[Category] 作家別:や行

old ≫

『パラダイス・ロスト』柳広司

ついに結城中佐の過去が明かされる?!シリーズ第3弾。


パラダイス・ロストパラダイス・ロスト
(2012/03/24)
柳 広司

商品詳細を見る

大日本帝国陸軍内に極秘裏に設立された、スパイ養成学校“D機関”。「死ぬな。殺すな。とらわれるな」―軍隊組織を真っ向から否定する戒律を持つこの機関をたった一人で作り上げた結城中佐の正体を暴こうとする男が現れた。英国タイムズ紙極東特派員アーロン・プライス。だが“魔王”結城は、まるで幽霊のように、一切足跡を残さない。ある日プライスは、ふとした発見から結城の意外な生い立ちを知ることとなる―(『追跡』)。ハワイ沖の豪華客船を舞台にしたシリーズ初の中篇「暗号名ケルベロス」を含む、全5篇。
(「BOOK」データベースより)


3作目にしてちょっとマンネリ化してきた感はあります。それでも話の中に潜むスパイや結城中佐の影を見つけてニマニマしつつ、一気に読み終えました。
記者が結城の過去を探る『追跡』が一番おもしろかったかな。最後の終わり方も清々しくてよかったです。
『誤算』『失楽園』はもう一捻り欲しかった。D機関の人たちの凄さはもう十分わかっているので、ちょっとやそっとじゃ驚かなくなっているんですよね(^^;
『暗号名ケルベロス』は初の中編ということですが…う〜ん、あえて前後編にするほどの内容ではないかも。

前作からもう2年以上経つんですね。シリーズ物なんだけど、前作までの内容を全く覚えていなくても気軽に読めるところがいいです。というか読み終わったそばから忘れていくのはやはりスパイの仕業…。

今やなんでもかんでも実写化されてますが、このシリーズも当然のごとく目をつけられてるんでしょうねぇ。
真っ当なスタッフ・キャストなら観てみたい気もします。全6話くらいで。

Trackback [1] | Comment [4] | Category [作家別:や行] | 2012.07.01(Sun) PageTop

『現代訳 旅行用心集』八隅蘆菴(著)/桜井正信(監訳)

おそらく江戸時代の旅行者たちのバイブルだったと思われます。

現代訳 旅行用心集現代訳 旅行用心集
(2009/09)
八隅 蘆菴

商品詳細を見る


本屋で偶然出会った一冊。その名の通り、江戸時代の旅行ガイドの現代語訳です。
私はめったに旅行をしないのでガイドブックの類を読むことも殆どないのですが、ふとこの本に興味を惹かれ…実際に読んでみると読み物としても面白かったです。
この本が出版された江戸末期は、旅行というものが大衆化した頃だそうで、庶民もお伊勢参りなんかを楽しんでいたみたい。今とは違い、時間もかかれば命の危険も伴うものなので、多くの人にとっては一生に一度の一大イベントだったのではないかと想像します。

本の内容はというと、旅をする際に気を付けるべきポイントやアドバイスが箇条書きで示してあります。また、関所の一覧や諸国の温泉の効能を紹介した頁などもあり、かなり実用的。
荷物はなるべく少なくしなさいだとか、前日に出立の準備をしてから寝なさいというような、時代背景が異なっても普遍なアドバイスもあれば、馬や籠についての記述などはこの時代ならではですね。女性が世慣れしていない様子も伝わってきます。
また、そんなことまで?というような事細かい注意事項は、言い回しのせいもあるのでしょうが、どことなく可笑しくて。

一 とりわけ疲れたときには、熱い風呂にいつもより長く入れば、疲れはとれる。ただし入浴中に顔を何度も洗ってはいけない。顔を何度も洗うとのぼせてしまう。

一 旅の連れはせいぜい五、六人程度までがよい。大勢で行くのはよくない。人はそれぞれ考えることが違うから、大勢で長旅をすると、きっとうまくいかない者が出てくるものだ。


諸注意というよりも”旅行あるある”だよなぁと(笑)。
大酒を飲むことについての注意がやたらと多いのも気になるところです。昔の人はお酒の失敗でどれだけ命を落としていたんだか。
船酔いについての項になると急に迷信じみた記述が並んだり、お守りにすると良いという”白澤の図”もかなりのインパクトで笑ってしまいました。

これまた偶然なのですが、ちょうどこの本を読んでいるとき、旅行会社で少しだけ働くことになりました。
昔に比べてはるかに気軽に旅が出来るようになったとはいえ、飛行機や車、ホテルの手配、食事や観光場所の選定など、準備はやはり大変です。それも予定通りに進めばいいけれど、イレギュラーな事態はどうしても発生するものですしね。
色々な国の方を見ましたが、私の印象では予定が狂ってイライラしているのは大抵日本人でした(^^;
この本でも、思い通りにならないことがあっても我慢しなさい、というようなことが書かれてありました。私もイライラしがちな性格なので、今度旅行する際には心に留めておきたいです。

Tag 実用
Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:や行] | 2012.05.01(Tue) PageTop

『パパは今日、運動会』山本幸久

会社で運動会やってるとこってどれくらいあるんだろう。

パパは今日、運動会パパは今日、運動会
(2011/07/09)
山本 幸久

商品詳細を見る


(株)カキツバタ文具で初めて行われた社内運動会。渋々参加する人、やる気満々な人、競技にかこつけて日頃の鬱憤を晴らそうとする人等々、そこには普段仕事場では見られない同僚の姿が垣間見られます。

山本幸久さんといえばお仕事小説。特に”会社にいるヘンな人”を描くのがうまいんですよね。今回も、一癖も二癖もある人たちが登場します。そして、どんなに嫌なヤツでも見方を変えれば良いところがあるもんだ、と思わせてくれるのもいいですね。

イベントを通してはじめて見えてくる意外な本性というのはあるものですが、そこに運動会を持ってきたのはなかなか上手いと思いました。家族連れの人は家庭での立ち位置がなんとなくわかったり、服装ひとつとっても個性があらわれています。
借り物競争がおもしろかった~。おばちゃんのバッグは最強(笑)そして、お調子者の実行委員が冗談で入れたあんな指示を実行しようとする馬鹿がいるなんて。それを知って入れた張本人が青くなってるのも可笑しかったです。

登場人物が多くて盛り上がる場面が散っちゃったのがちょっと残念。もう少し主要キャラを減らすか、一人一人を掘り下げてもらえたらなお良かったかな。タイトルは誰目線なんだろう?

どうでもいいことだけど、"トーキョーハンズ"ってわざとなのかしら。ドン・キホーテは実名そのままだからもじっているわけではなさそうだし…まぁ間違えてそう呼ぶ人ってけっこういそうだけど。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:や行] | 2011.10.30(Sun) PageTop

『折れた竜骨』米澤穂信

天然の要塞ともいえる小島で起きた殺人事件。暗殺騎士に操られているのは一体誰なのか!?

折れた竜骨 (ミステリ・フロンティア)折れた竜骨 (ミステリ・フロンティア)
(2010/11/27)
米澤 穂信

商品詳細を見る


12世紀末の欧州を舞台に展開するフーダニット(犯人探し)。特設ページに相関図、地図があります。
領主の娘アミーナは、父親を暗殺した犯人を探すため、別の理由から犯人を追っている騎士ファルクに協力を仰ぎます。アミーナ、ファルク、そしてファルクの弟子ニコラの3人で、少しずつ真相を明らかにしていきます。

おもしろかった~!本格推理小説を読み慣れていない私でも大丈夫でした。時代設定や架空の島を舞台にしていることもあって、「こんな建物、建築基準法でアウトだろ…」とか余計なことを考えずに済みます(笑)
魔術や呪いなどファンタジックな要素もあるのですが、推理はあくまでも論理的に行われます。人智を超えた力が出てきても可能性が無限に広がらないよう制約条件を提示するなど、綿密にプロットが練られているのはさすがです。(間違ってもこんなことにはならないのでご安心を…笑)

推理小説としてはもちろん、設定やキャラクタが魅力的なので、ファンタジー小説としても楽しめるところが良かったです。せつなく、ほろ苦い、けれども希望のあるラストは米澤さんの持ち味ですね。
『儚い羊たちの祝宴』といい、その才能にあらためて感服しました。こういう作り物めいた世界の方が、より本領を発揮するような気がします。


以下は、完全ネタバレ(犯人の名前も書いてます)のため、未読の方はご注意ください。


» read more...
Trackback [1] | Comment [2] | Category [作家別:や行] | 2011.05.12(Thu) PageTop

『儚い羊たちの祝宴』米澤穂信

読書クラブ「バベルの会」に集う良家の子女達。その周りで起きた事件の顛末。

儚い羊たちの祝宴儚い羊たちの祝宴
(2008/11)
米澤 穂信

商品詳細を見る


書き下ろし1篇を含む5篇を収録した短編集です。それぞれの話は独立していますが、いずれも名家にまつわる事件だということ、そして「バベルの会」の名前が出てくるという共通点があります。気になる英語タイトルは”The Babel Club Chronicle”。
ラスト一行の衝撃にこだわったという宣伝文句にも納得でした。

昭和初期と思われる古めかしい時代背景に、立派な屋敷やそこに住む一族、使用人達。暗く湿っぽく、あやしい感じがとてもいいです。言い方を変えれば似たような雰囲気の話ばかりなのですが、展開や動機が独特なので退屈しません。
米澤さんの本には、変わった名前と繊細な心を持つ少年少女達がよく出てくるのですが、あまりにも作り物めいていて「こんな喋り方する子いないよ…」なんて思ってしまうこともありました。でもこの本では、これくらいやりすぎ感のある方が雰囲気があってよかったと思います。

「身内に不幸がありまして」
なんか読んだことある気がするなと思ったら、お嬢様と世話係の女の子という設定が「玉野五十鈴の誉れ」と似ているんですね(主従関係は真逆だけど)。「バベルの会」が共通キーワードだというのも、ここで気がつきました。
とにかくタイトルが素晴らしいです。思わず溜息が出てしまうほど。

「北の館の罪人」
誰が善人で誰が悪人なのか、探り探り読みました。いくつか消化不良な部分があったような気もするのですが、たぶん真相とは関係ないのでよしとします。
最後のセリフ、ぞくぞくしました。

「山荘秘聞」
真相というかトリックは、かなり雑な感じなのですが(笑)やはり最後の一文に尽きますね。壮大なブラックジョーク。
以前に仕えていたという前降家の話も読んでみたくなりました。

「玉野五十鈴の誉れ」
これは以前『Story Seller』で読んでいたのですが、なぜか肝心のオチだけ忘れていて、まんまとドキッとしてしまいました。どこまで深読みするかはご自由にということなのだろうけど、怖いなぁ。
主人公の身に降りかかる出来事だけでも、なかなかの読みごたえがあります。

「儚い羊たちの晩餐」
これまでの4篇に依存関係はなかったのですが、総括にあたるこの話には、他の話に出てきた名前も登場します。
連綿と続く名家ではなく、成り上がりの一家が舞台というのもあって、他とは趣きが違いました。ホラーテイストな一篇です。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:や行] | 2010.11.29(Mon) PageTop


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com