スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

『人形遣いの影盗み』三木笙子

あいかわらず気乗りしない和製ホームズとは裏腹に、周囲の期待は鰻登りのようです。

人形遣いの影盗み (ミステリ・フロンティア)人形遣いの影盗み (ミステリ・フロンティア)
(2011/02/11)
三木 笙子

商品詳細を見る


「人魚は空に還る」「世界記憶コンクール」に続く、帝都探偵絵図シリーズ第3弾。かなり人気が出てきているみたいで、図書館では予約待ちでした。
前作は番外編的なものが多かったのですが、ようやく主役コンビ復活です。

「びいどろ池の月」
明治は女性の学歴が重要視され始めた時代なのですね。
芸者をしながら私塾に通い、後輩たちの悩み相談を一手に引き受ける花竜がかっこいいです。両親のエピソードも素敵でした。
花竜には探偵の素質があることだし、是非また出てきてほしいです。
それにしても女性絡みは特に不器用っぽい高広にそんな芸当ができたとは意外だわ~。

「恐怖の下宿屋」
高広が住む下宿屋を舞台にした、箸休め的な一篇です。
桃介さんいいですねぇ。下宿屋の女将=世話好きおばさん、というのはよくある設定だけど、世話好きお兄さん、ですからね。誰もがVIP扱いする礼を平気でこき使うなんて。言われるがままに働く礼もかわいいです。
かなりコメディタッチな話なのに、なぜかじ~んとしちゃいました。今回この話が一番好きかも。

「永遠の休暇」
探偵助手として甲斐甲斐しく仕事を見つけてきた礼のおかげで(?)華族のお家騒動に首をつっこむことになった高広です。
若干とっちらかった印象は受けましたが、いい話でした。
好きなことをして暮らせる幸せをあらためて実感した二人なのでしょうね。

「妙なる調べ奏でよ」
いきなり佐野の登場でニヤっとしてしまいました。思ったほど活躍しなかったですけど(笑)
最後のセリフが礼という人間を象徴していますね。暖かく見守ってあげたいです。

「人形遣いの影盗み」
怪盗ロータスが満を持して再登場。…といっても前の事件はうろ覚えでしたが;
いろいろ詰め込みすぎて、脇役たちのフォローがおざなりになってしまったのが残念。派手な演出のわりにはあまり盛り上がらなかったかな。事件そのものよりも、基博やよし乃との会話を楽しんでました。
ほっとできるエピローグはよかったです。
そうそう、基博が礼のことを今業平殿と呼んでいて意味がわからなかったのですが、今業平とは「今の世の在原業平といえるような美男」のことだそうで。なるほどね。


何がなんでも高広をホームズにしたい礼の無邪気な言動がかわいすぎます。高広は高広で、礼の期待には迷惑そうな顔をしていますが、両親に溺愛されて照れてるのがかわいい。
それよりももう~二人がラブラブすぎて(笑)本当にBLじゃないんだよね??と確認したくなります。高広が礼をお姫様扱いするのはいつものことですが、ちょっとやりすぎの感が。あげくに礼は「僕の行動くらい逐一把握しろ」ってストーカー行為を強要してるし(笑)
それはそれとして、心がほっこりする読後感がこのシリーズの大きな魅力。次回作も楽しみです。


Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:ま行] | 2011.05.19(Thu) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。