スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

『ショーシャンクの空に』

冤罪で投獄されたアンディの19年にわたる刑務所での日々。

ショーシャンクの空に [DVD]ショーシャンクの空に [DVD]
(2010/04/21)
ティム・ロビンス、モーガン・フリーマン 他

商品詳細を見る

無実の罪で“ショーシャンク刑務所”に投獄された青年は、心に秘めた希望と持ち前の明るさで周囲を変えていく…。スティーブン・キングの原作小説をフランク・ダラボンが見事に映画化した珠玉の感動作。ティム・ロビンス、モーガン・フリーマンほか出演。(「Oricon」データベースより)


先日NHKでやっていた「ハリウッド白熱教室」の脚本の回で取り上げられていて、久々に観たくなりました。
昔から好きな映画の一つですが、観たのは10年ぶりくらいかもしれません。

今回観てあらためて強く感じたのは、感動よりも中盤からラストにかけての爽快感でしょうか。感動しないというわけではなくて、なんていうか、もっとサラッとクールに描いているというか。
私もそうなんですが、やたらと"泣ける""感動する"と言われてしまうと観る気がおこらないことってありますよね。でもこれはベトベトしたお涙頂戴物では決してないので、食わず嫌いしている方には是非観てもらいたいです。

原作はスティーブン・キングの『刑務所のリタ・ヘイワース』(『ゴールデンボーイ』に収録)。
初めてこの映画を観た後、すぐに読みました。短編なんですよね。でも映画化するならこれくらいの長さの方がいいのかもしれない。
映画のために変更・追加されたエピソード(原作と映画の違いは他所様のブログを参照。なんせ読んだのがはるか昔なので…)が、どれも非常にいい効果をあげていると思います。それらがこの映画を名作たらしめている気がします。監督・脚本を務めたフランク・ダラボンの功績ですね。

モーガン・フリーマン…特に意識したわけではないのですが、なぜかこのブログでの登場率高いです(笑)
『インビクタス 負けざる者たち』
『ドライビング Miss デイジー』

Trackback [0] | Comment [0] | Category [映画] | 2013.07.27(Sat) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。