[Tag] 成長

≪ new

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

『おしまいのデート』瀬尾まいこ

”最後の”デート、ではなく”おしまいの”デートって言い回しが瀬尾さんらしくていいのです。

おしまいのデートおしまいのデート
(2011/01/26)
瀬尾 まいこ

商品詳細を見る


一風変わったデートにまつわる短篇集。組み合わせも男女に限らずいろいろです。

「おしまいのデート」
思春期真っ只中な女の子とおじいちゃんのデート。
このおじいちゃん、ちょっととぼけているのですが、名言率高し。演歌とビートルズの組み合わせは『天国はまだ遠く』を思い出しました。

「ランクアップ丼」
昔やんちゃした教え子と先生のデート。
三好くんなんていい子!学ランの下に赤いシャツ着てるのに横断歩道でおばあちゃんの荷物持ってあげるタイプですね(笑)
上じいと三好くんの方言での会話が心地いいです。この話が一番好きでした。

「ファーストラブ」
ほとんどしゃべったこともないクラスメイトの男の子同士のデート。
宝田のアプローチの仕方がどこかズレてておもしろいです。広田が誤解するのは当然でしょう(笑)なにか因縁があって誘ったのかなとか深読みしてしまったのですが、どうなんでしょう。

「ドッグシェア」
バツイチOLと大学生の一匹の犬を介したデート。
飼うわけではないのに餌はやるとか、どうも二人とも無責任な気がしてあまり楽しめない話でした。
久永さんの言動は同い年としてはちょっと複雑…。「まけてよ」とか平気で言えるには早い気がするのですが(^^;

「デートまでの道のり」
園児のお父さんとこっそり付き合っている保育士のお話。
妙に冷めた態度を取ったりするカンちゃん。小さい子供って、大人が考えている以上にいろいろ解ってたりするんでしょうね。
カンちゃんのお父さんのポジティブな性格、あこがれます。

どの話も前後背景が説明不足というか、どうとでも解釈できるように書かれています。でもそれが嫌な印象はなくて、特別なイベントとして取り上げているわけではなく、ごく自然な一場面を切り取ったという感じがしてよかったです。
余韻というよりは、この先のことが簡単に想像できるような終わり方。

いつにもまして装丁がかわいいです。カバーを外した中の絵もなかなかステキ。

Trackback [1] | Comment [0] | Category [作家別:さ行] | 2011.05.28(Sat) PageTop

『あるキング』伊坂幸太郎

野球界の王となるべくして生まれてきた、一人の男の物語。

あるキングあるキング
(2009/08/26)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る


最弱プロ野球チーム「仙醍キングス」の熱狂的なファンである両親に育てられた、王求(おうく)。王求が野球をはじめるのも、すぐに才能が開花するのも、両親からすれば当然のことなのでした。なぜならプロ野球選手として仙醍キングスに入団し、雪辱を果たすのが彼の宿命だから。
王求が生まれた日の出来事から始まり、章を追うごとに1~3才ずつ成長していく、伝記風フィクションといったところです。

両親のあまりの執着ぶりがジワジワと怖くなっていく前半はわりとおもしろく読めたのですが、後半は失速してしまいました。
何かありそうな登場人物が何人も出てくるのに、いまいち活かしきれていない気がするのですよね。「彼は後々大きく関わってくる」云々と書かれてあるのが原因かもしれませんが。伊坂作品の大きな魅力の一つは、ふとしたところに伏線が張られてあって、それらを鮮やかに回収する手腕にある、と思っているので、今回それがなかったのが残念でした。
また、王(あるいは天才)であることの苦悩を描こうとしているように見えて、実際はあまり伝わってこなかったのも残念。それは王求の思考がほとんど明かされないせいなのですが、あくまでも”自伝”ではなく”伝記”だから仕方ないということなのかもしれません。

個人的な反省点としては、事前に『マクベス』を読んでおくべきだった!ということ。シェイクスピアは好きなんですが、悲劇は好きでないので『マクベス』は未読なのです…。
王求=マクベス、両親=マクベス夫人、というくらいしかわからなくて、読んでいればもっと楽しめたんだろうなぁと。

それにしても、伊坂さんの本を読んだのは(アンソロジーを除けば)かなり久しぶりです。
好きな作家を聞かれれば1番か2番には名前を挙げていたくらいだったのですが、『モダンタイムス』がどうもダメで、さらには作風が変わったらしいとの噂も聞こえてきて、最近はすっかり足が遠のいてしまっていたのでした。ただファン根性で新刊が出たら買ってはいたので、完全に積読状態(^^;
これはいかんと一念発起して、やっと読み始めました。本当は『オー!ファーザー』か『バイバイ、ブラックバード』を読みたかったのですが、とりあえず刊行順に。次は孫悟空か…なるべく早く読もう。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:あ行] | 2010.11.25(Thu) PageTop

『錦絵双花伝(面影小町伝)』米村圭伍

過酷な運命に翻弄される、くノ一お仙の物語。読み応えがあります。

錦絵双花伝錦絵双花伝
(2001/04)
米村 圭伍

商品詳細を見る
※文庫版では『面影小町伝』に改題。

『風流冷飯伝』『退屈姫君伝』とあわせて三部作といわれています。が、文体も趣もまったく違います。ユーモア小説だった前2作に対し、こちらはシリアスかつヘビーな伝奇小説で、かなり戸惑いました。完全に切り離してくれたらまだよかったんですが、時々思い出したようにめだか姫の話が出てきたりするので、どういうテンションで読めばいいのかわからなくなるんです。
とはいえ、渾身の一作であることは間違いなく、米村圭伍さんの新たな一面を見せつけられた気がしました。

『退屈姫君伝』に出てきたお仙が主人公です。雇い主である倉地政之助は相変わらずですが、お仙の方は江戸中の評判になるほどの美人に成長し、ついには錦絵に描かれるまでになります。現在のお仙と、序章で語られた紀州秦栖藩の事件とがどう関わっていくのか。また、お仙と並ぶ美貌の持ち主・お藤との関係は?というところが中心となって話が進んでいきます。
全体を通して暗い話なのですが、盛り上げ方が上手いので、ぐいぐい引き込まれます。伝奇小説らしい幻想的なシーンは、映像を観ているかのような感覚でしたし、展開も凝っていて、お仙に関する因縁は最初の方にヒントがあるのですぐわかっても、そこからさらにもう一捻りあることまでは見抜けませんでした。

厳しい展開の中、政之助はほっと一息つかせてくれる貴重な存在でした。ボンクラはボンクラなんだけど人の良さが滲み出ていて、今回でかなり好感度が上がりましたね。幸せになってくれて嬉しいです。アゴのせいか、脳内では一休さんに出てくる新右衛門さんのイメージに(笑)

これを読み終わったらすぐに退屈姫君伝の続編に取りかかりたかったのですが、めだか姫のあまりの能天気っぷりに、腹が立つとまではいいませんが、お仙は大変なことになってるのに…と複雑な気持ちになるので、少し間をおくことにしました。一番最後に読めば良かったなぁと後悔。
風見藩シリーズの明るい雰囲気が好きな人は、読むタイミングに注意が必要ですね。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:や行] | 2010.06.09(Wed) PageTop

『きりこについて』西加奈子

読み始めてまず思ったのは、なんだかえらい本に出会ってしまった…ってこと。

きりこについてきりこについて
(2009/04/29)
西 加奈子

商品詳細を見る


きりこという、100人中100人が「ぶす」と思うような顔をした女の子の物語です。でも、きりこは自分のことを「めっちゃ可愛いやん」と思っているのです。
幼い頃はそれでもなんとかなっていたのですが、ある時ついに自分がぶすだということに気づいてしまいます。そこからどうやって折り合いをつけていくのか。きりこと周囲の人々の生き方を通して何かが見えてきます。

最初はほんとに「なんだこれ!?」って感じなんです。悪意に満ちたユーモア小説というか、、、おもしろいんだけど、そう思っていいものか暫し悩んでみたり。独特の読点過多かつ珍妙な語り口がだんだんクセになってくる頃には、おもしろいんだから仕方ない、と開き直りましたが。
途中からこの本が本当に伝えたかったことがだんだんと見えてきます。人間は中身が大事、なんて安易にオチがついたりはしません。これまでの登場人物や出来事が、パズルのピースを埋めるように組みあわさっていくのが心地いいです。

最後まで読むとちゃんと納得できるようになっているのですが、多感な年頃だと(特に前半は)読むのがツライかもしれませんね。。賛否両論ありそうですが、私は好きです。
会話がすべて関西弁なんですが、それで救われている部分はあると思います。これが標準語だったら痛々しすぎて読めなかったかも。

それにしても、表紙の猫は一体…?ラムセス2世は黒だし。読むまではこの猫がきりこだと思ってました^^;

Trackback [1] | Comment [0] | Category [作家別:な行] | 2010.05.21(Fri) PageTop


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。