[Archive] 2012年08月


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

『ドライビング Miss デイジー』

ユダヤ系の未亡人と黒人の雇われ運転手との交流を描いたドラマです。


ドライビングMissデイジー [DVD]ドライビングMissデイジー [DVD]
(2002/02/22)
ジェシカ・タンディ、モーガン・フリーマン 他

商品詳細を見る


自ら運転していて事故を起こしたデイジーの元に、息子が雇った運転手ホークがやって来ます。最初はホークを拒絶していたデイジーでしたが、ついに根負けし、そこから少しずつ二人の友情が築かれていきます。
ホークが来てからの25年間のエピソードがユーモアを交えて描かれ、特筆すべき何かがあるわけではないのですが、不思議と退屈しません。一癖ある性格のデイジーと、どこか図々しいホークが面白いです。鮭缶のエピソードは笑ってしまいました。
舞台はアメリカ南部、人種差別が色濃かった時代。そのあたりも物語の中にさりげなく織り込まれています。旅先での警官の態度やユダヤ教会の爆破事件などを目の当たりにして何かを思うデイジー。キング牧師の"無意識の差別"についての演説を聴いた時の表情が印象的でした。

デイジーは息子もいるのにMissってどういうこと?と思い調べてみたら、未婚女性だけでなく寡婦もMissなんだそうです。知らなかった。

スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [4] | Category [映画] | 2012.08.12(Sun) PageTop


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。