スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

『鶴屋南北の恋』領家高子

歌舞伎に命を最後の一滴まで注ぎ込んだ鶴屋南北の晩年の恋とは。

鶴屋南北の恋鶴屋南北の恋
(2009/07/18)
領家 高子

商品詳細を見る


歌舞伎に詳しくない人でも「東海道四谷怪談」という演目は聞いたことがあるはず。その本を書いたのが、遅咲きながら数々の作品を世に残し、大南北とも呼ばれた、歌舞伎狂言作者の四代目鶴屋南北です。
深川芸者の鶴次は、十年来の男の頼みで、鶴屋南北のもとに妾奉公にあがることに。恋人が自分を売ったことに傷つきながらも、南北の深い眼差しに圧倒され魅了された鶴次は、これまでの暮らしを捨てて付いて行く決心をするのでした。
数々の逆境に喘ぐ歌舞伎界で命の限り走り続けた鶴屋南北と、最期まで側で見守った鶴次。粋な男と女の一世一代のごっこ遊びが心に染みます。

読んでいるあいだ何度も溜息をつきました。それくらい魅力的なセリフ、シーンが多いのです。
江戸時代なんて詳しくないし、歌舞伎もさっぱりわからない、なにより年寄りの恋愛ものなんてみたくない、という私がこの本を受け入れられたのは不思議でしょうがありません。鶴次と同じく、大南北に魅せられてしまったのでしょう…。
七十過ぎのおじいちゃんですよ。平均寿命が違うので、今の感覚だと九十歳くらいなわけです。なのに、なんでこんなに艶っぽいのか。
鶴次がまたいい女なのです。鶴次のサバサバした言動と情の深さがあってこそ、いつ崩壊してもおかしくない浮世離れした暮らしが続けられたに違いありません。
そして大南北を生き長らえさせるために全てを捧げた男、重兵衛。頭脳となり手足となって南北を支え続けた彼は、もう一人の鶴屋南北なのですね。タイトルは『大南北の恋』でも『源さんの恋』でもなく、『鶴屋南北の恋』でなくてはならないわけです。

普段読んでいるものとは一線を画す、大人の読み物でした。堪能しました。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:ら行] | 2011.04.18(Mon) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。