スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

『うさぎドロップ』宇仁田ゆみ

ダイキチみたいなお父さん、理想です。

うさぎドロップ (1) (FC (380))うさぎドロップ (1) (FC (380))
(2006/05/19)
宇仁田 ゆみ

商品詳細を見る
うさぎドロップ 9  (Feelコミックス)うさぎドロップ 9 (Feelコミックス)
(2011/07/08)
宇仁田ゆみ

商品詳細を見る


映画化にアニメ化とお祭り状態ですね~。
雑誌では番外編が連載中(懐かしのチビりん&若ダイキチ!)ですが、本編はこの9巻で完結です。
あらすじは割愛しますが、第一部(1~4)がダイキチの育児モノ、第二部(5~9)がりんの青春モノと、一粒で二度おいしいマンガなのです。

といいつつも、やっぱり第一部の方が好きかなぁ。りんと出会って、戸惑いながらも全身全霊をかけて子育てしていくダイキチがめちゃくちゃ格好いいです。
独身の三十路男がいきなり会ったばかりの子供を育てる決心をする、という始まり方こそ荒唐無稽なんですけど、一つ一つのエピソードや登場人物の内面が丁寧に描かれているので、すんなり話に入っていけるんですよね。実際に子供を育ててきてる宇仁田さんだからこそ描けたマンガなんだろうなという気がすごくします。
出てくる子供たちが絶妙にブサイクなのもいい。コウキは後々イケメンになるわけだけど、ちゃんとこれがああなったってわかるし、麗奈のやたらテンション高くてうるさい感じとかも「いるいる、こういう子」って感じで。

第二部が始まった時は、やたらとデカくなったりんやちょっぴり萎びたダイキチに戸惑ったりもしましたが、やっぱりりんはりんでダイキチはダイキチなのが嬉しかったです。
コウキとダイキチの関係もすごく好き。つらいエピソードも多かったですけど、この2人に救われたところは大きいです。
最後のところは、絶対そうなって欲しくないと思っていた展開だったにもかかわらず、ちゃんと読めば納得できる形で描かれていて、さすがだなぁと思いました。読者以上にダイキチが戸惑ってるのがよ~く伝わってきて(笑)2年て長いようですけど、せめてそれくらいの期間がないと、どうしても安易な結末に見えてしまうだろうし。まぁ賛否両論は当然あるでしょうけども。
例えばダイキチと二谷さんとか、りんとコウキとか、あるいはそれぞれ全く別の相手とか、いろいろ可能性はあったと思うんですけど、どう転んだとしても良かったと思える終わり方にしてくれるだろうなっていう信頼はあったので、安心して読めました。

同じく宇仁田ゆみさんの『よにんぐらし』(全4巻)もおすすめです。こちらはドラマチックな展開とかはなくて、四人家族の日常を描いたほのぼのマンガ。お父さんのタローくんがダイキチに輪をかけた小学生具合なのがイイ(笑)


Trackback [0] | Comment [0] | Category [マンガ] | 2011.07.11(Mon) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。