スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

『錦絵双花伝(面影小町伝)』米村圭伍

過酷な運命に翻弄される、くノ一お仙の物語。読み応えがあります。

錦絵双花伝錦絵双花伝
(2001/04)
米村 圭伍

商品詳細を見る
※文庫版では『面影小町伝』に改題。

『風流冷飯伝』『退屈姫君伝』とあわせて三部作といわれています。が、文体も趣もまったく違います。ユーモア小説だった前2作に対し、こちらはシリアスかつヘビーな伝奇小説で、かなり戸惑いました。完全に切り離してくれたらまだよかったんですが、時々思い出したようにめだか姫の話が出てきたりするので、どういうテンションで読めばいいのかわからなくなるんです。
とはいえ、渾身の一作であることは間違いなく、米村圭伍さんの新たな一面を見せつけられた気がしました。

『退屈姫君伝』に出てきたお仙が主人公です。雇い主である倉地政之助は相変わらずですが、お仙の方は江戸中の評判になるほどの美人に成長し、ついには錦絵に描かれるまでになります。現在のお仙と、序章で語られた紀州秦栖藩の事件とがどう関わっていくのか。また、お仙と並ぶ美貌の持ち主・お藤との関係は?というところが中心となって話が進んでいきます。
全体を通して暗い話なのですが、盛り上げ方が上手いので、ぐいぐい引き込まれます。伝奇小説らしい幻想的なシーンは、映像を観ているかのような感覚でしたし、展開も凝っていて、お仙に関する因縁は最初の方にヒントがあるのですぐわかっても、そこからさらにもう一捻りあることまでは見抜けませんでした。

厳しい展開の中、政之助はほっと一息つかせてくれる貴重な存在でした。ボンクラはボンクラなんだけど人の良さが滲み出ていて、今回でかなり好感度が上がりましたね。幸せになってくれて嬉しいです。アゴのせいか、脳内では一休さんに出てくる新右衛門さんのイメージに(笑)

これを読み終わったらすぐに退屈姫君伝の続編に取りかかりたかったのですが、めだか姫のあまりの能天気っぷりに、腹が立つとまではいいませんが、お仙は大変なことになってるのに…と複雑な気持ちになるので、少し間をおくことにしました。一番最後に読めば良かったなぁと後悔。
風見藩シリーズの明るい雰囲気が好きな人は、読むタイミングに注意が必要ですね。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:や行] | 2010.06.09(Wed) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。