[Tag] 探偵

old ≫

『人形遣いの影盗み』三木笙子

あいかわらず気乗りしない和製ホームズとは裏腹に、周囲の期待は鰻登りのようです。

人形遣いの影盗み (ミステリ・フロンティア)人形遣いの影盗み (ミステリ・フロンティア)
(2011/02/11)
三木 笙子

商品詳細を見る


「人魚は空に還る」「世界記憶コンクール」に続く、帝都探偵絵図シリーズ第3弾。かなり人気が出てきているみたいで、図書館では予約待ちでした。
前作は番外編的なものが多かったのですが、ようやく主役コンビ復活です。

「びいどろ池の月」
明治は女性の学歴が重要視され始めた時代なのですね。
芸者をしながら私塾に通い、後輩たちの悩み相談を一手に引き受ける花竜がかっこいいです。両親のエピソードも素敵でした。
花竜には探偵の素質があることだし、是非また出てきてほしいです。
それにしても女性絡みは特に不器用っぽい高広にそんな芸当ができたとは意外だわ~。

「恐怖の下宿屋」
高広が住む下宿屋を舞台にした、箸休め的な一篇です。
桃介さんいいですねぇ。下宿屋の女将=世話好きおばさん、というのはよくある設定だけど、世話好きお兄さん、ですからね。誰もがVIP扱いする礼を平気でこき使うなんて。言われるがままに働く礼もかわいいです。
かなりコメディタッチな話なのに、なぜかじ~んとしちゃいました。今回この話が一番好きかも。

「永遠の休暇」
探偵助手として甲斐甲斐しく仕事を見つけてきた礼のおかげで(?)華族のお家騒動に首をつっこむことになった高広です。
若干とっちらかった印象は受けましたが、いい話でした。
好きなことをして暮らせる幸せをあらためて実感した二人なのでしょうね。

「妙なる調べ奏でよ」
いきなり佐野の登場でニヤっとしてしまいました。思ったほど活躍しなかったですけど(笑)
最後のセリフが礼という人間を象徴していますね。暖かく見守ってあげたいです。

「人形遣いの影盗み」
怪盗ロータスが満を持して再登場。…といっても前の事件はうろ覚えでしたが;
いろいろ詰め込みすぎて、脇役たちのフォローがおざなりになってしまったのが残念。派手な演出のわりにはあまり盛り上がらなかったかな。事件そのものよりも、基博やよし乃との会話を楽しんでました。
ほっとできるエピローグはよかったです。
そうそう、基博が礼のことを今業平殿と呼んでいて意味がわからなかったのですが、今業平とは「今の世の在原業平といえるような美男」のことだそうで。なるほどね。


何がなんでも高広をホームズにしたい礼の無邪気な言動がかわいすぎます。高広は高広で、礼の期待には迷惑そうな顔をしていますが、両親に溺愛されて照れてるのがかわいい。
それよりももう~二人がラブラブすぎて(笑)本当にBLじゃないんだよね??と確認したくなります。高広が礼をお姫様扱いするのはいつものことですが、ちょっとやりすぎの感が。あげくに礼は「僕の行動くらい逐一把握しろ」ってストーカー行為を強要してるし(笑)
それはそれとして、心がほっこりする読後感がこのシリーズの大きな魅力。次回作も楽しみです。


Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:ま行] | 2011.05.19(Thu) PageTop

『ホワイトクロウ インディゴの夜』加藤実秋

インディゴの夜シリーズ第3弾。ついにポンサック出てきました!

ホワイトクロウ (インディゴの夜) (創元推理文庫)ホワイトクロウ (インディゴの夜) (創元推理文庫)
(2010/02/10)
加藤 実秋

商品詳細を見る


今回は趣向を変えて、ジョン太、アレックス、犬マンがそれぞれ主人公の話。そして残る表題作が、いつものように晶視点となっています。
でも最大の見所は冒頭に書いたポンサック。見た目はタイ人だけど実はバリバリの日本人で、本名は内田智久(ドラマでは本田作太郎になってて笑った)って人です(笑)晶をはじめインディゴメンバーは全員キャラが濃いけど、これにはヤラれました。
あとはガッツポーズした後がっくりするジョン太もかわいかったです。

ただこのシリーズ、好きか嫌いかでいったらまぁ嫌いじゃないかなってところに落ち着いてしまっています。キャラ付けやシチュエーションはおもしろいのに、なんか盛り上がりに欠けるんですよねぇ。
話の持って行き方がうまくないのかなんなのか。もっとおもしろくできそうなのに!というストレスを感じてしまうのです。事件の真相が徐々にあきらかになってきたと思ったら、結局最後に地の文で全部説明しちゃう、みたいなのがどうもダメなのかもしれません。主人公を変えた3編をやった後、最後の話でそれらを少しだけリンクさせるっていうのも、はっきりいっていらなかったように思いますし。(たしかにジョン太のその後は気になるけど。)
う~ん、惜しいなぁ。。

ところで、私が読んだのは単行本の方なんですが、個人的には文庫版のイラストが好きだったりします(なので書影も文庫版にしました)。そうしたら4作目からは単行本もワカマツカオリさんのイラストに統一されるそうで、ちょっと嬉しいです。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:か行] | 2010.08.07(Sat) PageTop

『チョコレートビースト インディゴの夜』加藤実秋

インディゴの夜シリーズ第2弾。ドラマの方はDVDが発売されたそうですが、BOXが5つって!(驚)

チョコレートビースト―インディゴの夜 (創元推理文庫)チョコレートビースト―インディゴの夜 (創元推理文庫)
(2009/02)
加藤 実秋

商品詳細を見る


相変わらず濃いキャラが多くておもしろいことはおもしろいけど、事件が大きいわりに解決があっさりしすぎているのが気になります。テンポがいいのも善し悪しというか、もう少し緩急があるといいと思うんですよね。ドラマでは1週間くらいかけて1つの事件を解決していたので、余計にそう感じるのかもしれませんが。
とはいえ、新しいホスト達も登場して、それなりに楽しめました。今回で吉田吉男が出てきたから、あとはポンサックだけ??でも、ジョン太もDJ本気もメインの話はないからまだまだ影が薄いですね。キャッシャーのジュンが気に入りました。また出てきてほしいです。
昔なじみの店でしっぽり飲むオーナー達が、なんだかいい感じでした。でも塩谷さんってパイナップル頭なのか…なんかやだわ。まぁ六角さんの髪型が良かったかというと、そうではないですけども(笑)

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:か行] | 2010.07.20(Tue) PageTop

『インディゴの夜』加藤実秋

一風変わったホスト達が事件を解決する人気シリーズ第1弾。

インディゴの夜 (創元推理文庫)インディゴの夜 (創元推理文庫)
(2008/03/11)
加藤 実秋

商品詳細を見る


副業で「club indigo」を経営している三十路女・高原晶が、店のホスト達とトラブルを解決していきます。indigoのホスト達はいわゆるホストとは違い、DJ風だったりダンサー風だったり果ては体育会系からお笑い系とバラエティに富んでいるという設定。
キャラが立っていてテンポもいいので読みやすいです。どの話も最後があっさり解決しすぎという気がしないでもないけど、今の私にはこれくらいの軽さがちょうどよかったです。
これデビュー作なんですね。続編もどんどん出ていますし、そのうち読み応えのある話も読めるのかな?この手の話をIWGPと比べてしまうのは仕方ないですね。

ドラマを先に見てしまったので、吉と出るか凶と出るか…と不安だったのですが、読み終わった感想としては、どちらが先でも問題なかったかなと思います。本とドラマではところどころ設定が違っていて、それぞれに良さがあったと思うので。
最初はどうしてもドラマのイメージに引きずられて戸惑うこともありましたが(特に晶のindigoに対するモチベーションが全然違うので)そのうち慣れました。なぎさママだけはどうしてもまっすーの印象が強すぎて、最後まで顔がチラついて困りましたが(笑)

一番の男前はホスト連中よりも紅一点の晶なわけですが、私的には塩谷さんが気になります。いまのところ大して活躍していないので、是非かっこいいところを見せてほしいなぁ。

Trackback [1] | Comment [2] | Category [作家別:か行] | 2010.07.12(Mon) PageTop

ダイヤモンドブラザーズ〈4〉〈5〉

シリーズ全5巻、読み終わりました。

ダイヤモンドブラザーズ〈ケース4〉空とぶフランス菓子ダイヤモンドブラザーズ〈ケース4〉空とぶフランス菓子
(2009/03)
アンソニー ホロヴィッツ

商品詳細を見る

ダイヤモンドブラザーズ〈ケース5〉禁断のクロコダイルダイヤモンドブラザーズ〈ケース5〉禁断のクロコダイル
(2009/03)
アンソニー ホロヴィッツ

商品詳細を見る


2冊まとめて書くあたりがやる気なくてすみません;でも作者もそんな感じがするのは気のせいでしょうか。
これまでの長編3作とは違い、4巻と5巻はそれぞれ中編が2つずつ収められています。ニック達が次々と窮地に陥っていく展開はいつも通りですが、長さが半分になっているため、いつも以上に雑な印象を受けました。意味ありげな描写がスルーされたまま終わったり、ニックとティムの年齢を間違えてたり…。でも4巻の2つめの話はけっこうおもしろかったです。
また、4人の訳者がそれぞれ1編ずつ翻訳する”競訳”企画をやってみたらしいのですが、その中の1つがひどかった;これまでニックはティムのことを「兄さん」て呼んでたのに、いきなり「兄き」になってるんです。せめて呼び名は統一してくれないと。

それにしても、いい年して弟に寝かしつけてもらう兄ってどうなの(笑)このシリーズを楽しめるかどうかは、この兄弟のキャラクターを許容できるかどうかにかかっていますね^^;

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:海外] | 2010.05.29(Sat) PageTop


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com