[Archive] 2013年01月


スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

『詭弁 走れメロス』

アトリエ・ダンカン ブロデュース青春音楽活劇『詭弁 走れメロス』を観てきました。
原作は森見登美彦『新釈 走れメロス』の表題作です。森見さんのブログで知り、なんとか行けそうな日があったので前日にチケット予約して…となかなか慌ただしい2013年初観劇となりました。

”絶対に約束を守らない”という形で友情を証明すべく走る『走れメロス』。詭弁論部、図書館警察、パンツ番長、猫炒飯、などなど森見作品ではお馴染みの要素がてんこ盛りの馬鹿馬鹿しくも面白いお話です。
原作ものって不安の方がが大きかったりするのですが、これに関しては舞台としてどうアレンジするのか純粋に楽しみでした。

上演前は「My Favorite Things」が流れます(そうだ京都いこう、のあの曲ですね)。
幕があいて驚いたのは、舞台上にヴァイオリンを生演奏する方がいたこと。そういえば頭に青春音楽活劇ってついていたなとここで思い出し、ということは歌も歌ったりするのかしら?と思ったら、やはりありました。
おもむろにマイクを持って歌い出す歌謡ショーが全部で3回くらいあり、楽しかったです。なかでも「詭弁、詭弁♪」のフレーズはいまだに耳に残って離れません(笑)

朗読劇ではないものの、原作の文章をほぼ全て読み上げる形になっており、あの独特の文体を覚えて早口でしゃべるのは本当に大変そうでした…。
面白いだろうと思ったシーンがそうでもなかったり、かと思えば意外なところで笑えたり、読んで笑える言葉と口に出して笑える言葉はやはり違うんだなぁと感じました。
ストーリーやセリフは原作通り(多少アドリブみたいなのはありましたが)でしたが、演出面では舞台ならではの仕掛けが楽しく、それほど広い舞台ではないのにちゃんと疾走している感じが出ていましたよ。

クライマックスシーンはというと、二人ともガリガリというよりは細マッチョなので、貧弱な体にブリーフ一丁という意味での面白さはなかったのですが、イケメン俳優が堂々とブリーフを履いてシュールな踊りを踊るという違う意味での残念さが加わり、なんともいえない独特の空気感でした(笑)

終演後のイベントコーナーも和気藹々として楽しかったです。役者さんたちがとにかく楽しそうに走り回っているのが印象的な舞台でした。
公演あと何日かあるようですし、当日でもチケット買えるみたいなので、興味があれば是非〜

スポンサーサイト
Trackback [0] | Comment [0] | Category [舞台] | 2013.01.13(Sun) PageTop


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。