スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

『風流冷飯伝』米村圭伍

冷飯達の活躍(?)を描いたユーモア時代小説。

風流冷飯伝風流冷飯伝
(1999/06)
米村 圭伍

商品詳細を見る


冷飯食いとは、武家に生まれながらも長男ではないため働くこともできず、小遣いをもらって生活している次男坊・三男坊などのこと。そう聞くと「気楽なニートね」と思ってしまうかもしれませんが、本人たちはそれなりに苦労しているみたいです。

序盤はストーリーらしいストーリーもなく、江戸から来た太鼓持ち一八が、風見藩の変なしきたりと呑気な冷飯たちに呆れる姿を描いているだけ(これはこれで漫談のようでおもしろいのですが)。
ところが、一八の正体や風見藩の人達の一風変わった行動の意味など、徐々に全貌がみえてくると、これまでの小話が全て繋がっていることがわかり、なかなかよく練られたプロットだということがわかります。まさか一八の特技があんな形で荒療治として役に立つとは(笑)将棋の試合での決着のつけ方も、そうきたかと感心しました。
登場人物がまた個性的でおもしろいです。一八と最初に知り合った数馬は天然、兄はのほほんとしていて、義姉がかなりいい味を出しています。謎の小間物屋・政之助はおバカで笑えるし、美男子に群がるファンクラブの名前と由来もそれぞれおもしろかったなー。
そして、身も蓋もないシモネタの連発には、若干引きながらもついつい笑ってしまいました。二段落ち三段落ちに加え、時代物ならではの隠語を駆使した独特の言い回しがおもしろくて。政之助が一八と同じ宿に泊まった時の悪夢には爆笑。

風見藩の話は『退屈姫君伝』シリーズへと続き、番外編では一八や数馬も出るらしいです。そちらも楽しみ。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:や行] | 2010.05.13(Thu) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。