[Category] まとめ

old ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

2015年に読んだ本

気がつけばまた時間があいてしまいました。でも細々と続けていきますよー。
2015年は68冊読みました。(リストは一番下に)

かつての勢いを取り戻すとまではいかないけど、かなりいいペースで読めたのが嬉しい。
ちなみに読んだ本のリストはExcelで管理しているので、グラフにしてみました。…我ながらちょっとキモい(笑)

reading_graph.png

たくさん読めたのには理由があって、シリーズ物を中心に読んだというのが大きいです。
気の向くままに様々なタイプの本を読むのも好きなのだけど、この年は無性に一気読みがしたくなって。

◆道警シリーズ
警察小説は組織図を理解するのが大変だけど、やっぱり面白い。
ただ小島百合がどうも好きになれないのと、話に一区切りついたので3作目までで止まっています。
『笑う警官』は元は『うたう警官』て題名だったらしくて、なんで変えちゃったかなぁ。マルティン・ベックを意識したのはわかるけど、内容と合ってなさすぎ。

◆みをつくし料理帖シリーズ
評判通り、すっごくよかった!!
地味な女料理人の話ときいて、なんだか暗そうだしどうなのかな〜としばらく読まずにいた過去の自分に説教したい。
吉原一の花魁との因縁、身分違いの恋など、ドラマティックな展開がありつつも、基本的には地道にひたすら料理の道を邁進する姿を描いているだけ。でもそこがいいのよね。澪の作る料理がどれもこれも美味しそうで(๑´ڡ`๑)
脇の登場人物もみんな大好き。特にりうさんが出てきてからいっそう楽しくなりました。
私はだんぜん小松原様派です。途中やきもきしたけど、いいラストだった〜!

◆守り人シリーズ
今まさにNHKでドラマやってますねー。
それを知って読み始めたわけではないのですが、実写のイメージがつく前に読めてよかった。
とにかくバルサの生き様がかっこいい!
『蒼路の旅人』から『天と地の守り人』にかけてはまさに一気読みでした。チャグムはいい子に育ったな〜と感慨深かったです。

その他、箇条書きで。
・待ちに待った『有頂天家族』の続編、『二代目の帰朝』。読み終わりたくなくてなかなか読み始められなかったという(笑)
・書簡体小説『お勝手太平記』は女特有の性格が悪さがにじみ出ていて、ダメな人はダメそうな気もするけど、私は好きです。
・『星を継ぐもの』はおすすめのSF作品として必ず名前が挙がるので読んでみた次第。ミステリ要素のあるSFではなく、SF要素のあるミステリということにまず驚き。タイトルが秀逸です。
・『死者を起こせ』はフランスのミステリだからか独特の文体に慣れるまでが苦労したけど、じわじわクセになる感じ。今まさにフレッド・ヴァルガス作品を読破中です。

そして2015年のベスト本はこちら。

おだまり、ローズ: 子爵夫人付きメイドの回想おだまり、ローズ: 子爵夫人付きメイドの回想
ロジーナ ハリソン 新井 潤美

白水社 2014-08-12
売り上げランキング : 60654

Amazonで詳しく見る
by G-Tools


アスター夫人とローズの丁々発止のやり取りがとにかく楽しい!
ここに書かれているのがすべて実際にあった出来事だというのもすごいです。
ダウントン・アビーのバイオレット様がお好きな方などは気に入るのではないかと。

» read more...
スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [0] | Category [まとめ] | 2016.04.10(Sun) PageTop

2014年に読んだ本

タイトルは間違いではございません。…まさか1年以上も放置していたなんて我ながら驚きです。
もはやそんな前のことなんて、と思いつつ、一応7年くらい続けてきているので、妙な義務感だけがあって(笑)

2014年は45冊読みました(リストは一番下にあります)。雑感を箇条書きで。

・近藤史恵さんのロードレースシリーズはやっぱり面白い!
・魔法製作所シリーズは予想の斜め上を行く展開でした。もう少し魔法使い達に活躍してほしかった気も。
・ビブリア古書堂シリーズは、栞子さんに萌えられるかが評価の分かれ目という感じ。私はちょっと苦手です。。
・対談集『すごい人のすごい話』は自分では選ばないだろう本なので、貸してくれた友人に感謝。面白かった!
・ジェフリー・フォードの3部作は最初こそ辛かったけど、どんどん惹きこまれた。読書の楽しさを再認識させてくれました。
・『秘密』上下巻で読み応えもあり、面白かった。『ハリー・クバート事件』といい、東京創元社はいい仕事をしてくれます。
・なんだかんだで続きが気になる黒猫シリーズ。来月最新刊が出るらしい。

2014年のベスト本は、こちら!


苦手な幻想小説なのに、読みやすく、ストーリー性もあって面白かったので。

ここできちんと感想を書けたのは3作品だけですが、ブクログの方にはちょこちょこメモを残したりはしています。
本当はきちんと記事にしたいんですけど、書く時間よりも読む時間を優先したくて。さくさく文章を書ける人がうらやましい!

» read more...
Trackback [0] | Comment [0] | Category [まとめ] | 2015.11.22(Sun) PageTop

2013年に読んだ本

(とっても今さらですが)あけましておめでとうございます。
昨年はメインである本の感想をほとんど書けず、月イチ更新すらできず、停滞気味で失礼しました。
今年もどうぞよろしくお願いします。見捨てないで〜;

ということで、恒例の年間まとめです。
昨年1年間で読んだ本は35冊。(リストは追記に。)
ここ数年はずっとこれくらいの量で落ち着いちゃってますね。もっと読みたい気持ちはあるのですが、なかなかエンジンがかかりません。
そして毎年1冊ずつ選んでいるベスト本はというと、本当に決められなくて困ってます。

感想を書いていない中で印象に残っているのはこのあたり。

『恋文』連城三紀彦
高評価されているのも納得の珠玉の短編集。中田永一が好きな人は読むといいかも。

『ローレンス・ブロックのベストセラー作家入門』
小説家を目指している人におすすめ。そうでなくても十分面白いです。この人のユーモアセンスはやっぱり好き。

『金星特急』嬉野君
ラノベはやっぱり苦手だけど、それを差し引いても面白かった!外伝が出てるようなので早く読みたいです。

『大はずれ/大あたり殺人事件』クレイグ・ライス
70年以上前に書かれたとは思えない、今読んでも楽しいユーモアミステリ。

『舟を編む』三浦しをん
辞書編纂というテーマがもう大好物。映画は未見ですが、馬締くんは完全に松田龍平くんのイメージです。

『MEMORY』本多孝好
MOMENT、WILLの二人の過去や未来が読めて満足。書きかけの感想があるので、そのうち出すかも。

『ジャンピング・ジェニィ』アントニイ・バークリー
初バークリーでした。うん、たしかにすごいかも。強烈に皮肉のきいたミステリでした。

<時間旅行者の系譜>3部作 ケルスティン・ギア
翻訳YA。タイムトラベルとラブコメがうまくミックスされていて面白かった。

うーん。面白かったな、よかったな、と思っても、文句なしに5つ星!というものがなく、どれも決め手に欠ける…。
今回は該当なしということで、ひっそりと終わりたいと思います。
・・・見捨てないで〜(2回目w)

» read more...
Trackback [0] | Comment [0] | Category [まとめ] | 2014.01.12(Sun) PageTop

2012年に読んだ本&ベスト本

気がつけば今年もあと3日。月間まとめ等もやらなかったので、1年ぶりのまとめ記事です。

まずは、今年読んだ本の一覧。下半期に追い上げはしたのですが、年間で30冊しか読めませんでした。
今年はマンガばっかり(しかも長編多し)読んでいたので、それにしてはがんばったほうかも。

※リンクになっているものは感想記事が開きます
『ペンギン・ハイウェイ』森見登美彦
『ウィンター・ホリデー』坂木司
『ストロベリーナイト』誉田哲也
『ソウルケイジ』誉田哲也
『シンメトリー』誉田哲也
『現代訳 旅行用心集』八隅蘆菴(著)/桜井正信(監訳)
『考えの整頓』佐藤雅彦
『レディ・マドンナ 東京バンドワゴン』小路幸也
『パラダイス・ロスト』柳広司
『コロヨシ!!』三崎亜記
『ハリー・ポッターと賢者の石』J.K.ローリング
『ハリー・ポッターと秘密の部屋』J.K.ローリング
『ハリー・ポッターとアズカバンの囚人』J.K.ローリング
『ハリー・ポッターと炎のゴブレット 上・下』J.K.ローリング
『ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団 上・下』J.K.ローリング
『ハリー・ポッターと謎のプリンス 上・下』J.K.ローリング
『ハリー・ポッターと死の秘宝 上・下』J.K.ローリング
『柳に風』古田 新太
『千年ジュリエット』初野 晴
『いつか、君へ Girls』
『不思議の扉 午後の教室』
『魔法無用のマジカルミッション』シャンナ・スウェンドソン
『第2図書係補佐』又吉直樹
『ダイアナ・ウィン・ジョーンズのファンタジーランド観光ガイド』ダイアナ・ウィン・ジョーンズ
『煌夜祭』多崎礼
『6人の容疑者 上』ヴィカース・スワループ
『6人の容疑者 下』ヴィカース・スワループ
『面白南極料理人』西村淳
『笑う食卓―面白南極料理人』西村淳
『追想五断章』米澤穂信

何年間も放り出していたハリーポッターシリーズを最後まで読めたというのは、かなりの達成感がありました。
翻訳が最後まで馴染めなくて苦労しましたが…。

読書ブロガーさん達がこぞって読んでいたピース又吉君のエッセイも遅ればせながら読みました。ほとんど本の紹介はしていないんだけど、妙に読んでみたくなるから不思議です。
又吉君といえば、ダ・ヴィンチ今月号での又吉×オードリー若林×星野源というすごく控えめな人たち(笑)の対談も面白かったな。

では、恒例となっている年間ベスト本の発表です!
今回はこれというのがなくて困りました…。母数が少ないというのもあるんですけどね。
これまでのベスト本に比べ、若干パンチに欠けているような…。まぁいいか。

2012年のベスト本はこちら。

『ウィンター・ホリデー』坂木司

ウィンター・ホリデーウィンター・ホリデー
(2012/01)
坂木 司

商品詳細を見る

単純に私がこのシリーズを好きなのと、また続編を出して欲しいという期待をこめて。
雑誌にスピンオフが載っていたのでそれを集めて一冊とかはありそうだけど、できれば本編も書いて欲しいな。

次点は、友人に薦められて読んだこちら。

煌夜祭 (C・NOVELSファンタジア)煌夜祭 (C・NOVELSファンタジア)
(2006/07)
多崎 礼

商品詳細を見る

ライトノベルだからか少し文章が気になる部分もありましたが、独特の世界設定がうまく活かされていて、とても面白かったです。

----

今年もなんとかブログを続けることができてよかったです(何度か広告出てしまってごめんなさい)。
コメントしてくださった方、拍手をくださった方、本当にありがとうございます。とても励みになっています。
来年もどうぞ宜しくお願いします。よいお年を!

Trackback [0] | Comment [0] | Category [まとめ] | 2012.12.28(Fri) PageTop

2011年ベスト本

今年読んだ本(再読は除く)は33冊。昨年は73冊だったので半分以下です。。量より質とも言い切れないところが悲しいですが、中にはこれはという本もありましたよ。

ということで、2011年のベスト本はこちら!

『折れた竜骨』米澤穂信

折れた竜骨 (ミステリ・フロンティア)折れた竜骨 (ミステリ・フロンティア)
(2010/11/27)
米澤 穂信

商品詳細を見る


独特の世界観が魅力的、かつ、本格ミステリとしてもファンタジーとしても完成度が高く、ボーイ・ミーツ・ガール的な甘酸っぱさもあり・・・一粒で二度も三度もおいしい秀作でした。
米澤さん、どんどん進化してる気がします。今後がますます楽しみな作家さんです。

次点をあげるとすれば、もちろんこれ。
『スーパーヒーローの秘密』シャンナ・スウェンドソン
このブログでパワープッシュ中の(株)魔法製作所シリーズ、待ちに待った最新刊でした。そしておそらく最終巻。。これで終わってほしくないという気持ちでいっぱいですが、全5冊、まとめ読みにはちょうどいいボリュームではないでしょうか。未読の方は是非!

年間まとめもこれでもう4回目なのですね。
なかなか更新ペースが安定しないですが、見捨てずお付き合い頂ければ幸いです。
皆さま、良いお年をお過ごしください。

Trackback [0] | Comment [4] | Category [まとめ] | 2011.12.29(Thu) PageTop


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。