[Tag] 恋愛

old ≫

『ハリー・クバート事件』ジョエル・ディケール

読み出したら止まらないと聞き、たっぷり時間をとって読みました。

ハリー・クバート事件 上ハリー・クバート事件 上
(2014/07/30)
ジョエル・ディケール

商品詳細を見る
ハリー・クバート事件 下ハリー・クバート事件 下
(2014/07/30)
ジョエル・ディケール

商品詳細を見る

デビュー作が大ヒットして一躍ベストセラー作家となった新人マーカスは第2作の執筆に行き詰まっていた。そんなとき、頼りにしていた大学の恩師で国民的作家のハリー・クバートが、少女殺害事件の容疑者となる。33年前の失踪した美少女ノラの白骨死体が彼の家の庭から発見されたのだ!マーカスは、師の無実を証明すべく事件について調べはじめる。全欧州で200万部のメガセラーとなった若きスイス人作家ディケールの傑作ミステリ。
(「BOOK」データベースより)


とにかく評判が良くって、これはがっかりする覚悟をしておいたほうがいいなと思ったくらい(笑)
そして実際読んでみてどうだったかというと。
面白かった!!

ミステリなので詳しい感想を書けないのが残念です。
話が二転三転するなんていうのはよくあるけれど、ここまでやるかっていう。作者はもう変態じゃないかと(笑)
読めば読むほど謎が増えていくので、本当にちゃんと終わるのかと不安になりますが、大丈夫です。
読者を驚かすためだけの無理矢理な展開というわけでもなく、意外と丁寧に伏線が張られていたり。
ちなみに章番号がカウントダウンになっているので、メメント方式か?と疑ったけど違った…。

単に事件の真相を解きほぐすだけでなく、師弟間の友情だったり、田舎町の人間関係だったり、作家という職業についてだったり、いろんな要素がつめ込まれています。
それらが事件に関係することもあれば、ないこともある。ごった煮状態のわりにそこまで混乱しないのは、一人一人のキャラが立っているからでしょうか。
どうでもいいような文章がだらだらと続いたりと欠点もあるのですが、不思議と飽きさせないのですよね。
どうでもいい最たるものといえば、マーカス母との会話。笑えるけどとにかくうざい!(笑)

ハリーとマーカスの友情がすごくいいです。深みにはまったマーカスにハリーがかける言葉も、ハリーを必死で救おうとするマーカスの姿も。
そしてハリー以外に友達がいないと言い切っていたマーカスだけど、ガロウッドとは日を増すごとにいいコンビになってきて、最後はほっこりしてしまいました。序盤の仲悪い頃のやり取りも大好き。

読んでいる最中から、映像化に向いていそうだなと思っていましたが、やはり映画化しそうな感じですね。
映画化権はワーナーが取得している模様。ロン・ハワード監督ね…なるほど。
私はクリント・イーストウッド監督はどうかなと思いながら読んでいたんですが。

四六判で上下巻なのでそこそこボリュームがありますが、是非2冊そろえてから一息でどうぞ。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:海外] | 2014.10.23(Thu) PageTop

『超能力カウンセラー アビー・クーパーの事件簿』ヴィクトリア・ローリー

期待しないで読んだら、意外なほど面白かったです。

超能力カウンセラー アビー・クーパーの事件簿超能力カウンセラー アビー・クーパーの事件簿
(2006/11/28)
ヴィクトリア・ローリー

商品詳細を見る

予知能力を使ってカウンセラーをしているアビーは31歳おひとり様。白馬の王子様を待ち望んでいるのに、彼女が超能力者だということを知ると男は逃げていってしまう。やっとお見合いサイトで見つけたイイ男、しかし彼は実は刑事さん。せっかく超能力で犯罪の手がかりを教えてあげたのに、「犯人しか知らない情報を知ってるなんて」と私を犯人扱い、あぁ、もう、男って、警察ってどうしていつもこうなの!恋するサイキックのドタバタ事件簿。
(「BOOK」データベースより)


プロのサイキック(超能力者)が主人公で、この安っぽい装丁と表紙。いかにもイロモノ・B級小説という感じなのですが、なかなかの拾い物でした。

連続殺人事件に巻き込まれていくサスペンスと、同じ事件を追う刑事との恋の駆け引きが両方一度に楽しめるストーリーで、そのどちらにも主人公アビーの特殊能力が遺憾なく発揮されています。
超能力を使うなんてチートもいいところですが、すぐに犯人がわかってしまうほど完璧でもなく、また現実主義で証拠がないと動けない警察との兼ね合いから、なかなか真相に辿りつけません。
そのあたりの葛藤を通して、サイキックならではの悩みなんかも伝わってきます。

翻訳も悪くなく、テンポよく読めますし、なによりアビーの言葉の使い方が面白くて。(全編通して彼女の一人称なのです。)
事件の担当刑事であるダッチとの軽口の応酬も楽しい。男女ペアで事件を解決していくような海外TVシリーズが好きな方なら、きっと気に入るはずです。
ダッチが、これまた魅力的なんですよ。海外作品に出てくるヒーローっていまひとつピンとこないことが多いのですが、彼はすごく好みです。あまりにも完璧すぎてロマンス小説くさいのがちょっとあれなんですけども。
他にも個性的なキャラクターが何人も出てきます。その中で特に面白いのが、アビーの姉キャット。彼女の24時間がどんななのか知りたい(笑)

私は霊能とか占いとかスピリチュアルなものに一切興味がなくて、一時期流行ったテレビ番組なんかも見たことがないです。でもフィクションなら案外楽しめるものだなーと思っていたら、訳者あとがきを読んでびっくり。アビーのモデルは作者のヴィクトリア・ローリー自身で、プロのサイキックなんだそうです。

本国では今度12作目が発売されるほどの人気シリーズのようですが、日本では出版の目処が立たなかったのか、これ一冊きり。
見覚えのないレーベルだなと思ったら、マンガ専門の出版社が翻訳小説部門に参入したということらしいです。それでこの表紙なわけね、と納得。小林ユミヲさんが悪いというわけではないけれど、これは売れないだろうな。。。
今もこのレーベルが存在しているのかすら怪しいですし、もう日本で続きが出ることはないでしょうね。シリーズものに手を出すなら、きちんと最後まで責任持ってほしいですよ、ほんとに(怒)
他の出版社が版権を買い直して最新作まで出版してくれると嬉しいんですけども。


Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:海外] | 2014.01.19(Sun) PageTop

『黒猫の接吻あるいは最終講義』森晶麿

黒猫と付き人の進展具合をじれったく見守るシリーズ第2弾。

黒猫の接吻あるいは最終講義黒猫の接吻あるいは最終講義
(2012/05/24)
森 晶麿

商品詳細を見る

黒猫と付き人がバレエ『ジゼル』を鑑賞中、ダンサーが倒れるハプニングが発生した。五年前にも同じ舞台、同じ演目で、バレリーナが死亡する悲劇が起きていた。ガラスアーティストの塔馬から聞いた黒猫の過去と、二つの事件の関連を気にする付き人。しかし何やら隠し事をしているらしい黒猫は、関わらないよう忠告するだけだった。仕方なく付き人は一人で事件に挑むが…ジゼル、ガラスアート、ポオを絡め、二度の事件を結ぶ図式が見えたとき、黒猫の最終講義が始まる―。
(「BOOK」データベースより)


『黒猫の遊歩あるいは美学講義』の続編にあたります。
事件を美学的目線で考察していくのは前作と同じ。ただ今回はポオの影は薄めでした。その代わり、バレエの演目『ジゼル』を主軸にして物語が展開していきます。
ちなみに主人公2人の名前はやはり明かされないまま。感想書きにくいからなんとかしてほしいな(苦笑)

前作よりも読みやすく分かりやすいと感じたのは、長編だからでしょうか。バレエについて全く知らなくても大丈夫でした。
相変わらずご都合主義な部分も多かったですが、場面の美しさを優先していると思えば、まぁ許せるかな。黒猫の浮世離れした人物像からして、いかにもフィクションですからね。気にしたら負けでしょう。
ミステリとしての面白さはあまりないので、そういうものを求めて読むとがっかりすると思います。かといって恋愛モノとしてどうかといわれると…おすすめできるかちょっと悩んでしまいます(笑) もどかしい二人を見ているのが好きな人ならアリかな。

なんだかんだいっても続きは気になるので、わりと気に入っているのかもしれません。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:ま行] | 2013.04.01(Mon) PageTop

『黒猫の遊歩あるいは美学講義』森晶麿

美学とポオ作品を足掛けにめくるめく推理が展開される、不思議な味わいのミステリシリーズ第1弾。

黒猫の遊歩あるいは美学講義黒猫の遊歩あるいは美学講義
(2011/10/21)
森 晶麿

商品詳細を見る

でたらめな地図に隠された意味、しゃべる壁に隔てられた青年、川に振りかけられた香水、現れた住職と失踪した研究者、頭蓋骨を探す映画監督、楽器なしで奏でられる音楽。日常のなかにふと顔をのぞかせる、幻想と現実が交差する瞬間。美学・芸術学を専門とする若き大学教授、通称「黒猫」は、美学理論の講義を通して、その謎を解き明かしてゆく。第1回アガサ・クリスティー賞受賞作。
(「BOOK」データベースより)


大学の博士課程1年目、エドガー・アラン・ポオを研究している「私」が主人公。学部時代の同級生であり、異例の若さで教授になった「黒猫」とともに、様々な事件に遭遇する…。
普通のミステリなら「事件をどう推理してどう解決するのか」が肝となるのでしょうが、この作品においては「美学的観点から見てどう分析されうるか」が全てだったりします。もちろん最後に真相は明かされますが、それまでに展開される会話(主に黒猫による講釈)の前には、それはただのおまけのようにも思えるのです。

実に2ヶ月ぶりの読書です。図書館で見かけて直感で選んだ本なのですが、これがなかなかの難物でした。
理系の研究ならまだしも、文学作品や芸術を”研究する”ということ自体あまり具体的なイメージを描けないうえ、美学の知識なんてゼロなので、出てくる理論も何が何やらさっぱり。それでもなんとか振り落とされないようについていくと、なんとなく言わんとしていることが見えてくるような…。
脳をフル回転させないといけないので、とても疲れます(笑) でもたまにはこういう読書も必要だなと感じました。わかりやすいものばかり読んでいては駄目ですよね。

連作短編の形で1話ごとに異なるポオの作品を取り上げています。
事件、美学、ポオ作品、と全く無関係のように見えた要素の関連性が次第に明らかになっていく様は、なんだか狐につままれているようです。実際こじつけめいた論拠も多いような気がするのですが、流れるように進む黒猫の講釈に、主人公同様ただただ聞き入ってしまいました。
各話の軸となるポオの作品は、事前に読んでおいた方がいいと思います。一応あらすじは載っているので話の展開についていくには困らないですが、元作品を読んでいると楽しめる仕掛けがあったり(第一話の冒頭なんてまさに)、残念ながらけっこうなネタバレがあったりしますので。
私も今回あわせて『モルグ街の殺人事件』『黒猫』『盗まれた手紙』『黄金虫』を読みました。少なくとも『モルグ街〜』は昔読んだはずなのですが、全く覚えていなかったので…。どれもそれほど長くないですし、今や無料でダウンロード出来たりするので、ぜひ予習されることをおすすめします。

デビュー作(しかも公募作品)としては抜群に文章が読みやすく洗練されていますが、ミステリを期待して読むといまひとつ。
第一話はなんだか腑に落ちないし、第三話はあまりにも都合よく偶然が重なりすぎ。どの話も事件の関係者がことごとく黒猫の知り合いなのにはちょっと白けてしまいます。
出てくる地名も、実際にあるものと架空のものを織り交ぜるのはともかく、それが漢字だったりアルファベットだったりするのはちょっと気持ち悪かったです。もしかしてそこに何か意味があるのでしょうか。
この世界観に浸れるかどうかが評価の分かれるところかもしれません。自分のことを「黒猫」呼ばわりしちゃう男って…とか考えちゃダメなんですね(笑)
微妙なミステリ要素と難解な理論だけだと途中で投げ出していたかもしれませんが、惹きこまれる文章であることは確かですし、息抜きとなる主人公と黒猫のやり取りがなかなか面白いので、この手のものはあまり得意でない私でも、なんとか大丈夫でした。

続編が2冊出ていました。そちらの感想も近いうちに。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:ま行] | 2013.03.22(Fri) PageTop

『魔法無用のマジカルミッション』シャンナ・スウェンドソン

ついに始まりました!(株)魔法製作所シリーズ、待望の続編です!

魔法無用のマジカルミッション (㈱魔法製作所) (創元推理文庫)魔法無用のマジカルミッション (㈱魔法製作所) (創元推理文庫)
(2012/09/11)
シャンナ・スウェンドソン

商品詳細を見る

ケイティは退屈していた。競争相手のいない市場でのマーケティングなどサルでもできる。そんなとき、古写本の解読にいそしんでいたオーウェンが、とんでもないことに気づいた。権力への渇望を生み出し、他者を支配する力を与える危険な石“月の目”が、ティファニーに現れたというのだ。早速ふたりは追跡を開始する。日本オリジナル書き下ろし。大人気シリーズセカンドシーズン。
(「BOOK」データベースより)


前作で大団円を迎え、やっぱりこのシリーズ面白いよ!でもここまでスッキリ終わったら続編は無理だろうな…なんて半ば諦めていました。ところが、先々月だったかかな、続編が出ると知って…しかもただの続編じゃなくセカンドシーズン開幕とのこと。本当に本当に嬉しかったです。
またも日本オリジナル書き下ろしのようです(本国ではやはり出版の目処が立たず、電子書籍でなんとか販売する予定らしい…)。もうね、東京創元社様様ですよ。文庫本で千円以上するからって文句は言いません!(笑)

魔法界を命がけで救った対決から3ヶ月。ケイティにとっては入社以来はじめての平穏な日々だというのに、これまで特殊任務ばかり請け負っていたせいか、本来の仕事が退屈で退屈でしかたない様子。
そのぶんオーウェンとゆっくり過ごしているかと思えば、オタクな彼は宣言通り研究に没頭してしまっています。
そんなとき、たまたま異変に気付いたことから、強烈な魔力を持つ石”月の目”と関わることに。そこからは敵味方入り乱れての争奪戦。平穏から一気に修羅場へ…。

持ち主を探して走り、敵から逃げるために走り…マンハッタンじゅうをぐるぐる駆けまわる様子は、巻頭についている地図(読み終わってから気付いた…)で確認できます。
とにかく月の目の威力がすごいので、味方でさえいつ誘惑に負けて襲ってくるかわかりません。手に入れたとしても、石を無効化する方法が見つかるまでは、ひたすら逃げ続けるしかないという。う〜ん、これは肉体的にも精神的にもかなりキツイ。

そしてそんな非現実的な状況の陰で描かれるのは、ケイティのごくごく現実的な悩み。”できる仕事とやりたい仕事は違う”と気付いたり、”自分の能力が活かせる仕事って何だろう"と考え込んだり。就職してようやく仕事にも慣れてひと息ついた頃に、誰もが通る道ですよね。
そのあたりのモヤモヤをどう解消していくのか、というのも気になるところ。

今作は、言ってしまえば追いつ追われつしているだけの話なので、そのあたりが退屈といえば退屈かも。
でも大丈夫!懐かしい人から初登場の人まで、濃ゆ〜いキャラが勢揃いしてますから。かなり楽しいことになってます。

一つだけネタバレしちゃうと、なんとケイティのおばあちゃん(グラニー)が再登場しています。
毒舌ですぐに手が出る彼女は、NYでも最強(笑) ロッドとのコンビがなんだかいい感じです。オーウェンは意外とうまくあしらっていて驚き。

ケイティの自虐的(?)ユーモアもあいかわらず面白いです。
敵のファッションセンスと自分のそれが大差ないのに気づいてへこみつつも、もし潜入捜査することになったら役に立つわ、なんて自分を慰めてるのが笑えます。
けっこう危ない状況なのに、やたらとジョークを飛ばすんですよ。でもこれ余裕があるわけじゃなくて、現実から目を背けたいだけなんだろうなぁ。

一番笑ったのは、エルフ達の登場シーン。これ映像で見たいわ〜(笑)
ファンタジーに疎いので、実のところエルフと地の精(ノーム)の違いもよく分かっていないのですけどね。…そろそろトールキンの指輪物語をちゃんと読むべきかしら。

ルームメイトのジェンマとマルシアは今回は出番なし。でも電話ではさらっと的確なアドバイスをしてくれていました。
私の好きなガーゴイルのサムは、おばあちゃんの次くらいに大活躍。強いし頼りになるし携帯も使えるし(笑)ほんとデキる男です(石だけど)。

訳者あとがきには今後の見所がちらっと書かれているので、もしかして原稿はもう出来ているのかな??次巻は意外と早く出るかもしれませんね!楽しみに待ちたいと思います。

余談ですが。
最近ようやくハリー・ポッターシリーズを読破したところなので、つい比較しながら読んでしまいました。
どちらにも共通しているのが「現代に魔法使いが生活している」というギャップの妙だと思うのですが、そのアプローチの仕方は真逆なのが面白いです。
片や今時の子供が羽ペンやフクロウ便を使い、片や伝説の大魔法使いがケータイやインターネットを使う。イギリスとアメリカ、お国柄の違いがあらわれているような気もしますね。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:海外] | 2012.09.27(Thu) PageTop


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com