スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

ブックカバーと栞

読書好きさんの必須アイテム、ブックカバーと栞。こだわりは人それぞれにありますよね。

私の場合は基本こんなかんじです。
・家で読むとき → カバーや帯、リーフレットの類はうっとうしいので外す(全部捨てずに取っておいて読み終わったら戻す)。
・外に持ち歩くとき → 図書館の本ならそのまま。手持ちの本には(カバーの上から)ブックカバーをかける。
・しおりは付箋紙。
図書館の本はあらかじめコーティング処理がしてあるので、カバーをかけないことが多いです。よほど何を読んでいるか知られたくない場合は別ですが(笑)

ブックカバーは、布製・ビニール製・皮製…といろいろ使ってきたけど、やっぱり紙が一番。
本の形にぴったりフィットしていないと嫌なんです。本屋さんでかけられたのがブカブカだったりすると、悲しい気持ちになります。
あと、天地が開いている(折り返し部分が袋状になっていない)ものもズレやすいので好きじゃないかな。

そんなわけで、ブックカバーは自作することが多いです。ネットで買ったりしたらそもそもついていないですしね。
きれいな包装紙や雑誌のページがあればいいんですが、そうそう手元にはありません。なので、もっぱらA4用紙に印刷したものを使っています。

bookcover

これ全部PDFで配布されていたフリー素材なんです。壁紙なんかに比べると数は少ないですが、探せばけっこうありますよ。
いろいろダウンロードしておいて、本の雰囲気にあわせてデザインを選ぶのも楽しいです。

A4サイズは文庫本にはちょうどいいけど、それより大きいとちょっと厳しい。
ハードカバーには、演劇を観に行くと大量にもらうフライヤー(チラシ)がオススメです。A3サイズでしっかりした紙が多いですし、なかには表にはほとんど字が入っていないものもあったりしますし。
あんまりメジャーな作品のは、バレたら恥ずかしいので使わないですけどね;

しおりについては、付箋紙最高!これに尽きます。
紙片を挟むタイプは、開いたときに落としそうになったり、挟んだままだとページが曲げにくかったり…かといって読むときに外すと行方不明になりがち。
また紐タイプも、位置を変える時のあの動作が混んだ電車の中だとけっこう難しかったり、仰向けに寝転んで読むとブラーンと垂れ下がってきたり(笑)
その点、付箋紙なら落ちないし邪魔にならないので、快適です。

最近は、かわいいデザインのものもいっぱい売っていますよね。
…といいつつ、私がいま使っているのはコレ(笑)

postit

いつも実家から大量にもらう、なんの色気もない付箋紙セット。それでもこの前までは無地だったのが、新しいのを開けてみたらなんと薬の名前つきでした(笑)
まぁ使用には差し支えないからいいか…と使っていたのですが、タナトリルの文字が目に飛び込んできて、どうも気が散る。。。
というわけで。

shiori

文字の部分を折ってマスキングテープで留めてみました。
端っこはいつもヨレヨレになってしまっていたけど、これが補強にもなって、一石二鳥。どぎつい蛍光色もなんだかかわいく見えてくる(?)小技でした。

*****
思った以上に長々と語ってしまいましたが…
本の感想も近いうちにUPします!いつも広告出てしまっていてすみません!!
 ↑これを言いたいがための記事でした…。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [雑記] | 2012.09.24(Mon) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。