[Tag] 謎解き

old ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

『黒猫の接吻あるいは最終講義』森晶麿

黒猫と付き人の進展具合をじれったく見守るシリーズ第2弾。

黒猫の接吻あるいは最終講義黒猫の接吻あるいは最終講義
(2012/05/24)
森 晶麿

商品詳細を見る

黒猫と付き人がバレエ『ジゼル』を鑑賞中、ダンサーが倒れるハプニングが発生した。五年前にも同じ舞台、同じ演目で、バレリーナが死亡する悲劇が起きていた。ガラスアーティストの塔馬から聞いた黒猫の過去と、二つの事件の関連を気にする付き人。しかし何やら隠し事をしているらしい黒猫は、関わらないよう忠告するだけだった。仕方なく付き人は一人で事件に挑むが…ジゼル、ガラスアート、ポオを絡め、二度の事件を結ぶ図式が見えたとき、黒猫の最終講義が始まる―。
(「BOOK」データベースより)


『黒猫の遊歩あるいは美学講義』の続編にあたります。
事件を美学的目線で考察していくのは前作と同じ。ただ今回はポオの影は薄めでした。その代わり、バレエの演目『ジゼル』を主軸にして物語が展開していきます。
ちなみに主人公2人の名前はやはり明かされないまま。感想書きにくいからなんとかしてほしいな(苦笑)

前作よりも読みやすく分かりやすいと感じたのは、長編だからでしょうか。バレエについて全く知らなくても大丈夫でした。
相変わらずご都合主義な部分も多かったですが、場面の美しさを優先していると思えば、まぁ許せるかな。黒猫の浮世離れした人物像からして、いかにもフィクションですからね。気にしたら負けでしょう。
ミステリとしての面白さはあまりないので、そういうものを求めて読むとがっかりすると思います。かといって恋愛モノとしてどうかといわれると…おすすめできるかちょっと悩んでしまいます(笑) もどかしい二人を見ているのが好きな人ならアリかな。

なんだかんだいっても続きは気になるので、わりと気に入っているのかもしれません。

スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:ま行] | 2013.04.01(Mon) PageTop

『黒猫の遊歩あるいは美学講義』森晶麿

美学とポオ作品を足掛けにめくるめく推理が展開される、不思議な味わいのミステリシリーズ第1弾。

黒猫の遊歩あるいは美学講義黒猫の遊歩あるいは美学講義
(2011/10/21)
森 晶麿

商品詳細を見る

でたらめな地図に隠された意味、しゃべる壁に隔てられた青年、川に振りかけられた香水、現れた住職と失踪した研究者、頭蓋骨を探す映画監督、楽器なしで奏でられる音楽。日常のなかにふと顔をのぞかせる、幻想と現実が交差する瞬間。美学・芸術学を専門とする若き大学教授、通称「黒猫」は、美学理論の講義を通して、その謎を解き明かしてゆく。第1回アガサ・クリスティー賞受賞作。
(「BOOK」データベースより)


大学の博士課程1年目、エドガー・アラン・ポオを研究している「私」が主人公。学部時代の同級生であり、異例の若さで教授になった「黒猫」とともに、様々な事件に遭遇する…。
普通のミステリなら「事件をどう推理してどう解決するのか」が肝となるのでしょうが、この作品においては「美学的観点から見てどう分析されうるか」が全てだったりします。もちろん最後に真相は明かされますが、それまでに展開される会話(主に黒猫による講釈)の前には、それはただのおまけのようにも思えるのです。

実に2ヶ月ぶりの読書です。図書館で見かけて直感で選んだ本なのですが、これがなかなかの難物でした。
理系の研究ならまだしも、文学作品や芸術を”研究する”ということ自体あまり具体的なイメージを描けないうえ、美学の知識なんてゼロなので、出てくる理論も何が何やらさっぱり。それでもなんとか振り落とされないようについていくと、なんとなく言わんとしていることが見えてくるような…。
脳をフル回転させないといけないので、とても疲れます(笑) でもたまにはこういう読書も必要だなと感じました。わかりやすいものばかり読んでいては駄目ですよね。

連作短編の形で1話ごとに異なるポオの作品を取り上げています。
事件、美学、ポオ作品、と全く無関係のように見えた要素の関連性が次第に明らかになっていく様は、なんだか狐につままれているようです。実際こじつけめいた論拠も多いような気がするのですが、流れるように進む黒猫の講釈に、主人公同様ただただ聞き入ってしまいました。
各話の軸となるポオの作品は、事前に読んでおいた方がいいと思います。一応あらすじは載っているので話の展開についていくには困らないですが、元作品を読んでいると楽しめる仕掛けがあったり(第一話の冒頭なんてまさに)、残念ながらけっこうなネタバレがあったりしますので。
私も今回あわせて『モルグ街の殺人事件』『黒猫』『盗まれた手紙』『黄金虫』を読みました。少なくとも『モルグ街〜』は昔読んだはずなのですが、全く覚えていなかったので…。どれもそれほど長くないですし、今や無料でダウンロード出来たりするので、ぜひ予習されることをおすすめします。

デビュー作(しかも公募作品)としては抜群に文章が読みやすく洗練されていますが、ミステリを期待して読むといまひとつ。
第一話はなんだか腑に落ちないし、第三話はあまりにも都合よく偶然が重なりすぎ。どの話も事件の関係者がことごとく黒猫の知り合いなのにはちょっと白けてしまいます。
出てくる地名も、実際にあるものと架空のものを織り交ぜるのはともかく、それが漢字だったりアルファベットだったりするのはちょっと気持ち悪かったです。もしかしてそこに何か意味があるのでしょうか。
この世界観に浸れるかどうかが評価の分かれるところかもしれません。自分のことを「黒猫」呼ばわりしちゃう男って…とか考えちゃダメなんですね(笑)
微妙なミステリ要素と難解な理論だけだと途中で投げ出していたかもしれませんが、惹きこまれる文章であることは確かですし、息抜きとなる主人公と黒猫のやり取りがなかなか面白いので、この手のものはあまり得意でない私でも、なんとか大丈夫でした。

続編が2冊出ていました。そちらの感想も近いうちに。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:ま行] | 2013.03.22(Fri) PageTop

『レディ・マドンナ 東京バンドワゴン(7)』小路幸也

今作のテーマは、女性の強かさ、かな。


レディ・マドンナ 東京バンドワゴンレディ・マドンナ 東京バンドワゴン
(2012/04/26)
小路 幸也

商品詳細を見る

齢八十を越えてもなお堀田家の大黒柱として、古書店“東京バンドワゴン”を切り盛りする勘一。そんな勘一をお目当てに通ってくる女性が現れて、一家は色めき立つ。しかし、その出会いが思わぬ家族の秘密を連れてくる…。さらに、蔵から大事な稀覯本が盗み出されて、店は大混乱。次々に新たな謎が舞い込む堀田家を救うキーワードは「母の愛」。女性のパワーで家族の絆を結び直す、待望の最新作。(「BOOK」データベースより)


毎春1冊ずつ刊行されて(読むのはいつも夏以降ですが)、もう7冊目なんですね。新作が出るたび、1年て早いなぁ…と思わずにはいられません。
サチさんの優しい語り口につられてスルッと一気に読み終わってしまうのもいつものことです。

1作目で小学生だった花陽は高校生になり、かんなと鈴花は3才になりました。研人も中学生になってからは紺のことを”親父”なんて呼び始めたようです。なんだかムズ痒い(笑)
子供たちが大きくなると同時に高年齢化の進む堀田家とその周辺ですが、勘一じいちゃんを筆頭にまだまだお元気な様子で安心しました。

今回、新しい人達が何人も登場しました(もしかしたら再登場の人もいるかも。私が覚えていないだけで…)。
これ以上準レギュラーが増えると本当に収拾つかなくなる気がするんですけど、いざという時に助けとなるのは人と人との繋がりですからね。今回も中川さんの為に集まったり、冬編で登場した三石君が秋編で手伝ってくれたり、縁て大事だなぁと。
龍哉さんが研人に話したお母様のセリフも良かったな〜。ただ龍哉さん親子の話は、最後にどーんと落とされるのがあれなんだけど…くるみさんの事情もそうだし、ああいう設定にする必要が本当にあったのかしらね。
勘一の「何せややこしい事情のオンパレードみたいな家ですからな」って、ほんとだよ(苦笑)表向きはほのぼのホームドラマだけど、かなーりドロドロですからね。愛人設定とか多すぎ。
このシリーズに限らず、小路さんの本に出てくる男って不倫率高い気が…;恋人期間を経ない結婚にも毎度違和感を感じつつ、中年男性ならではの恋愛観・結婚観という感じで受け止めています。女性の作家が書いたとしたら、絶対こうはならないでしょうね。

巻を重ねるごとにカップルが急増しているこのシリーズ、毎回誰かしら結婚したり出産したりとおめでたい話題も尽きません。
今回は修平くんの結婚と、真奈美さんの出産でした。コウさんの本名…おもしろすぎ(笑)来年あたり、青とすずみちゃんのところに二人目とかありそうですよね。
藤島さんは特に進展なし…堀田家の女性にモテるとか自分で言っちゃう藤島さん、昔に比べて開き直ってきたな〜(笑)ここまでくると本当に花陽と!?という気がしてきますが、それはそれで複雑な気分。
かんな・鈴花も花陽と同じくイケメン好きなようで、青や藤島さんに懐いてます。私は紺ちゃん好きなんだけどなー。自分で影薄いの自覚しちゃってるところも含めて(笑)
そうそう、キレた亜美さん格好良かったです!意外な特技披露でした。我南人を認めない奴は音楽をやる資格ないみたいな言い回しは正直どうよ、と思いましたが(私が我南人を好きになれないので余計に)。
紺と亜美さんの出会いは、以前レンザブローで連載していた番外編にありましたね。そろそろ書籍化してくれないかなぁ。

まったくの余談ですが。
高校生の頃に友達とビートルズでどの曲が一番好きかという話をしていて、私がなんとなく「Lady Madonna」を挙げたところ、なかなか渋いね〜と言われたんですが、彼女の「Lucy in the Sky with Diamonds」の方がよっぽど渋いよ、と思ったのを思い出しました(笑)
さすがに「ルーシー…」が本のタイトルになることはないだろう…。

※同シリーズで過去に書いた感想はこちら↓
4作目『マイ・ブルー・ヘブン』
5作目『オール・マイ・ラビング』
6作目『オブ・ラ・ディ オブ・ラ・ダ』

» read more...
Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:さ行] | 2012.06.27(Wed) PageTop

『背表紙は歌う』大崎梢

出版社営業の仕事も板についてきた井辻くんが5つの謎に挑みます。

背表紙は歌う (創元クライム・クラブ)背表紙は歌う (創元クライム・クラブ)
(2010/09/11)
大崎 梢

商品詳細を見る


井辻くんシリーズ第二弾。ちなみに正確には〈出版社営業・井辻智紀の業務日誌〉シリーズというらしいです。な、長い(笑)

「ビターな挑戦者」
取次会社で初めて会った男に暴言を吐かれた井辻。その男は何故そんな態度を取るのか?
タイトル通りのビターなお話でした。デビル大越の登場がこれっきりだったのがもったいなかったなぁ。また出てきてほしいです。
取次といえば、私はいつもココで新刊チェックさせてもらってます。

「新刊ナイト」
新刊発売の書店まわりにトラブルの予兆が。その作家に会いたいという書店員の思惑とは?
自伝を書くってかなり勇気がいることですよね。ミステリとしては少し物足りなかったですが、身を削って作品を生み出す作家魂が伝わってきました。
文学作品のヒント、私はわりとすぐわかりました(^^

「背表紙は歌う」
ベテラン営業の女性が気にかける、地方の本屋で起きているトラブルの原因とは?
いいタイトルですね。私も手芸好きなので、本屋さんで手芸本が並んでいるのを見るだけでしあわせな気持ちになります。
簡単に解決する問題ではなさそうですが、最後にほっとさせてくれるいいお話でした。
私の中で真柴株、ぐんぐん上がってます。

「君とぼくの待機会」
有名文学賞の候補が発表された。ところが受賞作は決まっているとの噂が広まって…。
本好きとしては、文学賞の裏事情はぜひ知りたいところ。楽しく読みました。出来レースを疑う声に対し、気難しい審査員の先生方を説き伏せる方がよっぽど難しいという反論に、おおいに納得(笑)
ところで文学賞メッタ斬り!シリーズってもう出ないのかしら?

「プローモーション・クイズ」
書店員に新刊の推薦コメントをお願いしたら、コメントと共になぞなぞが返ってきた!
書き下ろしのおまけみたいなお話ですが、おもしろかったです。なぞなぞを書いて送ってきたのは、もちろんあの子。勝ち気なところがやっぱり苦手だわ~(^^;


真柴とのお約束「ひつじくん」「井辻ですけど」のやり取りが、じわじわおもしろくなってきました。どんな流れで言われても即座に訂正する井辻くん。やるなぁ。

本絡みの日常系ミステリという括りでは成風堂書店シリーズと同じなのですが、取次だったり、文学賞だったり、出版社ならではの視点で描かれていて、本好きの好奇心をおおいに刺激してくれます。キャラクターも含めて、私はこちらのシリーズの方が好きですね。
暗い話題も多い出版業界。厳しい現実を受け止めつつも、自分にできることを精一杯こなす人たちが素敵です。その人たちを支えているのは”いい本を出したい”という思い。書店員だった大崎さんだからこそ描けるものがあると思ってます。
私は普段は図書館で借りることが多いですが、いいと思った本はあらためて買うようにしていますよ。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:あ行] | 2010.10.23(Sat) PageTop

『空想オルガン』初野晴

吹奏楽部の活動もいよいよ佳境に入ってきたハルチカシリーズ第3弾。

空想オルガン空想オルガン
(2010/09/01)
初野 晴

商品詳細を見る


今回もステキな表紙。(でもなんで横向きにしなかったんだろう?個性的でよかったのに。)
来年の普門館出場を夢みながら、まずは小編成のB部門での予選突破を目指す、チカたち吹奏楽部。本番前の緊張と不安の中で、4つの謎を解き明かします。

やっとシリーズ名がついたのにもかかわらず、看板しょってるハルタの影が薄すぎませんかね…;反対に、初登場の姉はやりすぎなくらいに濃いキャラ。うーん、苦手かも。
チカはあいかわらずおもしろいです。でも笑い所は1、2作目に比べて少なかったなぁ。次はどんなヘンな人たちが出てくるのか期待していただけに残念でした。

ストーリーの方は、夏休みで大会の準備中のため、すべて学外での話。それぞれいい話ではあるのだけど、メインキャラが絡む謎ではないためか背景描写が足りず、せっかくの感動も胸に迫るところまではいきませんでした。
中でも表題作の「空想オルガン」は疑問だらけ。”オルガン”の洒落はわかったけど、結局何のためのイベントなの?一緒にイベントを始めた人との関係は??なんだかモヤモヤが残ります。あえて細かくは描かないようにしているのかな…?知りたがる私が野暮なのでしょうか。
吹奏楽部が本番でどんな演奏をしたのか、はそれこそ”あえて”描いていないのでしょうねぇ。あぁ~もどかしい(笑)
芹澤さんとチカの関係はすごくいいですね。いよいよ仲間に入ってくれそうな感じですし、次作に期待したいと思います。

そういえば、少し前にたまたまテレビで普門館を目指す吹奏楽部のドキュメントをやっていて、見入ってしまいました。こういう何かに打ち込む学生生活って一生の思い出になりますよね。何もしてこなかった自分に少し後悔。。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:は行] | 2010.10.20(Wed) PageTop


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。