スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

2010年12月に読んだ本&2010年ベスト本

まずは今月読んだ本から。

『バッカーノ!1933〈上〉THE SLASH クモリノチアメ』成田良悟
『バッカーノ!1933〈下〉THE SLASH チノアメハ、ハレ』成田良悟
『マクベス 研究者シェイクスピア・コレクション7』シェイクスピア
『告白』湊かなえ

4冊って。最後までやる気ない感じになっちゃいました…。でも年内に『告白』を読めて満足です。

◇◇◇ ここから年間まとめ ◇◇◇

2010年に読んだ本は73冊(再読本は除く)。去年より読書量がガクッと落ちました。暇な時間は何倍もあったはずなのになんで?(^^;
でも、読んだ本すべてに感想を書くという目標は達成しました!
来年はたぶんやらないです(笑)評価の良し悪しとは別に、感想の書きにくい本っていうのがどうしてもあって…なるべく書く方向でがんばるけど、無理には書かなくてもいいかなと。

全体的な印象としては、シリーズものが多かったですかね。最初はおもしろくても、途中で飽きてきたり変な方向に行っちゃったり…常に読者を楽しませるのは難しいんだなぁと改めて感じました。
あとは、児童文学やライトノベルといった子供~若者向けのものも多かったように思います。特に後半は読みやすい本ばっかり読んでいた印象が;それはそれでいいんですけどね。

そして、2010年のベスト本はこちらです!(リンクは感想ページに飛びます)
『吉祥寺の朝日奈くん』中田永一

吉祥寺の朝日奈くん吉祥寺の朝日奈くん
(2009/12/11)
中田 永一

商品詳細を見る


毎月のまとめでも一番よかったのを選んだりしてたので簡単に決められると思いきや、けっこう悩みました。でも中田永一さんとの出会いは大きかったと思いますので、これにします。
単純に上手いし、私好みでもありました。同じく『百瀬、こっちを向いて。』もとてもよくて、どちらが1位でもいいくらいです。

他によかった・印象的だった本を順不同で。

『ダブル・ジョーカー』柳広司
スパイ萌え~(笑)

『宝石泥棒の告白 怪盗メイソン』ビル・メイソン
これが実話だというのがすごすぎます。

『風流冷飯伝』米村圭伍
風見藩シリーズとの出会いも今年の大きな収穫でした。

『エデン』近藤史恵
読まないとこのおもしろさは伝わらない!

『流星の絆』東野圭吾
人気があるのも頷けるおもしろさ。ドラマを見た後でも楽しめました。

『WILL』本多孝好
地味だけどいい話なのです。

『wonder wonderful』河上朔
こういう大人のためのライトノベルは楽しいですね。

『儚い羊たちの祝宴』米澤穂信
雰囲気を楽しむもよし、ラストの衝撃を楽しむもよし。

『告白』湊かなえ
そりゃ話題にもなるわと納得。最後の最後にガツンときました。


今年も読んでくださってありがとうございました。コメント、TBもいつもありがとうございます。

来年もすてきな本に出会えますように。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [まとめ] | 2010.12.31(Fri) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。