スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

『背表紙は歌う』大崎梢

出版社営業の仕事も板についてきた井辻くんが5つの謎に挑みます。

背表紙は歌う (創元クライム・クラブ)背表紙は歌う (創元クライム・クラブ)
(2010/09/11)
大崎 梢

商品詳細を見る


井辻くんシリーズ第二弾。ちなみに正確には〈出版社営業・井辻智紀の業務日誌〉シリーズというらしいです。な、長い(笑)

「ビターな挑戦者」
取次会社で初めて会った男に暴言を吐かれた井辻。その男は何故そんな態度を取るのか?
タイトル通りのビターなお話でした。デビル大越の登場がこれっきりだったのがもったいなかったなぁ。また出てきてほしいです。
取次といえば、私はいつもココで新刊チェックさせてもらってます。

「新刊ナイト」
新刊発売の書店まわりにトラブルの予兆が。その作家に会いたいという書店員の思惑とは?
自伝を書くってかなり勇気がいることですよね。ミステリとしては少し物足りなかったですが、身を削って作品を生み出す作家魂が伝わってきました。
文学作品のヒント、私はわりとすぐわかりました(^^

「背表紙は歌う」
ベテラン営業の女性が気にかける、地方の本屋で起きているトラブルの原因とは?
いいタイトルですね。私も手芸好きなので、本屋さんで手芸本が並んでいるのを見るだけでしあわせな気持ちになります。
簡単に解決する問題ではなさそうですが、最後にほっとさせてくれるいいお話でした。
私の中で真柴株、ぐんぐん上がってます。

「君とぼくの待機会」
有名文学賞の候補が発表された。ところが受賞作は決まっているとの噂が広まって…。
本好きとしては、文学賞の裏事情はぜひ知りたいところ。楽しく読みました。出来レースを疑う声に対し、気難しい審査員の先生方を説き伏せる方がよっぽど難しいという反論に、おおいに納得(笑)
ところで文学賞メッタ斬り!シリーズってもう出ないのかしら?

「プローモーション・クイズ」
書店員に新刊の推薦コメントをお願いしたら、コメントと共になぞなぞが返ってきた!
書き下ろしのおまけみたいなお話ですが、おもしろかったです。なぞなぞを書いて送ってきたのは、もちろんあの子。勝ち気なところがやっぱり苦手だわ~(^^;


真柴とのお約束「ひつじくん」「井辻ですけど」のやり取りが、じわじわおもしろくなってきました。どんな流れで言われても即座に訂正する井辻くん。やるなぁ。

本絡みの日常系ミステリという括りでは成風堂書店シリーズと同じなのですが、取次だったり、文学賞だったり、出版社ならではの視点で描かれていて、本好きの好奇心をおおいに刺激してくれます。キャラクターも含めて、私はこちらのシリーズの方が好きですね。
暗い話題も多い出版業界。厳しい現実を受け止めつつも、自分にできることを精一杯こなす人たちが素敵です。その人たちを支えているのは”いい本を出したい”という思い。書店員だった大崎さんだからこそ描けるものがあると思ってます。
私は普段は図書館で借りることが多いですが、いいと思った本はあらためて買うようにしていますよ。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:あ行] | 2010.10.23(Sat) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。