[Tag] 感動


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

『ZOO』乙一

読んだ瞬間に世界を作ってしまう吸引力にあらためて感服。

ZOO 1 (集英社文庫)ZOO 1 (集英社文庫)
(2006/05/19)
乙一

商品詳細を見る
ZOO 2 (集英社文庫)ZOO 2 (集英社文庫)
(2006/05/19)
乙一

商品詳細を見る


再読です。久しぶりに乙一の本読みたいなぁと、2ヶ月くらいかけてちまちま読み返しました。
特殊な設定の話が多いだけに触りは覚えていても、結末がどうだったか忘れていたものがほとんどで、けっこう楽しめました。
白乙一か黒乙一かで言ったら明らかに黒寄りなんだけど、せつなさだったり感動だったりの要素を多分に含んでいるのが、黒の代表『GOTH』との違いかと。

カザリとヨーコ
うーん、黒い(笑)カザリもそうだけど、飴と鞭で主人公を翻弄する作者がもう。
めちゃくちゃ不幸なのに妙に前向きなヨーコがおもしろいです。

SEVEN ROOMS
これが一番印象に残っていて読みたかった話。好きです。
乙一版『CUBE』という感じで、グロいシーンもあるけど、全体的にせつなさが漂っているのがいい。

SO-far そ・ふぁー
完成度はそれほど高くはないのだけど、最後のオチをまったく覚えていなかったので、純粋におもしろかった。

陽だまりの詩
いい話です。これが一番好きっていう人は多そうですね。

ZOO
病んでる主人公の行動から目が離せません。

血液を探せ!
ブラックコメディなんですが、あんまりおもしろくないです…。

冷たい森の白い家
めちゃくちゃグロテスク。なのに幻想的で、綺麗なものを見ているような気分にもなるし、こういうのを書けるのはさすが乙一というかんじ。

Closet
うーん、オチがあんまり…。

神の言葉
映像化に向いてそうな話ですよね。映画『ZOO』にこれも入れてよかったのでは。

落ちる飛行機の中で
コメディ系は相性悪いみたいで、あんまりおもしろく感じないんですよね…。

むかし夕日の公園で
文庫版だけのボーナストラック。最後の一言が秀逸!


つい先日、世にも奇妙な物語が人気作家とコラボレーションしていて、乙一作品こそそういうの向いてるのになぁと思いながら見てました。安達寛高名義でもなんでもいいので、オリジナルの短編ドラマやってほしいです。

スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:あ行] | 2010.10.15(Fri) PageTop

『瞳の中の大河』沢村凛

内戦の終結に命をかけた男の半生を描いた、傑作大河小説。

瞳の中の大河瞳の中の大河
(2003/07)
沢村 凜

商品詳細を見る


この本は絶対に一気に読みたいと思って温めていたのに、結局あまり時間がとれず、1週間くらいかけて読むことに。
でもその間まったく集中力が途切れることはなく、最初のエピグラフから既にぎゅっと心を掴まれ、本を開くたびに物語の世界に引き込まれる感覚でした。
四部構成で数十年にわたる話なので、時間をかけて読んで却ってよかったかもしれません。読み終わった後は何歳か年をとった気がしたほどです(笑)
また、各部の一章が「髭」「皺」など漢字一文字で登場人物たちの様子を描写していくという一風変わった構成になっているのですが、これがいい具合に全体を引き締めていました。

あらすじはほぼ最初の一文に尽きるのですが、もう少しだけ詳しく。。
貴族が絶大な権力を持ち横暴の限りを尽くす国で、平民アマヨクが軍人として初任務に就くところから物語が始まります。悪政に苦しむ平民達は、貴族が実権を握る軍隊を当然良くは思っていません。裏では叛乱軍として革命を起こそうとしている野賊達に協力する者もいます。そんな中、アマヨクだけは軍や国を正義だと信じ、野賊を降伏させて平和を取り戻そうとするのです。

最初はただの世間知らずに見えたアマヨクですが(だってどう見ても国が正義だとは思えないもの)、読み進めるうちに彼の言わんとしているところがわかってきます。その信念を貫き通す強さには何度も感嘆しました。
ただ彼は英雄かもしれないけれど聖人君子ではないんですね。そのあたりの描き方が絶妙でした。他の登場人物も含め、どんな人間にも欠点があるということを強く意識して書かれているのだと思います。
そもそもアマヨクのような人物を主人公にもってくるというのがおもしろいです。普通だったらオーマあたりの叛乱軍側から描きそうなものですが。

登場人物たちの波瀾万丈の人生は、戦を終わらせることがいかに難しいかを物語っています。ここから『黄金の王 白銀の王』につながっていくんですね。
個人的には『黄金の王~』の方が好みでしたが、どちらもお勧めです!!

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:さ行] | 2010.03.09(Tue) PageTop

『ツォツィ』アソル・フガード

映画はアカデミー賞を受賞したことで有名な作品です。

ツォツィツォツィ
(2007/03)
アソル フガード

商品詳細を見る

アパルトヘイト時代の南アフリカが舞台。ギャングとして人の金を奪って生きるツォツィは、仲間を困らせるためなら殺しも厭わない、まともな道徳観念を持たない青年です。そんなツォツィがある日見知らぬ赤ん坊を押し付けられ、世話することになります。

ツォツィと赤ん坊との生活が物語の中心なのかと思っていましたが、この本で描かれているのはむしろ差別や格差社会に苦しむ黒人達の姿。ツォツィが過去を思い出せず、人としての感情が欠如してしまっているのも、このどん底生活が原因でした。
赤ん坊を助けようとしたことをきっかけにツォツィには同情という感情が芽生え、戸惑いながらも少しずつ変わっていきます。ミルクを飲ませるために若い母親を脅すなど、無知で不器用ではありますが、ほんの僅かでも人間らしさが残っていたことがわかり、ほっとしました。

全体的に暗い話ですが、ボストンとの別れるところは好きです。最後のツォツィの表情も。

Tag 感動
Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:海外] | 2010.02.03(Wed) PageTop

『黄金の王 白銀の王』沢村凜

架空の国を舞台にした歴史小説。読みごたえのある良作でした。

黄金の王 白銀の王黄金の王 白銀の王
(2007/10)
沢村 凜

商品詳細を見る

一応ファンタジーに属するようなので、ちょっと苦手かも?と思ったのですが、魔法やモンスターが出てくるわけでもなく、すんなり読めました。登場人物の名前の読みが難しいので、そこは苦労しましたが。

王家の血を受け継ぐ鳳穐一族と旺廈一族が何十年も争いを続けてきた翠の国。鳳穐の頭領であり現在の王である櫓は、ある決断をします。本来なら抹殺すべき旺廈の頭領・薫衣とともに。
誰からも理解されない孤独な戦いを続ける二人の意思の強さがすごいです。本当に大事なことは何か、そのために何をすればいいかを知っていて、どんなに苦しくてもそれを実践していくのです。最初に第一歩を踏み出し、最後まで私利に走ることなく薫衣との約束を守った櫓も、ただひたすらに耐え忍ぶ道を選び、それでも誇りを失わなかった薫衣も、立派な頭領でした。

人々の考えを変えていくのは難しく、綺麗ごとばかりでは済みません。大きな戦はないまでも、何人もの人が殺されます。でも、最後は希望のもてる終わり方で安心しました。読後感は爽やかです。
特に良かったのが、薫衣と稲積。この夫婦の微笑ましいエピソードで何度救われたことか。

沢村凜さんの作品は初めてでした。『瞳の中の大河』も評判がいいようなので、読んでみたいです。

Trackback [1] | Comment [6] | Category [作家別:さ行] | 2009.10.07(Wed) PageTop


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。