スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

『花よりもなほ』

久しぶりに観て、やっぱり好きだなぁと思いました。

花よりもなほ 愛蔵版 (初回限定生産) [DVD]花よりもなほ 愛蔵版 (初回限定生産) [DVD]
(2006/11/24)
岡田准一宮沢りえ

商品詳細を見る


是枝裕和監督・岡田准一主演の人情時代劇です。時代劇といっても、単にロケ地が江戸だったという感じで、小難しさは一切ありません。私は時代考証なんてそもそもできないですが、そんなのが必要な作品とも思えませんし。
ただ、忠臣蔵の概要を知らないと十分に楽しめないので、そこだけ要注意です。

元禄15年、父の仇を探すため江戸に出てきた宗左(岡田准一)は、故郷からの少ない仕送りを削りつつ貧乏長屋で暮らしています。仇討ちしようとしている武士なら普通はもっとギラギラしていそうなものですが、宗左には全くそんな気配はなく、遊び人の貞(古田新太)に振り回されたり、未亡人のおさえ(宮沢りえ)に見とれたり。
武士の仇討ちが美徳とされてる時代にあって、本当にそれが良い事なのかと悩む宗左の姿が新鮮です。そして長屋の人たちが、庶民ならではの図太さを持って逞しく生きる姿が頼もしいです。仇討ち話として有名な忠臣蔵の事件をうまく絡め、最後は大団円で幕を閉じる…見終わったあと本当に清々しい気持ちになれる映画です。

好きなシーンも人物もありすぎて挙げだしたらきりがないのですが。
宗左が子供達に読み書きを教えたり、着替えを手伝ったりしてあげてるところ。私は別に岡田君ファンじゃないですが、ちょっとクラッとなりました(笑)
そで吉(加瀬亮)とおりょう(夏川結衣)が雨の中で話すシーン。加瀬君は一人だけ影のある役で、あの半目閉じたような表情がめちゃくちゃ格好良かったです。
うさんくさい浪人の平野(香川照之)もよかったし(春になると腹を切りたがるって 笑)、いつも怒っているおのぶちゃん(田畑智子)もかわいかった~。おのぶちゃんはパンフレットに書いてあるキャッチフレーズ(一人一人についてる)が”ぷんぷん”おのぶで(笑)おさえみたいに美人じゃないけど、長屋のアイドルなんですよね。
お笑い芸人がやたらと出たりするのが好きではないのですが、この映画に関しては全く気にならないというかむしろよかったです。竜ちゃん、セイジ、キムの三人組はものすごく溶け込んでいて、貞と4人でつるんでいるのが観ててほんと楽しかった。特に大家が来たときに鍋食べてるところが好きでした。

DVDのオーディオコメンタリーは必聴。あの古田新太が映画を出演者を褒めちぎってます。みんな進坊のこと好きすぎ(笑)
あと今知ったのですが、是枝監督が書いた原作小説があるみたいなので、今度読もうと思います。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [映画] | 2010.06.19(Sat) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。