スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

『儚い羊たちの祝宴』米澤穂信

読書クラブ「バベルの会」に集う良家の子女達。その周りで起きた事件の顛末。

儚い羊たちの祝宴儚い羊たちの祝宴
(2008/11)
米澤 穂信

商品詳細を見る


書き下ろし1篇を含む5篇を収録した短編集です。それぞれの話は独立していますが、いずれも名家にまつわる事件だということ、そして「バベルの会」の名前が出てくるという共通点があります。気になる英語タイトルは”The Babel Club Chronicle”。
ラスト一行の衝撃にこだわったという宣伝文句にも納得でした。

昭和初期と思われる古めかしい時代背景に、立派な屋敷やそこに住む一族、使用人達。暗く湿っぽく、あやしい感じがとてもいいです。言い方を変えれば似たような雰囲気の話ばかりなのですが、展開や動機が独特なので退屈しません。
米澤さんの本には、変わった名前と繊細な心を持つ少年少女達がよく出てくるのですが、あまりにも作り物めいていて「こんな喋り方する子いないよ…」なんて思ってしまうこともありました。でもこの本では、これくらいやりすぎ感のある方が雰囲気があってよかったと思います。

「身内に不幸がありまして」
なんか読んだことある気がするなと思ったら、お嬢様と世話係の女の子という設定が「玉野五十鈴の誉れ」と似ているんですね(主従関係は真逆だけど)。「バベルの会」が共通キーワードだというのも、ここで気がつきました。
とにかくタイトルが素晴らしいです。思わず溜息が出てしまうほど。

「北の館の罪人」
誰が善人で誰が悪人なのか、探り探り読みました。いくつか消化不良な部分があったような気もするのですが、たぶん真相とは関係ないのでよしとします。
最後のセリフ、ぞくぞくしました。

「山荘秘聞」
真相というかトリックは、かなり雑な感じなのですが(笑)やはり最後の一文に尽きますね。壮大なブラックジョーク。
以前に仕えていたという前降家の話も読んでみたくなりました。

「玉野五十鈴の誉れ」
これは以前『Story Seller』で読んでいたのですが、なぜか肝心のオチだけ忘れていて、まんまとドキッとしてしまいました。どこまで深読みするかはご自由にということなのだろうけど、怖いなぁ。
主人公の身に降りかかる出来事だけでも、なかなかの読みごたえがあります。

「儚い羊たちの晩餐」
これまでの4篇に依存関係はなかったのですが、総括にあたるこの話には、他の話に出てきた名前も登場します。
連綿と続く名家ではなく、成り上がりの一家が舞台というのもあって、他とは趣きが違いました。ホラーテイストな一篇です。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:や行] | 2010.11.29(Mon) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。