スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

『ナイチンゲールの沈黙』海堂尊

『チーム・バチスタの栄光』に続く、田口・白鳥シリーズ第2弾。

ナイチンゲールの沈黙ナイチンゲールの沈黙
(2006/10/06)
海堂 尊

商品詳細を見る


後から知ったんですが、けっこう評判悪かったみたいで。たしかに前作ほどの魅力はなく、欠点ばかりが目についてしまった感があります。
作者の意図はわかるのだけど、その表現の仕方がスマートじゃないんですよね。文章力というよりもセンスの問題なんだと思いますが。
例えば、今回も大学病院や医療の問題点がいろいろと指摘されています。医療現場におられる海堂さんだからこそ書かずにはいられないのでしょうけど、力が入りすぎて他の部分とのバランスがとれておらず、ちぐはぐな感じがしてしまうのが残念でした。
また、舞台となっている桜宮市は田口・白鳥シリーズだけでなく他の作品の舞台でもあるようで、本書の中にも他作品とリンクする描写がたびたび出てきます。こういうのって下手するとあざとくて鼻についてしまうのですが、これも例外ではなく。
後半のキャラクタを全面に押し出した本筋と関係ないやりとりの数々も、ちょっとしつこかったかなぁ。そもそも濃いキャラが多すぎ、そこに時間を割いているので肝心のストーリーが疎かになっている気がしました。容疑者たちの心理描写が全然足りていないですもん。
それもあって、小夜の最後の決断にはかなりモヤモヤ。。前作の桐生と鳴海みたいな関係になってしまうだけだと思うんだけど…うーん。

欠点とまでは言えませんが、時々ものすごくキザなセリフが出てくるのがどうしてもダメでした(笑)登場人物たちの渾名も凝りすぎててちょっと恥ずかしいし。。
あと、冒頭の病院忘年会からすでに引き気味だったんですが、こんな昭和臭ただよう時代設定でしたっけ?^^;忘年会で出し物っていうのは今でもあるのかもしれませんけど、狸囃子はないでしょう…。もっとひどいのがその後で、若い女の子が「ロハ」って!私でもぎりぎり意味を知っている程度ですよ…。まさか今になって流行語になっているわけじゃないですよねぇ。
登場人物の大半は中年男性だからいいけれど、女性の描写が出てくるとどうしても違和感が。ファッション関係は曖昧にぼかして書いてくれればいいのになぁと思ったり。

ちなみにマイナス意見が多い非科学的(?)なエピソードに関しては、私は特に気にならなかったです。別にSFになってしまったとも思いませんでしたし。
次の『ジェネラル・ルージュの凱旋』は本書と同時進行の設定らしく、そちらは評判がいいようなので気持ちを切り替えて楽しみたいと思います。

関東ではチーム・バチスタ(ドラマ)の再放送が始まりました。2話まで観たところです。
田口だけでなく、桐生までキャラが全然違う^^;でも原作とは別モノと考えればまぁ許せる範囲かな。白鳥の登場の仕方(ドラマでは最初から出てくる)は原作より自然でしたし。
白鳥のキャスティングはグッジョブです!仲村トオルのそこはかとなく漂うおもしろさが好きだー(笑)原作では断然田口派な私ですが、ドラマでは白鳥から目が離せません。
こんなことならジェネラル・ルージュも録っとけばよかったなぁ。視聴率もわりといいみたいだから最終回前に全部再放送するなんてサービスもしてくれないだろうし。。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:か行] | 2010.06.03(Thu) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。