スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

『マルドゥック・スクランブル』冲方丁

カジノでの対決シーンが見物です。

マルドゥック・スクランブル―The First Compression 圧縮 (ハヤカワ文庫JA)マルドゥック・スクランブル―The First Compression 圧縮 (ハヤカワ文庫JA)
(2003/05)
冲方 丁
商品詳細を見る
マルドゥック・スクランブル―The Second Combustion 燃焼 (ハヤカワ文庫JA)マルドゥック・スクランブル―The Second Combustion 燃焼 (ハヤカワ文庫JA)
(2003/06)
冲方 丁
商品詳細を見る
マルドゥック・スクランブル―The Third Exhaust 排気 (ハヤカワ文庫JA)マルドゥック・スクランブル―The Third Exhaust 排気 (ハヤカワ文庫JA)
(2003/07)
冲方 丁
商品詳細を見る


確か『文学賞メッタ斬り!』シリーズのどれかで絶賛されてたんだったかな。なんとなく気になっていたので読んでみました。
『The First Compression 圧縮』『The Second Combustion 燃焼』『The Third Exhaust 排気』の全3巻で、命を狙われた少女娼婦バロットが、ウフコックという最大のパートナーを得て敵と戦っていくというストーリー。
私はライトノベルもSFもほとんど読まないので、独特の雰囲気に慣れるまでは戸惑いました。ルビの多さもそうだし、抽象的な表現の連続に挫けそうになることも…。でも、それさえ乗り越えればおもしろく、一気に読んでしまいました。

戦い方は様々で、銃撃戦あり、法廷戦争あり、カジノ勝負あり、と楽しませてくれます。特におもしろかったのが、2巻から3巻にかけてのカジノシーン。スロットに始まり、ポーカー、ルーレット、ブラックジャックと、それぞれにハイライトシーンがあり、飽きさせません。ボーカーやブラックジャックは子供の頃に家でよく遊んでいたので(賭けるのはマッチ棒でしたけど)、久しぶりにやりたくなりました。
キャラクターも立っていて、合間にかわされるドクターとウフコック、バロットの会話が楽しいです。

バロット達のその後、読みたいです。シリーズ2作目の『マルドゥック・ヴェロシティ』はウフコックとボイルドの過去の話だそうなので、読むかどうかちょっと迷いますね。なんか暗そうで;

Tag SF
Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:あ行] | 2010.03.24(Wed) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。