スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

泥棒バーニイシリーズ ローレンス・ブロック

軽妙洒脱な会話が魅力の人気シリーズ。難しいことは考えず、ただ楽しみましょう。

泥棒は野球カードを集める―泥棒バーニイ・シリーズ (ハヤカワ・ポケット ミステリ)泥棒は野球カードを集める―泥棒バーニイ・シリーズ (ハヤカワ・ポケット ミステリ)
(1996/09)
ローレンス ブロック

商品詳細を見る


夏から読み始めて、先月ようやく既刊の10冊すべて読み終わりました。1作目はなんと30年も前ですが、昨年に最新刊が出ているので、まだ続きそうな気もしますね。

天性の泥棒、バーナード・ローデンバー(通称バーニイ)がニューヨークを舞台に様々な事件を解決していくミステリシリーズ。話のパターンは大体いつも決まっていて、あるところに泥棒に入ったバーニイが事件に巻き込まれ、窮地を脱するためになぜか推理する羽目になります。
事件の背景やトリックに毎回違いはあるものの、ミステリとしては今ひとつ。はっきりいって犯人探しにはあまり興味をそそられません…。

このシリーズの魅力は、なんといっても会話とシチュエーションです。
バーニイが親友のキャロリンや刑事のレイ、あるいは古本屋の客たちと交わす冗談まじりの(ちょっと駄洒落や下ネタ比率が高い)会話はかなりおもしろいです。これは訳者の田口俊樹さんの功績でしょう。訳者あとがきもおもしろいですよ。
また、バーニイが毎度のように指名手配されたり女性にふられたりといった”お約束”にも、にやっとさせられます。お約束とマンネリは表裏一体なので飽きられることも多いですが、私は好きです。

出てくるキャラクターがみんな個性的なのも楽しみの一つ。毎回新しい人があらわれる中で、気づいたらレギュラーになっている人がいたり。
読み始めるまでは、バーニイってもっとストイックなタイプだと思ってたんですよ。伊坂作品の黒澤のような。でも実際は、ヘマして警察につかまるわ、女に弱いわ、駄洒落ばっかり言うわ、意外と普通の人で(笑)見た目には気を遣っているようだから、怪盗紳士ルパンとルパン三世のちょうど間くらい??

30年続いているといっても、ストーリーの中ではそんなに経っているわけじゃありません。バーニイの年齢からいって5~6年くらい経ってはいるのかな。このシリーズでよく使われるのが固定電話・電話帳・番号案内なんですが、この十数年の間に携帯電話が普及して、作者のブロック氏は困っているんじゃないでしょうか。

ポケミス版は持ち歩きに便利なので、電車で読む用としてもおすすめですよ!

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:海外] | 2008.12.14(Sun) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。