スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

『文学刑事サーズデイ・ネクスト〈2〉さらば、大鴉』ジャスパー・フォード

慌ただしい新婚生活を送るサーズデイに最大の危機が。

文学刑事サーズデイ・ネクスト〈2〉さらば、大鴉文学刑事サーズデイ・ネクスト〈2〉さらば、大鴉
(2004/09)
ジャスパー フォード

商品詳細を見る


前作以上に盛り上がるまでの過程が長いため何度か挫けそうになりましたが、どれも必要なエピソードのはずと自分に言い聞かせて読み進めました。しんどかっただけに後半で一気に真相が明らかになっていく爽快感は格別です。
このシリーズのスケールの大きさは認識していたつもりですが、今回で新たに投入された設定の数々は予想を上回るものでした。あまりにも大風呂敷を広げすぎて興醒めしてしまうのでは…という心配も杞憂に終わり、この不思議な世界をたっぷり楽しむことができました。

翻訳物なので仕方ないとはいえ、登場人物の話し方に違和感を感じるところがあるのがちょっと残念でしたが。副題も意味が通っていないですし。
こういう言葉遊びの多いものなんかは特に、原著で読んだら何倍も楽しめるのでしょうけどね。語学力の無さが悲しいです。。

物語の中に出てくる本の内容は知らなくても何とかついてはいけますが、『大いなる遺産』と『審判』は知っているとかなり面白いのではないかと思います。私は例のごとく未読でしたが…。役を演じていない時のミス・ハヴィシャムはかなり強烈なキャラクターだったので、ぜひオン/オフのギャップを見てみたいです。
新キャラのコーディーリアは”牛乳を腐らすほど服装のセンスが悪い”って設定が(笑)相棒ボーデンの天然っぷりも磨きがかかっておもしろいし、スパイクの彼女とのエピソードも笑わせてもらいました。

前作で未回収だった伏線はそのままだし(もはや回収はないのかも?)、サーズデイにとっての最大の問題は解決しないままだし、どうなっちゃうの!?というところで以下続刊。
すぐにでも続きを読みたいところですが、3作目は翻訳が出ているものの単行本はなく文庫版のみ、さらに4作目は未翻訳…と不安要素がたっぷり。
なんとなくヴィレッジブックスって簡単に打ち切ったりしそうだし…。出版社や訳者が変わってもいいから続き出してほしいところ。(株)魔法製作所シリーズを本国に先駆けて刊行した東京創元社のような心意気を!

Trackback [0] | Comment [2] | Category [作家別:海外] | 2011.05.09(Mon) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

気になります

crocoさんの書評を読んで、
ものすご~~~く気になっているんですが、
翻訳モノに疎い私がこの世界に
ついていけるかどうか・・・。
また「魔法製作所」のように時間を忘れて
読みふける翻訳ものにぜひ出会いたいと
思う今日この頃です。

2011.05.09(Mon) 15:26 | BEE [URL] | 編集 | ▲PageTop

★BEEさん

翻訳モノって合わないものだと本当に読むのがつらいので躊躇してしまいますよね。
私も実はハリポタがちょっと苦手だったりします(汗)話は気になるからがんばって読むつもりですが…。

このシリーズが読みやすいかというと、正直あんまり…かもしれません。他の本からの引用や特殊な用語がたくさん出てくるので、訳すのがかなり難しい方でしょうし。
でも話はおもしろいので、いつかチャレンジしてみてください♪
主人公のサーズデイはケイティと通じるものがあります。残念ながら恋の相手はオーウェンとは全然違うタイプですけど…(笑)

2011.05.09(Mon) 16:20 | croco [URL] | 編集 | ▲PageTop

Private

 


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。