スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

『黒猫の接吻あるいは最終講義』森晶麿

黒猫と付き人の進展具合をじれったく見守るシリーズ第2弾。

黒猫の接吻あるいは最終講義黒猫の接吻あるいは最終講義
(2012/05/24)
森 晶麿

商品詳細を見る

黒猫と付き人がバレエ『ジゼル』を鑑賞中、ダンサーが倒れるハプニングが発生した。五年前にも同じ舞台、同じ演目で、バレリーナが死亡する悲劇が起きていた。ガラスアーティストの塔馬から聞いた黒猫の過去と、二つの事件の関連を気にする付き人。しかし何やら隠し事をしているらしい黒猫は、関わらないよう忠告するだけだった。仕方なく付き人は一人で事件に挑むが…ジゼル、ガラスアート、ポオを絡め、二度の事件を結ぶ図式が見えたとき、黒猫の最終講義が始まる―。
(「BOOK」データベースより)


『黒猫の遊歩あるいは美学講義』の続編にあたります。
事件を美学的目線で考察していくのは前作と同じ。ただ今回はポオの影は薄めでした。その代わり、バレエの演目『ジゼル』を主軸にして物語が展開していきます。
ちなみに主人公2人の名前はやはり明かされないまま。感想書きにくいからなんとかしてほしいな(苦笑)

前作よりも読みやすく分かりやすいと感じたのは、長編だからでしょうか。バレエについて全く知らなくても大丈夫でした。
相変わらずご都合主義な部分も多かったですが、場面の美しさを優先していると思えば、まぁ許せるかな。黒猫の浮世離れした人物像からして、いかにもフィクションですからね。気にしたら負けでしょう。
ミステリとしての面白さはあまりないので、そういうものを求めて読むとがっかりすると思います。かといって恋愛モノとしてどうかといわれると…おすすめできるかちょっと悩んでしまいます(笑) もどかしい二人を見ているのが好きな人ならアリかな。

なんだかんだいっても続きは気になるので、わりと気に入っているのかもしれません。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:ま行] | 2013.04.01(Mon) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。