スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

ゲキ×シネ『蜉蝣峠』

『薔薇とサムライ』に行って以来、新感線を観たい病に陥ってしまい、、、家にあるDVDもいいけれど、ここは観たことのない作品がいいなと思い、ゲキシネで『蜉蝣峠』を観てきました。

主演は古田新太、客演に堤真一や高岡早紀を迎え、脚本は『メタルマクベス』以来となる宮藤官九郎、という豪華な組み合わせです。
自分の名前以外は何も覚えていない男・闇太郎は、元旅役者の銀乃助に誘われ、ろまん街という寂れた町を訪れる。そこにいたのは、立派と天晴という二人のヤクザと、闇太郎の幼なじみだったというお泪。なぜ記憶を失い蜉蝣峠にいたのか、闇太郎の過去がしだいに明らかになっていく…。
笑えて楽しいシーンもありますが、全体的には暗くじめっとした印象の作品でした。

宮藤さんの脚本、好きなものはめちゃくちゃ好きなんですけど、ここ数年は合わないなぁってことが多くて。。特に舞台はその率が高いので悲しいです。今回も、キャラクターとか謎の多いストーリーとか、おもしろい所はいっぱいあったんですが、差別用語を連発してたり、シモネタがお下劣すぎて全然笑えなかったり、あまり好みではなかったかな。
個人的に残念だったのは、古田新太さん演じる闇太郎の髪型。なんでか知らないけど全く受けつけませんでした。。。同じく苦手だったのが立派の親分・橋本じゅんさんのメイク。二人とも好きでつい目がいってしまうだけに辛かった^^;
天晴役の堤さんはというと、こちらも髪型がポニーテールっていうのがあんまりだったかなぁ。好きな人は好きなんだと思うんですけど。堤さんは、野獣郎の時の姿がもうもう格好良すぎたので(私の好みど真ん中)、ハードルあがってしまってますねぇ。

もちろん見所もたくさんありました。
古田さんと堤さんの殺陣はやっぱりかっこいいです。殺陣の動きの中にそれぞれの感情が見え隠れして、さすが魅せるお二人です。あ、シャモリさんも良かったです(笑)
あと、銀乃助役の勝地くん。ストーリーとの絡みが中途半端だったのが残念だけど、こういう突き抜けたおバカキャラをやらせると本当にかわいいですね。
演出面では、スクリーンと映像を使うのが上手い新感線らしく、今回もおもしろい使い方をしていました。セットの角度を変えて同じシーンを再現するっていうのも新鮮で良かったです。

余談ですが、劇場はオープンしたての映画館、横浜ブルク13でした。予想はしてたけど慣れないスタッフがなかなかのダメっぷり。。来月の『髑髏城~』とかも観たいと思っているので、それまでに改善されるといいのですが。

ゲキシネ 蜉蝣峠 公式サイト http://www.kageroutouge.com/

Trackback [1] | Comment [0] | Category [舞台] | 2010.03.29(Mon) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

『ゲキ×シネ 蜉蝣峠』お薦め映画

おトク感いっぱいで劇場を後に出来る。 そして次は是非「劇団☆新感線」を生で観たいと思うだろう。 最近舞台を観たくても観られない私としては、こういうスクリーン版が見られるだけで単純にうれしい。

2010.04.01(Thu) 23:36 | 心をこめて作曲します♪ | ▲PageTop



Comment

Private

 


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。