『ジェネラル・ルージュの凱旋』海堂尊

俺を裁くことができるのは、俺の目の前に横たわる、患者という現実だけだ

ジェネラル・ルージュの凱旋ジェネラル・ルージュの凱旋
(2007/04/07)
海堂 尊

商品詳細を見る


『チーム・バチスタの栄光』『ナイチンゲールの沈黙』に続く、田口・白鳥シリーズ第3弾。

前作『ナイチンゲール~』と時を同じくして起こっていた、もう一つの事件。
不本意ながらリスクマネジメント委員会委員長を拝任した田口の元に、救命救急センター部長の速水が収賄しているという告発文が届きます。”ジェネラル・ルージュ(血まみれ将軍)”と称されICUに君臨するカリスマであり、旧友でもある速水を援護すべく、田口は東奔西走するのでした。

ジェネラルかっこいい!!その一言に尽きます。
普段の一見フザけたように見える言動と、救命救急のスペシャリストとしての一面と、どちらもかなり魅力的。そりゃモテるわ~。ギャップに弱い女子にはたまりません。各所で絶賛されているのも納得です。
私のお気に入りである田口も思った以上に活躍しますし、白鳥はあいかわらずですし(笑)楽しかったです。

それでストーリーが面白いかというと、そこまででもないのですが。良くも悪くも、速水や田口、白鳥というキャラクタの魅力で押し切っている感じです。
シリーズ開始当初は医療ミステリという位置付けでしたが、本作に関してはミステリ要素はほとんどありません。告発文を誰が送ったかなんて簡単に予想がつきますしね。医療の現状を描きたい作者が、エンタテインメント作品に仕上げるための一手段としてミステリを用いただけという気がするので、それは別に気になりませんでした。ここまでキャラが立っていれば、ミステリ要素がなくても十分楽しめます。
ただし、前作でこき下ろした欠点は、ほぼそのまま今作にも引き継がれています。やっぱりこの方の文章は合わないみたい…。続編やリンクする作品群も読んでいきたいのですが、どうも二の足を踏んでしまうのでした;

既に映画化・ドラマ化されてますね。速水役は、映画版が堺雅人、ドラマ版が西島秀俊か…。どちらもイメージ違うなぁ。
ドラマ版のタイトルは頭に『チーム・バチスタ2』ってついてるんですが…バチスタ全然関係ないし(^^; シリーズ物ってことを強調したかったんだろうけど、どう考えてもおかしいでしょ。速水が「チーム・ジェネラル」を作ったっていう設定は涙ぐましいけども(笑)

ここからちょっとネタバレです。

15年前の伝説、速水の行動は確かにめちゃくちゃかっこいいです。が、口紅に関してだけはちょっと…。
指揮官が青ざめていたら云々というのは理解できるけど、だからってねぇ。その話を聞いて「素敵ですね」ってなるのもわからない。私だったら引いちゃうかも。
そして当時も今も、いざ目の当たりにして誰も驚かないのが不思議でした(^^;

恋愛エピソードは本筋とはほとんど絡まないし、いらない気もしますね~。最後はまぁ良かったですけど。小夜の時と違って理解できる範囲だったので。完全に当て馬にされちゃった翔子には、佐藤よりも田口をお勧めしときたいです。
しかしこの病院、こんなに一度に人がいなくなって大丈夫なのか??(笑)

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:か行] | 2011.05.18(Wed) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com