな人は多いと思うし、あくまで私個人の好みの問題ですけども。
大人になってもいまだに依存し合ってしまっている二人の際どさ、みたいなのを表現したいのだろうと思うのですが、ここまでモラトリアム全開でこられるとなぁ。こんな友情ありえない、とまでは言えないけど、やっぱり相当おかしいですよね。
もちろんわざとそう書いているわけで、塚田と安藤をああいう風に書いたことで予防線は張っていることだし、へんに勘ぐる方が野暮なんだとわかってはいるんですけど。
それでふと思い出したのが『BANANA FISH』。私、あの二人も苦手だったんですよ…。特に英二が。

いきなり批判から入ってしまいましたが、登場人物のキャラクターは悪くないです。
なにより栄三郎さん。彼のおかげで一気に楽しくなりました。滝本&小宮の警官コンビも好きです。鳥井の口の悪さもけっこう好き。坂木がただのお人好しではなく、意外と利己的な一面を見せたりするのも人間くさくていいと思いました。

大人になりきれない葛藤とか、人との繋がりを持つことで得るもの・失うものとか、それこそどういう友情が正しい形なのかとか。答えの出ない問題だとしても、それについて考えることで気づかされることは多いはず。
坂木と鳥井が最終的にどんな関係に落ち着くのか、気になるところです。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:さ行] | 2011.07.14(Thu) PageTop


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。