スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

『告白』湊かなえ

中学校で起きた事件の真相とその後が、関係者の告白によって次々と明かされる。

告白告白
(2008/08/05)
湊 かなえ

商品詳細を見る


読む前に内容を耳に入れないようにするのが大変でした。
映画もやっていましたしね。かなり評判が良かったので観に行きたかったんですが、やはり原作が先だろうと我慢…。映画の予告スポットだけはうっかり観てしまいましたが、それ以外はまったく知らない状態で読みました。
我慢した甲斐はありました。何なの?どうなるの?と、引き込まれるように一気に読んでしまいました。いろいろ知ってしまってから読んだのでは、衝撃の度合いが全然違っただろうなと思います。

第一章の、真綿で首を絞めるような先生の語りにはゾクゾクしました。流れるように話が進んで行くのでその時は気づかないのですが、後からじわじわ効いてくるんです。最初から全て計算ずくだったのかとわかった時の、何だろう…くやしいでもないし、気持ちいいっていうのもなんか違う…あぁっ!?って感じが忘れられません。
教師が生徒に話しかけている内容がそのまま文章になっているので最初とまどいましたが、この文体こそが独特の怖さを引き出しているのは確かです。

てっきり長編だと思い込んでいたので、連作短編だったのも驚きでした。もともと第一章の「聖職者」が短編として発表され、その後を描いた短編をまとめたものが『告白』なんですね。
最初から続編や『告白』というタイトルを意識して書かれていたのかが気になるところです。語り手が代わるたびに物事の見え方が変わり、他の人から見た描写では違和感を感じた言動も、当人の告白によってその真意が明らかになっていきます。どの話も一人称なので、どこまでが真実なのかは結局わからないままなのですが…。その突き放し方も新鮮でした。
章を追うごとに関係者の心の内が見えて理解が深まっていく反面、「聖職者」で受けた衝撃が徐々に薄まっていくのは少し残念で。でも最後の一撃でまたやられました。

現実に起きた事件に言及したりと色々と物議を醸す内容ですし、捉えようによってはかなり悪趣味な問題作だと思います。が、傑作なのは間違いありません。ここまで救いのない話を鮮やかに書ききった湊かなえさん、これがデビュー作というのがすごいです。
映画をやっと観られるのが嬉しい!ひたすら一人称で語るという原作をどんな演出で映像化しているのか楽しみです。


Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:ま行] | 2010.12.30(Thu) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。