スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

『バッカーノ!1933 THE SLASH クモリノチアメ/チノアメハ、ハレ』成田良悟

鋏、刀、ナイフ、銃剣、槍…刃物使い達が勢揃いしたNYには血の雨が降る。

バッカーノ!1933〈上〉THE SLASH クモリノチアメ (電撃文庫)バッカーノ!1933〈上〉THE SLASH クモリノチアメ (電撃文庫)
(2004/09)
成田 良悟

商品詳細を見る
バッカーノ!1933〈下〉THE SLASH チノアメハ、ハレ (電撃文庫)バッカーノ!1933〈下〉THE SLASH チノアメハ、ハレ (電撃文庫)
(2004/11)
成田 良悟

商品詳細を見る


NYで活動を始めたジャグジー達のもとに、ガンドール、マルティージョからそれぞれ使者がやってきます。そこに偶然居合わせた泥棒カップル、妖怪(ラルウァ) 、ダラス。一方、ヒューイは巨大企業ネブラ相手に何かを計画していて…。

読み終わってしばらく放置していたら、内容をかなり忘れてしまいました(汗)上下巻のわりに(私的に)盛り上がるシーンも少なくて…。
前作から一転、登場人物が多いです。メインはチックとマリア…のはずなんですが、初登場のクリストファーと、ロニーが影の主役って感じです。あと、元クレアの葡萄酒は出番が少ないわりに相変わらずおいしいところを持っていってます。
メインの2人(特にマリア)の喋り方がいらっとするので、読むのがしんどいしんどい;同じく苦手キャラのジャグジーは影が薄くて気になりませんでしたが。
クリストファー、嫌いじゃないです(笑)突き抜けたバカっぽさが葡萄酒と似てますねぇ。

それにしても、ネブラ社の秘密には度肝を抜かれました。そこまでいっちゃって、この後どう続けるんだろう??
次巻はヒューイのいる監獄が舞台のようで、既にプロローグが始まっていますが…ぶっちゃけヒューイにあまり興味がわかないので、続きはしばらく放置するかもです。。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:な行] | 2010.12.22(Wed) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。