[Tag] 群像劇

old ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

『フロム・ミー・トゥ・ユー 東京バンドワゴン(8)』小路幸也

ようやく単行本化されました。メインキャラそれぞれの出会いを切り取った短編集。

フロム・ミー・トゥ・ユー (8) (東京バンドワゴン)フロム・ミー・トゥ・ユー (8) (東京バンドワゴン)
(2013/04/26)
小路 幸也

商品詳細を見る

堀田家随一のイケメン、青の出生の秘密とは?(「紺に交われば青くなる」)、藤島社長と堀田家の初めての出会いとは?(「縁もたけなわ味なもの」)、地味な紺が、亜美を射止めたきっかけは?(「愛の花咲くこともある」)。老舗古書店「東京バンドワゴン」に舞い込む謎を、大家族の堀田家があふれる人情で解決する人気シリーズ第8弾、番外編。知られざるエピソードが満載。書き下ろし3編を含む全11編。(「BOOK」データベースより)


だいぶ長い付き合いになってきました《東京バンドワゴン》シリーズ。その8作目になります。
これまでの7作は毎年春に書き下ろしで出版されてきましたが、今作はWebや雑誌に載った短編をまとめたもの(書き下ろしも3編あり)。何本かは既に読んでいました。

語り手はサチではなく、持ち回りです。
紺、すずみ、木島、亜美、藤島、秋実、青、研人、真奈美、コウ、サチの順で、時系列はバラバラ。
初めて出会った時のエピソードが多いのと、掲載当時と最新作とでは状況が変わっていたりするので、「ん?この時は花陽はまだ小学生??」「あの人とあの人はどうなってたっけ?」など、読んでいて混乱することもしばしば。
できればもう2、3年早く出して欲しかったなー(苦笑)
本編でモヤッとしていた部分の補完にもなっていて、シリーズを読んできた人なら楽しめる内容だと思います。
青とすずみちゃんなんて、たいして付き合ってもないのにいきなり結婚したイメージだったので、これを読んでちょっと安心しました。
でも青の元カノと真奈美さんの元カレって誰なんでしたっけ。記憶にないけど既に書かれているのか、これから明かされるのか?真奈美さんはかなり酷い別れ方をしたみたいなので、相手は青ではないと思いますが。
過去のエピソードをかなり忘れてしまっているので(木島さんはかすかに覚えている程度、峰子さんなんて全く思い出せず…)、そろそろネタバレ人物相関図&エピソード表を誰か作ってくれないかしら。

ドラマ化が決定しましたね。
そもそもがホームドラマへのオマージュ作品ですから、当然といえば当然の流れでしょうね。むしろ今の原作ものブームからいえば遅いくらいかも。
今のところ、亀梨和也(=青)主演ということしか発表されていないですが、他のキャストはどうなるのか気になります。特に、モデルがバレバレな我南人と池沢さんあたり…まさかその当人がやるってことはない気がするので。
青が主役、というのはいいと思いますよ。やっぱりテレビなので、若いイケメンが中心になるのは世の習いですね。亀梨くんにも賛否両論あるようですが、わりと家庭的な人みたいなのでいいんじゃないでしょうか。
そこまで思い入れのある原作ではないから心が広いのかもしれない(笑)

スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:さ行] | 2013.07.10(Wed) PageTop

『パパは今日、運動会』山本幸久

会社で運動会やってるとこってどれくらいあるんだろう。

パパは今日、運動会パパは今日、運動会
(2011/07/09)
山本 幸久

商品詳細を見る


(株)カキツバタ文具で初めて行われた社内運動会。渋々参加する人、やる気満々な人、競技にかこつけて日頃の鬱憤を晴らそうとする人等々、そこには普段仕事場では見られない同僚の姿が垣間見られます。

山本幸久さんといえばお仕事小説。特に”会社にいるヘンな人”を描くのがうまいんですよね。今回も、一癖も二癖もある人たちが登場します。そして、どんなに嫌なヤツでも見方を変えれば良いところがあるもんだ、と思わせてくれるのもいいですね。

イベントを通してはじめて見えてくる意外な本性というのはあるものですが、そこに運動会を持ってきたのはなかなか上手いと思いました。家族連れの人は家庭での立ち位置がなんとなくわかったり、服装ひとつとっても個性があらわれています。
借り物競争がおもしろかった~。おばちゃんのバッグは最強(笑)そして、お調子者の実行委員が冗談で入れたあんな指示を実行しようとする馬鹿がいるなんて。それを知って入れた張本人が青くなってるのも可笑しかったです。

登場人物が多くて盛り上がる場面が散っちゃったのがちょっと残念。もう少し主要キャラを減らすか、一人一人を掘り下げてもらえたらなお良かったかな。タイトルは誰目線なんだろう?

どうでもいいことだけど、"トーキョーハンズ"ってわざとなのかしら。ドン・キホーテは実名そのままだからもじっているわけではなさそうだし…まぁ間違えてそう呼ぶ人ってけっこういそうだけど。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:や行] | 2011.10.30(Sun) PageTop

『バッカーノ!1933 THE SLASH クモリノチアメ/チノアメハ、ハレ』成田良悟

鋏、刀、ナイフ、銃剣、槍…刃物使い達が勢揃いしたNYには血の雨が降る。

バッカーノ!1933〈上〉THE SLASH クモリノチアメ (電撃文庫)バッカーノ!1933〈上〉THE SLASH クモリノチアメ (電撃文庫)
(2004/09)
成田 良悟

商品詳細を見る
バッカーノ!1933〈下〉THE SLASH チノアメハ、ハレ (電撃文庫)バッカーノ!1933〈下〉THE SLASH チノアメハ、ハレ (電撃文庫)
(2004/11)
成田 良悟

商品詳細を見る


NYで活動を始めたジャグジー達のもとに、ガンドール、マルティージョからそれぞれ使者がやってきます。そこに偶然居合わせた泥棒カップル、妖怪(ラルウァ) 、ダラス。一方、ヒューイは巨大企業ネブラ相手に何かを計画していて…。

読み終わってしばらく放置していたら、内容をかなり忘れてしまいました(汗)上下巻のわりに(私的に)盛り上がるシーンも少なくて…。
前作から一転、登場人物が多いです。メインはチックとマリア…のはずなんですが、初登場のクリストファーと、ロニーが影の主役って感じです。あと、元クレアの葡萄酒は出番が少ないわりに相変わらずおいしいところを持っていってます。
メインの2人(特にマリア)の喋り方がいらっとするので、読むのがしんどいしんどい;同じく苦手キャラのジャグジーは影が薄くて気になりませんでしたが。
クリストファー、嫌いじゃないです(笑)突き抜けたバカっぽさが葡萄酒と似てますねぇ。

それにしても、ネブラ社の秘密には度肝を抜かれました。そこまでいっちゃって、この後どう続けるんだろう??
次巻はヒューイのいる監獄が舞台のようで、既にプロローグが始まっていますが…ぶっちゃけヒューイにあまり興味がわかないので、続きはしばらく放置するかもです。。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:な行] | 2010.12.22(Wed) PageTop

『バッカーノ!2001 The Children Of Bottle』成田良悟

外界から隔離された村に変化をもたらそうとしたのは、笑顔中毒の悪魔だった。

バッカーノ!2001―The Children Of Bottle (電撃文庫)バッカーノ!2001―The Children Of Bottle (電撃文庫)
(2004/02)
成田 良悟

商品詳細を見る


かつての仲間達を探して旅を続けるマイザーとチェスは、他2人の仲間と共に、北欧のとある村を訪れます。そこにいたのは、村人達から"悪魔"と恐れられている不死者のエルマーと、謎の少女でした。

これまでほぼ1年ごとに進んでいた話が、ここでいっきに70年近く飛んでいます。
現代社会で不死者は一体どんな風に見えるんだろう??と思いながら読んだのですが、舞台が閉ざされた村ということで、まったく現代らしさを感じず(”インターネット”なんて単語は出てきましたけどね)。
閉鎖的な環境のせいか、これまでのものとは少し雰囲気の違うバッカーノでした。

チェスはすっかり子供らしくなったなぁなんて思っていたら、まだまだ燻っていたみたいです。ここでエルマーに会えて本当によかった。チェス以外の皆もそれぞれ抱えているものがあるようで、全体的にシリアスな話題が多かったです。
そんな中、エルマーとマイザー達が再会するシーンはかなり笑えました。エルマー恥ずかしい!(笑)
ナイルもおもしろくて好きです。このシリーズ登場人物が多いから各々の話し方に特徴を持たせたいのはわかるんですが、そんなあえて言わなくても~(笑)

今回は登場人物が少なく読みやすかったですが、たまに会話の中で出てくる名前に、ベグって誰だっけ…ヒューイはもう出てきた?どんな人?…と、焦って途中で調べたり。本がないのでWikipediaなんかで調べるわけですが、ネタバレ度が高いのが困りものです。
それにしても、あいかわらずの誤字(誤植?)の多さにはうんざりします。ただでさえ混乱しがちなのに…。ただ間違いかどうかわからないのが1つあって、誰かわかる人いたら教えてほしいです。エルマーが村に来たのは5年前のはず(生け贄の数もあってる)なのに、村に辿り着くところの記述は1998年で3年前。どっちが正しいの??


◆バッカーノ! シリーズ既読リスト(刊行順)
『バッカーノ! The Rolling Bootlegs』
『バッカーノ!1931 鈍行編 The Grand Punk Railroad』
『バッカーノ!1931 特急編 The Grand Punk Railroad』

『バッカーノ!1932 Drug & The Domino』
『バッカーノ!2001 The Children Of Bottle』

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:な行] | 2010.12.02(Thu) PageTop

『バッカーノ!1932 Drug & The Domino』成田良悟

情報屋を中心に、運命の糸で繋がっていく人間模様。

バッカーノ!1932―Drug & The Dominos (電撃文庫)バッカーノ!1932―Drug & The Dominos (電撃文庫)
(2003/10)
成田 良悟

商品詳細を見る


また新たな人物がたくさん出てきます。1931のフライング・プッシーフット号事件の後日譚でもあり、ダメ男のために健気に頑張る女たちの話でもあり。
タイトル上は前作から1年経っているように見えますが、実際は年末の事件だったので、すぐ後の話ということになります。

特急編の終わりでジェノアード家がどうとか言ってたのは覚えていたのですが、まさか1作目でアイザック&ミリアが関わっていたあの家だったとは。イブが探している兄ダラスのことは、かなりの勢いで忘れてました(笑)そういえばそんなのもいたなぁ…結局最後はどうなったんだっけ?と思ったら、けっこう悲惨な状態なんでした。まぁ自業自得ですけど。
イブとダラスは身内だから仕方ないとしても、イーディスはロイにはもったいないですね。イーディスがガンドールの所に行くシーンはお気に入りです。それにしてもロイは禁断症状は大丈夫だったのかな…?

正直ハマるところまではいかないのですが、なんだかんだいって愛着が湧いてきたこのシリーズ。泥棒カップルが出てきたらにやっとしてしまいますし、マフィアに向いていないガンドール兄弟はかわいくて好きです。前作から登場のファンとヨウンのコンビもいいですね。


◆バッカーノ! シリーズ既読リスト(刊行順)
『バッカーノ! The Rolling Bootlegs』
『バッカーノ!1931 鈍行編 The Grand Punk Railroad』
『バッカーノ!1931 特急編 The Grand Punk Railroad』

『バッカーノ!1932 Drug & The Domino』

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:な行] | 2010.10.13(Wed) PageTop


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。