[Tag] 成長

old ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

『ホリデー・イン』坂木司

これを読んだら前の2冊も読み返したくなりました。

ホリデー・インホリデー・イン
(2014/05/27)
坂木 司

商品詳細を見る

それぞれの夜。それぞれの朝。人気『ホリデー』シリーズから初のスピンアウト短編集。扉を開けて、彼らは出会った―。
(「BOOK」データベースより)


ホリデーシリーズ既刊の感想はこちら。
『ワーキング・ホリデー』
『ウィンター・ホリデー』

最初の4編(ジャスミン、大東、雪夜、ナナ)は、彼らのちょっと意外な一面が見れて、キャラクターの深みが増した気がします。
ナナの話は、話し口調なのがちょっと苦手でしたが…。
その後どうなったか気になるような終わり方はわざとなのかな。

進のと最後のジャスミンの話は、シリーズ本編の裏話になっていて、このシリーズのファンには嬉しい!
ただ、大和の写真を見つけてから店に会いに来るまでの流れが『ワーキング・ホリデー』に書かれているのと全然違うんです。

写真は母子手帳の「お父さん」のページに挟んであった
→ ケースの中に封筒があった

お母さんは最初は誤魔化していて、祖父母に問い詰めた
→ わりとすぐに認めた?

大和の実家に電話したのは進
→ 由希子が電話した

いくらなんでも矛盾しすぎですよね?
雑誌掲載の時も気になっていて、単行本化で修正が入るかと思ったらそのままでした。
誰も気付かなかったとは思えないのだけど、なんでだろう…。

映画は観ていません。吉本だしEXILEだしでなんだか観る気がしなくて。
でも評判はわりとよさそうなんですよね。
原作とは別物として(なんといってもジャスミン役がゴリですから)観てみるのもいいかもしれないなぁとあとがきを読んで思いました。

スポンサーサイト
Trackback [1] | Comment [1] | Category [作家別:さ行] | 2014.10.26(Sun) PageTop

『フロム・ミー・トゥ・ユー 東京バンドワゴン(8)』小路幸也

ようやく単行本化されました。メインキャラそれぞれの出会いを切り取った短編集。

フロム・ミー・トゥ・ユー (8) (東京バンドワゴン)フロム・ミー・トゥ・ユー (8) (東京バンドワゴン)
(2013/04/26)
小路 幸也

商品詳細を見る

堀田家随一のイケメン、青の出生の秘密とは?(「紺に交われば青くなる」)、藤島社長と堀田家の初めての出会いとは?(「縁もたけなわ味なもの」)、地味な紺が、亜美を射止めたきっかけは?(「愛の花咲くこともある」)。老舗古書店「東京バンドワゴン」に舞い込む謎を、大家族の堀田家があふれる人情で解決する人気シリーズ第8弾、番外編。知られざるエピソードが満載。書き下ろし3編を含む全11編。(「BOOK」データベースより)


だいぶ長い付き合いになってきました《東京バンドワゴン》シリーズ。その8作目になります。
これまでの7作は毎年春に書き下ろしで出版されてきましたが、今作はWebや雑誌に載った短編をまとめたもの(書き下ろしも3編あり)。何本かは既に読んでいました。

語り手はサチではなく、持ち回りです。
紺、すずみ、木島、亜美、藤島、秋実、青、研人、真奈美、コウ、サチの順で、時系列はバラバラ。
初めて出会った時のエピソードが多いのと、掲載当時と最新作とでは状況が変わっていたりするので、「ん?この時は花陽はまだ小学生??」「あの人とあの人はどうなってたっけ?」など、読んでいて混乱することもしばしば。
できればもう2、3年早く出して欲しかったなー(苦笑)
本編でモヤッとしていた部分の補完にもなっていて、シリーズを読んできた人なら楽しめる内容だと思います。
青とすずみちゃんなんて、たいして付き合ってもないのにいきなり結婚したイメージだったので、これを読んでちょっと安心しました。
でも青の元カノと真奈美さんの元カレって誰なんでしたっけ。記憶にないけど既に書かれているのか、これから明かされるのか?真奈美さんはかなり酷い別れ方をしたみたいなので、相手は青ではないと思いますが。
過去のエピソードをかなり忘れてしまっているので(木島さんはかすかに覚えている程度、峰子さんなんて全く思い出せず…)、そろそろネタバレ人物相関図&エピソード表を誰か作ってくれないかしら。

ドラマ化が決定しましたね。
そもそもがホームドラマへのオマージュ作品ですから、当然といえば当然の流れでしょうね。むしろ今の原作ものブームからいえば遅いくらいかも。
今のところ、亀梨和也(=青)主演ということしか発表されていないですが、他のキャストはどうなるのか気になります。特に、モデルがバレバレな我南人と池沢さんあたり…まさかその当人がやるってことはない気がするので。
青が主役、というのはいいと思いますよ。やっぱりテレビなので、若いイケメンが中心になるのは世の習いですね。亀梨くんにも賛否両論あるようですが、わりと家庭的な人みたいなのでいいんじゃないでしょうか。
そこまで思い入れのある原作ではないから心が広いのかもしれない(笑)

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:さ行] | 2013.07.10(Wed) PageTop

『黒猫の接吻あるいは最終講義』森晶麿

黒猫と付き人の進展具合をじれったく見守るシリーズ第2弾。

黒猫の接吻あるいは最終講義黒猫の接吻あるいは最終講義
(2012/05/24)
森 晶麿

商品詳細を見る

黒猫と付き人がバレエ『ジゼル』を鑑賞中、ダンサーが倒れるハプニングが発生した。五年前にも同じ舞台、同じ演目で、バレリーナが死亡する悲劇が起きていた。ガラスアーティストの塔馬から聞いた黒猫の過去と、二つの事件の関連を気にする付き人。しかし何やら隠し事をしているらしい黒猫は、関わらないよう忠告するだけだった。仕方なく付き人は一人で事件に挑むが…ジゼル、ガラスアート、ポオを絡め、二度の事件を結ぶ図式が見えたとき、黒猫の最終講義が始まる―。
(「BOOK」データベースより)


『黒猫の遊歩あるいは美学講義』の続編にあたります。
事件を美学的目線で考察していくのは前作と同じ。ただ今回はポオの影は薄めでした。その代わり、バレエの演目『ジゼル』を主軸にして物語が展開していきます。
ちなみに主人公2人の名前はやはり明かされないまま。感想書きにくいからなんとかしてほしいな(苦笑)

前作よりも読みやすく分かりやすいと感じたのは、長編だからでしょうか。バレエについて全く知らなくても大丈夫でした。
相変わらずご都合主義な部分も多かったですが、場面の美しさを優先していると思えば、まぁ許せるかな。黒猫の浮世離れした人物像からして、いかにもフィクションですからね。気にしたら負けでしょう。
ミステリとしての面白さはあまりないので、そういうものを求めて読むとがっかりすると思います。かといって恋愛モノとしてどうかといわれると…おすすめできるかちょっと悩んでしまいます(笑) もどかしい二人を見ているのが好きな人ならアリかな。

なんだかんだいっても続きは気になるので、わりと気に入っているのかもしれません。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:ま行] | 2013.04.01(Mon) PageTop

『黒猫の遊歩あるいは美学講義』森晶麿

美学とポオ作品を足掛けにめくるめく推理が展開される、不思議な味わいのミステリシリーズ第1弾。

黒猫の遊歩あるいは美学講義黒猫の遊歩あるいは美学講義
(2011/10/21)
森 晶麿

商品詳細を見る

でたらめな地図に隠された意味、しゃべる壁に隔てられた青年、川に振りかけられた香水、現れた住職と失踪した研究者、頭蓋骨を探す映画監督、楽器なしで奏でられる音楽。日常のなかにふと顔をのぞかせる、幻想と現実が交差する瞬間。美学・芸術学を専門とする若き大学教授、通称「黒猫」は、美学理論の講義を通して、その謎を解き明かしてゆく。第1回アガサ・クリスティー賞受賞作。
(「BOOK」データベースより)


大学の博士課程1年目、エドガー・アラン・ポオを研究している「私」が主人公。学部時代の同級生であり、異例の若さで教授になった「黒猫」とともに、様々な事件に遭遇する…。
普通のミステリなら「事件をどう推理してどう解決するのか」が肝となるのでしょうが、この作品においては「美学的観点から見てどう分析されうるか」が全てだったりします。もちろん最後に真相は明かされますが、それまでに展開される会話(主に黒猫による講釈)の前には、それはただのおまけのようにも思えるのです。

実に2ヶ月ぶりの読書です。図書館で見かけて直感で選んだ本なのですが、これがなかなかの難物でした。
理系の研究ならまだしも、文学作品や芸術を”研究する”ということ自体あまり具体的なイメージを描けないうえ、美学の知識なんてゼロなので、出てくる理論も何が何やらさっぱり。それでもなんとか振り落とされないようについていくと、なんとなく言わんとしていることが見えてくるような…。
脳をフル回転させないといけないので、とても疲れます(笑) でもたまにはこういう読書も必要だなと感じました。わかりやすいものばかり読んでいては駄目ですよね。

連作短編の形で1話ごとに異なるポオの作品を取り上げています。
事件、美学、ポオ作品、と全く無関係のように見えた要素の関連性が次第に明らかになっていく様は、なんだか狐につままれているようです。実際こじつけめいた論拠も多いような気がするのですが、流れるように進む黒猫の講釈に、主人公同様ただただ聞き入ってしまいました。
各話の軸となるポオの作品は、事前に読んでおいた方がいいと思います。一応あらすじは載っているので話の展開についていくには困らないですが、元作品を読んでいると楽しめる仕掛けがあったり(第一話の冒頭なんてまさに)、残念ながらけっこうなネタバレがあったりしますので。
私も今回あわせて『モルグ街の殺人事件』『黒猫』『盗まれた手紙』『黄金虫』を読みました。少なくとも『モルグ街〜』は昔読んだはずなのですが、全く覚えていなかったので…。どれもそれほど長くないですし、今や無料でダウンロード出来たりするので、ぜひ予習されることをおすすめします。

デビュー作(しかも公募作品)としては抜群に文章が読みやすく洗練されていますが、ミステリを期待して読むといまひとつ。
第一話はなんだか腑に落ちないし、第三話はあまりにも都合よく偶然が重なりすぎ。どの話も事件の関係者がことごとく黒猫の知り合いなのにはちょっと白けてしまいます。
出てくる地名も、実際にあるものと架空のものを織り交ぜるのはともかく、それが漢字だったりアルファベットだったりするのはちょっと気持ち悪かったです。もしかしてそこに何か意味があるのでしょうか。
この世界観に浸れるかどうかが評価の分かれるところかもしれません。自分のことを「黒猫」呼ばわりしちゃう男って…とか考えちゃダメなんですね(笑)
微妙なミステリ要素と難解な理論だけだと途中で投げ出していたかもしれませんが、惹きこまれる文章であることは確かですし、息抜きとなる主人公と黒猫のやり取りがなかなか面白いので、この手のものはあまり得意でない私でも、なんとか大丈夫でした。

続編が2冊出ていました。そちらの感想も近いうちに。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:ま行] | 2013.03.22(Fri) PageTop

『快盗ビショップの娘』アリー・カーター

おそらくシリーズ化されるはずなので、今後に期待!

快盗ビショップの娘快盗ビショップの娘
(2010/04)
アリー カーター

商品詳細を見る


カットは泥棒の一族に生まれた女の子。普通の高校生らしい生活がしたくて家業から足を洗ったものの、せっかく入った学校では訳の分からないトラブルに巻き込まれ、さらには最愛のパパが大変な目に遭っていると知り、仕方なく元の世界へ。
かつての仲間たちを率い、大人顔負けのテクニックでパパ救出作戦を計画・実行していきます。

YA小説らしくサクサク話が進んでいきます。つまり細かいところはかなり適当。色々と気にはなるものの、そこはキャラクターの魅力と展開の早さでなんとかカバー。
一族ではないけど昔馴染みらしいヘールとカットとの会話は洒落がきいていて楽しいです。付き合いは長いのに未だにミドルネームを知らない、なんて遊び心のある設定も。
カットと真逆の見た目&性格で反りが合わない従姉妹もかなりお気に入りのキャラでした。セクシー美女で一見ビッチと思わせておいて、腕は立つし意外とイイヤツなんです。
他にも天才的な頭脳を持つ従兄弟や、謎のイケメン、賑やかし担当(笑)の兄弟など、若者チームはバラエティ豊か。
その一方で、パパの影が薄いというか、みんなが尊敬するほどの凄さがあまり伝わってこなかったのが残念。一族を仕切るおじさんもなんだか口ばっかりで、「あとは俺にまかせろ」なんて言っておいて結局何もしてなかったような…。

一応解決はしたけど謎は残ったまま、という終わり方だったので、続編はあるのでしょう。でもどちらかというと、続きよりも過去の話が読みたいです。パパとどんな仕事をしてきたのかとか、ヘールとの出会いとか。
映画化も決定しているみたいです。監督はドリュー・バリモアということで、こちらも期待できそう。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:海外] | 2011.12.18(Sun) PageTop


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。