スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

『ローレンス・ブロック傑作集〈1〉おかしなことを聞くね』ローレンス・ブロック

ブラックだけどユーモアもたっぷり。

ローレンス・ブロック傑作集〈1〉おかしなことを聞くね (ハヤカワ・ミステリ文庫)ローレンス・ブロック傑作集〈1〉おかしなことを聞くね (ハヤカワ・ミステリ文庫)
(1992/12)
ローレンス ブロック

商品詳細を見る


娯楽小説の名手ローレンス・ブロックの短篇集です。以前にご紹介した〈泥棒バーニイシリーズ〉の短編が収められていると聞いて、読んでみました。
全部で18編、掌編と言えるような短いものもあり、ちょっとした空き時間に読むのに丁度よかったです。
ミステリというにはやや中途半端なのですが、話がおもしろいのでサクサク読めます。ストーリーテラーとして評価が高いのも頷けますね。ほとんどが殺人事件絡みですし、ブラックテイストなものも多いので、人によって好き嫌いは分かれそうですが…。
私は「あいつが死んだら」「おかしなことを聞くね」あたりが面白いと思いました。

バーニイが登場するのは「夜の泥棒のように」です。
主人公はバーニイではなく、ゲスト出演(?)だったのですが、お馴染みのスマートな動作やユーモアに富んだ会話センスににんまりしてしまいました。女性に弱いのも相変わらず。器用なくせに肝心なところでポカをやるバーニイは本当に愛すべきキャラクターです。
その他にもブロック作品で最も有名な〈マット・スカダーシリーズ〉にあたる一編が収録されていました。こちらのシリーズは未読なので、スカダーの人物像がうまく掴みきれなかったのは残念。暗いだろうなぁと思ったらやっぱり暗かったってくらい(^^;

バーニイシリーズの短編は他にもいくつかあるそうなので、追いかけていきたいと思います。


Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:海外] | 2011.07.19(Tue) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。