スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

『クローディアの秘密・ほんとうはひとつの話』E.L. カニグズバーグ

有名な児童文学ですが、そういえば読んだことありませんでした。

クローディアの秘密・ほんとうはひとつの話 (カニグズバーグ作品集 1)クローディアの秘密・ほんとうはひとつの話 (カニグズバーグ作品集 1)
(2001/12)
E.L. カニグズバーグ

商品詳細を見る


女の子が家出してニューヨークのメトロポリタン美術館にこっそり住む、というあらすじは知っていましたが、最後そういう展開になるとは。
前半は、家出にむけての準備や、実際に家出してからのあれこれが描かれ、子供の頃に読んだらさぞかしワクワクしただろうなという内容。私たちとは時代や文化が違うこともあり、翻訳も昔っぽいので多少の違和感はありますが、いかにも都会の子供らしい言動にはにやっとさせられます。
そして後半、クローディアが出会う人物との会話に、この物語の真髄があります。クローディアの「家出前とは違うクローディアになって帰りたい」という願いに対する見事な答えには、素直に感心しました。そしてこの話に仕掛けられたサプライズにも。

表題作の他に、4つの短編が収められています。おばあちゃんと星を観に行く話が特によかったなぁ。それぞれ全然別の話なのに『ほんとうはひとつの話』ってどういうこと?と考えるのもおもしろいです。

Tag YA
Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:海外] | 2010.04.21(Wed) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。