[Category] 作家別:か行

old ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

『ジェネラル・ルージュの凱旋』海堂尊

俺を裁くことができるのは、俺の目の前に横たわる、患者という現実だけだ

ジェネラル・ルージュの凱旋ジェネラル・ルージュの凱旋
(2007/04/07)
海堂 尊

商品詳細を見る


『チーム・バチスタの栄光』『ナイチンゲールの沈黙』に続く、田口・白鳥シリーズ第3弾。

前作『ナイチンゲール~』と時を同じくして起こっていた、もう一つの事件。
不本意ながらリスクマネジメント委員会委員長を拝任した田口の元に、救命救急センター部長の速水が収賄しているという告発文が届きます。”ジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)”と称されICUに君臨するカリスマであり、旧友でもある速水を援護すべく、田口は東奔西走するのでした。

ジェネラルかっこいい!!その一言に尽きます。
普段の一見フザけたように見える言動と、救命救急のスペシャリストとしての一面と、どちらもかなり魅力的。そりゃモテるわ~。ギャップに弱い女子にはたまりません。各所で絶賛されているのも納得です。
私のお気に入りである田口も思った以上に活躍しますし、白鳥はあいかわらずですし(笑)楽しかったです。

それでストーリーが面白いかというと、そこまででもないのですが。良くも悪くも、速水や田口、白鳥というキャラクタの魅力で押し切っている感じです。
シリーズ開始当初は医療ミステリという位置付けでしたが、本作に関してはミステリ要素はほとんどありません。告発文を誰が送ったかなんて簡単に予想がつきますしね。医療の現状を描きたい作者が、エンタテインメント作品に仕上げるための一手段としてミステリを用いただけという気がするので、それは別に気になりませんでした。ここまでキャラが立っていれば、ミステリ要素がなくても十分楽しめます。
ただし、前作でこき下ろした欠点は、ほぼそのまま今作にも引き継がれています。やっぱりこの方の文章は合わないみたい…。続編やリンクする作品群も読んでいきたいのですが、どうも二の足を踏んでしまうのでした;

既に映画化・ドラマ化されてますね。速水役は、映画版が堺雅人、ドラマ版が西島秀俊か…。どちらもイメージ違うなぁ。
ドラマ版のタイトルは頭に『チーム・バチスタ2』ってついてるんですが…バチスタ全然関係ないし(^^; シリーズ物ってことを強調したかったんだろうけど、どう考えてもおかしいでしょ。速水が「チーム・ジェネラル」を作ったっていう設定は涙ぐましいけども(笑)

ここからちょっとネタバレです。

15年前の伝説、速水の行動は確かにめちゃくちゃかっこいいです。が、口紅に関してだけはちょっと…。
指揮官が青ざめていたら云々というのは理解できるけど、だからってねぇ。その話を聞いて「素敵ですね」ってなるのもわからない。私だったら引いちゃうかも。
そして当時も今も、いざ目の当たりにして誰も驚かないのが不思議でした(^^;

恋愛エピソードは本筋とはほとんど絡まないし、いらない気もしますね~。最後はまぁ良かったですけど。小夜の時と違って理解できる範囲だったので。完全に当て馬にされちゃった翔子には、佐藤よりも田口をお勧めしときたいです。
しかしこの病院、こんなに一度に人がいなくなって大丈夫なのか??(笑)

スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:か行] | 2011.05.18(Wed) PageTop

『レヴォリューションNo.3』金城一紀

君たち、世界を変えてみたくはないか?

レヴォリューション No.3レヴォリューション No.3
(2005/04/28)
金城 一紀

商品詳細を見る


再読です。『レヴォリューションNo.0』を読んでやっぱり読み返したくなったので。
最初の単行本の印象が強いんですが、私はこの新装版がお気に入り。どれが誰なんだろうって考えるのも楽しいです。
あらためて読むと、デビュー作だけあって青いというかなんというか…若さに溢れたヘンな勢いがあって、シリーズの中ではやっぱりこれが一番好きですね。

自他共に認めるオチコボレ男子校の生徒達が、優秀な遺伝子を取り込むべく(?)近所のお嬢様学校の学園祭になんとか潜り込もうと画策する、というのが表題作。その他、卒業旅行費の奪還作戦「ラン、ボーイズ、ラン」、ストーカーから美女を守る「異教徒たちの踊り」と、どの話もおもしろいです。
ザ・ゾンビーズはおバカな発想とフットワークの軽さも魅力ですが、なにより男の友情っていいなぁと思わせてくれるんですよね。ヒロシのお見舞いに行って皆がさっと定位置につく様子とか、わざと負ける方に賭けて夕食を奢るとか、さりげない優しさにグッときます。最弱のヒキを持つ男・山下がミスしたときの皆の反応も素敵ですし。

余談ですが、舜臣の「(ヒロシが首相になったら)SPになってやるよ」みたいなセリフにニヤニヤしちゃいました。後に映画『フライ,ダディ,フライ』で舜臣を演じた岡田君が『SP』やるわけで、なんだか偶然とは思えないですね。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:か行] | 2011.04.06(Wed) PageTop

『レヴォリューションNo.0』金城一紀

ザ・ゾンビーズが帰ってきた!

レヴォリューションNo.0レヴォリューションNo.0
(2011/03/01)
金城 一紀

商品詳細を見る


シリーズ4作目にして、ザ・ゾンビーズがまだ1年生だった頃の話です。
主人公(南方でしたっけ?)と舜臣、ヒロシ、山下、萱野が仲間になるまでの話なのかと思っていたら、既に親友と呼べる間柄になっていて拍子抜け。仲間にはなっていたけど、まだ何も成し遂げてはいない彼らが、初めて誰かのために活動する話なのです。

相変わらず不運な山下や、アギーのフェロモンに堕ちそうになってる主人公がお約束でおもしろかったです。
ただ、いつもの変な格言がなかったのは楽しみにしていただけに残念。主人公の淡々とした雰囲気が好きだったので、妙にうじうじしているのもちょっとなぁ。悟りを開く前ってことなのでしょうけれども。
それにしても、なんで班を12人にしたんでしょう。主要メンバ以外は存在を感じさせないほど描写がないのに、最後に唐突に名前が出てきて戸惑いました。しかも彼らの犠牲がどうしても必要だったかというと、そうは思えないし(鉄格子に足をかければ良かったのでは…)。
とはいえ、ここから始まったというべきドクター・モローのあの一言が出てきたときはニヤリとしました。『レヴォリューションNo.3』を読み返したくなること間違いなしです。

長編はともかく短編ならまだこのシリーズを続けられそうな気がするのですが、完結編と言い切ったからにはもう書く気がないんでしょうね。。
『SP』も今度の映画で完結するようですし、次回作がどうなるのか気になります。
できればまたおバカな青春ものを書いてほしいのですが。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:か行] | 2011.03.07(Mon) PageTop

『花よりもなほ』是枝裕和

仇討ちは武士の務め。…でも仇討ちしない人生だってある。

花よりもなほ (角川文庫)花よりもなほ (角川文庫)
(2008/05/24)
是枝 裕和

商品詳細を見る


以前に感想を書いたこともある、映画『花よりもなほ』の原作小説です。
脚本・監督の是枝さん自身が書いているのですが、小説としての出来は微妙なところ。映画が良すぎるので、あの空気感が表現されきれていないのが物足りないのです。どうせなら脚本をそのまま戯曲として出版した方がよかったかも…?
映画を観ていないとわかりずらい箇所もあるので、先に観てから読むのがおすすめです。

宗左がまだ故郷にいる頃の話や、貧乏長屋の人たちとの出会いなど、映画にはないエピソードも書かれてあります。仇の居場所を知るタイミングなんかもちょっと違うかな。表情だけで内面を表現されていたところは、具体的に何を考えていたかがわかるので、解釈が違ったのも含めてなるほど~という感じです。
実際に役者さんがしゃべるおもしろさにはかないませんが、ふざけた掛け合いはやっぱりおもしろい。長屋の男たちのバカな会話に癒されます。
長屋メンバー以外では宗左の叔父さんが好きですね。映画では石橋蓮司さんが本当にいい味出してるんですよ~(笑)

あとがきに、監督がこの話を思いついたきっかけが書いてありました。9.11や父親の死という暗い出来事からこんな爽快なお話を生み出したというところが、まさにこの話のテーマにも通じていたりして、興味深かったです。
この映画が好きなら読む価値ありですよ。


Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:か行] | 2011.02.19(Sat) PageTop

『wonder wonderful』河上朔

思いがけず飛び込んだ世界で、様々な人たちと出会い、繋がっていく。

wonder wonderful 上wonder wonderful 上
(2008/09/13)
河上 朔

商品詳細を見る
wonder wonderful 下wonder wonderful 下
(2008/09/13)
河上 朔

商品詳細を見る


何度も異世界にトリップし、若き国王の恋人となった妹・ひなた。妹の話に興味を持ちながらも、異世界なんて他人事と思っていた姉・こかげ。ごく普通に仲の良い姉妹の来訪は、王室に大きな波紋を呼ぶことになるのでした。

元はオンライン小説です。私が読み始めた時はまだ連載中で、後でまとめて読もうと思ってそのまま忘れてしまっていたら、いつの間にか書籍化されていました。かなり人気のある作品だったみたいです。
主人公の一人称は読んでて気恥ずかしいものがあるし、文章だったり、設定の甘さだったり、つっこみ始めるといろいろあるのですが、それを差し引いても好きな作品です。

まず、若くて行動力のある妹ではなく、しっかり者で現実主義な姉の方を主人公としたところがおもしろいです。
こういうファンタジーで見知らぬ土地で無一文だった場合、親切な人が助けてくれるのは定石ですが、この話の主人公こかげは、それを当然とは考えません。働かざるもの食うべからずと言わんばかりに、どうやって自活していくかを考える人なんです。仕事の進め方を見ていても、社会人としての考え方が出来上がっている自立した女性だということが伝わってきます。
こかげの28という年齢設定も絶妙でした。ひなたのように後先考えないで突っ走ることはできないけれど、達観してしまうこともできない。特に同い年のシルヴィ嬢との友情は、この年だからこそ深まったような気もします。
最初から最後までキャラがブレなかったのはさすがです。が、もうちょっと自分に甘くってもいいんじゃない?と言いたくなることも。特に最後が…大人としては正しい見解なんでしょうけど、うぅ~せつない。

こかげ以外の登場人物もかなり魅力的です。
私のお気に入りはもちろん隊長(下巻表紙の二の腕が素敵すぎる…!)。デキる男はやっぱりかっこいいです。この人も大人だなぁと思うけど、あらためて読み返してみるとけっこうわかりやすかったり。
男性キャラは、隊長のように頼りがいのある男から、ラシュ・シーリー・ヨーサムと3種3様の弟タイプ、イルサムさんやノインさんといった渋好みキャラに至るまで、あらゆるタイプが揃っているので、誰かしらお気に入りが見つかると思います(笑)
サイトを見ると、ヨーサムが隊長に次いで人気みたいですねぇ。だから必要以上に見せ場が多いのかしら??
挿絵だとひなたと王家の二人が地味に見えちゃうのは残念ですね…黒髪だからか?キラキラしたオーラがないよ(^^;

上下巻なうえに二段組とかなりの分量なのですが、読みやすいのでそれほど長さを感じませんでした。
とにかく心理描写がきめ細かいです。ある言動を取るうえで、どういう思考にもとづいてそうするのか。話が進行するにつれての感情の変化とその理由。などなど、かなり掘り下げて書かれてあるのが印象的でした。

今でもオンライン版は全編そのまま公開されているようです。が、誤字脱字や誤用がちょこちょこあって読みにくかった記憶があるので、読むなら書籍版がおすすめです(分量もハンパないですし…)。
ただ、サイトにしか載っていない小話もあるので、要チェックです!

therehere http://here.x0.com/there/
(textというところで読めます)

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:か行] | 2010.11.15(Mon) PageTop


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。