[Tag] 青春

old ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

『コロヨシ!!』三崎亜記

掃除がスポーツに、と一見ユーモア小説のような設定ですが、実際は大真面目な青春小説なんだから驚きです。

コロヨシ!! (角川文庫)コロヨシ!! (角川文庫)
(2011/12/22)
三崎 亜記

商品詳細を見る

藤代樹は「掃除部」に所属している高校2年生だ。芸術点と技術点を競う競技「掃除」は、国家の統制下に置かれているマイナースポーツだった。幼い頃に祖父の教えで「掃除」を始めた樹は、昨年の州大会新人戦で優勝するほどの腕前。だが、目標を見出せず、どこか冷えた態度で淡淡と「掃除」を続けていた。しかし謎の美少女・偲の登場により、彼に大きな転機が訪れ―。物語の錬金術師・三崎亜記が放つ、前代未聞の奇想青春小説。(「BOOK」データベースより)


舞台は日本のようなそうでないような、架空の世界。
西域、居留地といったキーワードは三崎作品ではお馴染みなんだそうですが、私にとっては初めての三崎ワールド。それに加えて掃除の専門用語なども多く、馴染むまでに結構苦労しました。

競技としての掃除で扱うのは、もちろん本物のゴミではなく、羽子板の羽根のような塵芥。人気がないマイナースポーツということで地味なのかなと思えば、実際はフィギュアスケートのような魅せるスポーツなんです。初っ端から掃除部が実演する場面があるので、掃除がどんなものかはすぐにわかります。
部員集め、大会に向けての練習、挫折、特訓…と部活モノの要素はすべて満たしつつ、"活動制限スポーツ"の背景にある国(政府)についても描いていくので、とにかく盛り沢山です。盛り沢山すぎて読むのがけっこうしんどかったり…。スポーツ小説のふりをしていますが、作者が本当に書きたいのは歪んだ政治機構の方なんじゃないかという気もしてきます。
夏の大会での各自の特性を活かした試合はとても良かったですし、こういう(エキシビジョンや添え舞いも含む)掃除のシーンをもっと見たかったのですけどね。綿密な設定のおかげで掃除以外の部分も面白くはあるのですが、主人公の樹が何かにつけぐるぐると思い悩むので、なかなかテンポ良く読み進めることができないのが残念でした。
掃除部の面々や行きつけのお店の人たちは皆キャラが立っていて面白いです。ただ、一番の変人である顧問の言動は全く笑えず、ヒロイン(だよね)の偲がどうにも好きになれないので、中盤以降はがっくりと読むペースが落ちてしまいました。

6章を読んでいるあたりから、まさか…と嫌な予感はしていたんですが。この1冊では全然終わらないんですね…。続編が出ているのは知っていたけど、ここまで何もかも持ち越すとは。
結局、解決した謎は父親のことくらいで、この国の封印された歴史、政府の思惑、偲のこと、大介のこと、等々かなりモヤッと感が残ります。続編ですっきり解決してくれるかというとそうでもなさそうなので、いまいち読む気力が…。

なんだか否定的なことばかり書いてしまいましたが、この世界観はけっこう好きです。
うまくいえないけど、この本で描かれていない外側にもきちんと世界が存在している感じ(それも地続きで当たり前のように)がすごくします。それは過去の出来事についてさらっと書かれていたり、肩車スポーツ部なんてネタを惜しげもなく使い捨てているところからも感じられます。
そういうのを含めての三崎ワールドなのかな、となんとなく思いました。他の作品もずっと気になっていたので、挑戦してみたいです。

スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:ま行] | 2012.07.11(Wed) PageTop

『快盗ビショップの娘』アリー・カーター

おそらくシリーズ化されるはずなので、今後に期待!

快盗ビショップの娘快盗ビショップの娘
(2010/04)
アリー カーター

商品詳細を見る


カットは泥棒の一族に生まれた女の子。普通の高校生らしい生活がしたくて家業から足を洗ったものの、せっかく入った学校では訳の分からないトラブルに巻き込まれ、さらには最愛のパパが大変な目に遭っていると知り、仕方なく元の世界へ。
かつての仲間たちを率い、大人顔負けのテクニックでパパ救出作戦を計画・実行していきます。

YA小説らしくサクサク話が進んでいきます。つまり細かいところはかなり適当。色々と気にはなるものの、そこはキャラクターの魅力と展開の早さでなんとかカバー。
一族ではないけど昔馴染みらしいヘールとカットとの会話は洒落がきいていて楽しいです。付き合いは長いのに未だにミドルネームを知らない、なんて遊び心のある設定も。
カットと真逆の見た目&性格で反りが合わない従姉妹もかなりお気に入りのキャラでした。セクシー美女で一見ビッチと思わせておいて、腕は立つし意外とイイヤツなんです。
他にも天才的な頭脳を持つ従兄弟や、謎のイケメン、賑やかし担当(笑)の兄弟など、若者チームはバラエティ豊か。
その一方で、パパの影が薄いというか、みんなが尊敬するほどの凄さがあまり伝わってこなかったのが残念。一族を仕切るおじさんもなんだか口ばっかりで、「あとは俺にまかせろ」なんて言っておいて結局何もしてなかったような…。

一応解決はしたけど謎は残ったまま、という終わり方だったので、続編はあるのでしょう。でもどちらかというと、続きよりも過去の話が読みたいです。パパとどんな仕事をしてきたのかとか、ヘールとの出会いとか。
映画化も決定しているみたいです。監督はドリュー・バリモアということで、こちらも期待できそう。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:海外] | 2011.12.18(Sun) PageTop

『四畳半王国見聞録』森見登美彦

バカバカしいのに難解。四畳半的人生についての哲学書?

四畳半王国見聞録四畳半王国見聞録
(2011/01/28)
森見 登美彦

商品詳細を見る


四畳半に住む腐れ大学生関連の短編集です。それぞれの話には関連があるようなないような。
ちなみに『四畳半神話大系』の続編ではないです。樋口さんと一緒にちょこっと出てきたりはしますけど。

正直、感想という感想もないんですが…(そろそろ更新しないと、という大人の事情です…)。
面白いか面白くないかでいったら、それなりに面白いけど、本当にそれなりという感じ。
「蝸牛の角」は以前どこかで読んだ気がします。後半するするっと話が収束していく感じが好きです。
ストーリー性があればまだいいんですが、最初と最後のはものすごく疲れました。この作者、ほんとどうかしてると思う(笑)
図書館警察だったり般若心経が書かれたマンドリンだったり、他の作品でお馴染みの組織・アイテムが盛りだくさんなので、森見ファンなら読んで損はないのでは。
一方で、森見作品を読んだことのない人がうっかり最初にこれを手に取ったりなんかしたら、混乱して二度と読まなくなりそう。それくらいハードル高いです。この本。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:ま行] | 2011.08.26(Fri) PageTop

『青空の卵』坂木司

思いやりと自己満足の境界線って難しい。

青空の卵 (創元推理文庫)青空の卵 (創元推理文庫)
(2006/02/23)
坂木 司

商品詳細を見る


ひきこもり探偵シリーズ三部作の一作目。坂木司さんの代表作ということで読んでみました。ペンネームもこの主人公からとったのですよね。
困っている人を放っておけない性質の坂木と、頭脳明晰で毒舌そして繊細な心を持っている鳥井。彼らが様々な人たちと出会い、少しずつ前進していくお話です。
ジャンルは一応、日常の謎系のミステリなんですが、青春もの(友情もの)と捉えた方がよさそうです。無理のある推理が多いし、謎自体もそれほど興味を惹かれるものではないと思うので。

主人公二人のシーンがどうにも苦手でした。こういうのが好きな人は多いと思うし、あくまで私個人の好みの問題ですけども。
大人になってもいまだに依存し合ってしまっている二人の際どさ、みたいなのを表現したいのだろうと思うのですが、ここまでモラトリアム全開でこられるとなぁ。こんな友情ありえない、とまでは言えないけど、やっぱり相当おかしいですよね。
もちろんわざとそう書いているわけで、塚田と安藤をああいう風に書いたことで予防線は張っていることだし、へんに勘ぐる方が野暮なんだとわかってはいるんですけど。
それでふと思い出したのが『BANANA FISH』。私、あの二人も苦手だったんですよ…。特に英二が。

いきなり批判から入ってしまいましたが、登場人物のキャラクターは悪くないです。
なにより栄三郎さん。彼のおかげで一気に楽しくなりました。滝本&小宮の警官コンビも好きです。鳥井の口の悪さもけっこう好き。坂木がただのお人好しではなく、意外と利己的な一面を見せたりするのも人間くさくていいと思いました。

大人になりきれない葛藤とか、人との繋がりを持つことで得るもの・失うものとか、それこそどういう友情が正しい形なのかとか。答えの出ない問題だとしても、それについて考えることで気づかされることは多いはず。
坂木と鳥井が最終的にどんな関係に落ち着くのか、気になるところです。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:さ行] | 2011.07.14(Thu) PageTop

『箱庭図書館』乙一

読者からの投稿作を乙一がリメイク。異色の企画短篇集。

箱庭図書館箱庭図書館
(2011/03/25)
乙一

商品詳細を見る


完全オリジナル作品ではないということで、評価が分かれているようですね…。まぁこれはこれで、企画モノとしてはありなんじゃないでしょうか。

私にとっての乙一作品の魅力はやはり独創的な設定や展開なので、そこが他人任せなのは残念ではありますが、投稿作のどこをどう使うかを決めるセンス、欠点をカバーして作品として仕上げる能力は、さすがだなと思いました。
元の作品は「オツイチ小説再生工場」のときに読んでみたのですが、どれも最後まで読みきるのはしんどかった記憶があるので…。プロとアマの差は大きいです。
あとがきに書かれているリメイクポイントや、ビフォア/アフターで読み比べてみると、よくわかると思います。

単純に読み物として面白かったかと聞かれると、普通…なんですけどね。いつものクオリティを期待して読んだ人は、ちょっと肩すかしを食らうかもしれません。
私は「ホワイト・ステップ」と「青春絶縁体」が好きでした。どちらも会話のシーンが秀逸です。


リメイク前の投稿作は下記のサイトで読めますよ。

箱庭図書館 特設サイト  http://renzaburo.jp/8528/

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:あ行] | 2011.04.22(Fri) PageTop


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。