スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

『煌夜祭』多崎礼

2012年ベスト本の記事でも少し触れていますが、書き下ろし短編つきの文庫版が出たので、再読しました。

煌夜祭 (中公文庫)煌夜祭 (中公文庫)
(2013/05/23)
多崎 礼

商品詳細を見る

生物も住めぬ死の海に浮かぶ十八諸島。“語り部”たちが島々を巡り集めた物語を語り明かすため、年に一度、冬至の晩に開かれる煌夜祭。今年もまた、“語り部”が語り始める。人を喰らう恐ろしくも美しい魔物の物語を。夜が更けるにつれ、物語は秘められた闇へ…。第2回C・NOVELS大賞受賞作に書き下ろし短篇「遍歴」を収録。
(「BOOK」データベースより)


世界観が肝となるハイ・ファンタジーにおいて、この話の設定はなかなか面白いです。
王の住む島を中心に3つの同心円(輪界)を描く形で島々が点在し、第一から第三輪界は各々の周期で周回しています。海は人体に有害なので、日に何度か吹き上げる蒸気を利用した蒸気船で島間の行き来をするしかありません。
情報は金にも等しく重宝され、そのために”語り部”が存在するというわけです。

語り部が順に語りを披露するうち、その奥に隠された物語が徐々に明らかになっていく様に、ページを繰る手が止まりませんでした。
一話一話それぞれに面白く、また全体を通して読むと胸に迫るものがあります。いい物語に出会えたなぁという純粋な喜びを感じさせてくれる本ですね。
時々妙に言葉が軽いのが気になりましたが(〜とゆう、等。”語り”の中だからギリギリ許容範囲か)、デビュー作にしては完成度が高くて驚きです。他の作品も読んでみたくなりました。


ここから先は、個人的に内容や疑問点を整理するためにまとめたものです。盛大にネタバレしていますので、既読の方のみで。

ナイティンゲイル(ガヤン)の語りは以下の3つ。
「ニセカワセミ」
「魔物の告白」
「呪い」

トーテンコフ(ムジカ)の語りは以下の4つ。
「かしこいリィナ」
「七番目の子はムジカダケ」
「王位継承戦争」
「すべてのことには意味がある」

そして、これら全ては現在のトーテンコフ(ガヤン)が語った内容、という仕掛け(序章と終章が現在にあたる)。
文庫版書き下ろしの「遍歴」はそれよりも前、死期を迎えたムジカの願いを聞き入れ、ガヤンが彼女を食べた時点の話と思われます。

気になったのは、語り部としての経験がないガヤンが、なぜニセカワセミの話を知っていたのか?ということ。
ニセカワセミを食べた魔物はガヤンではないでしょう(時代も場所も性格も違う)。
義兄エナドから話を聞いたのかとも思いましたが、エナドが魔物を抑える方法を知って何もしないわけがないので、これも違います。
おそらく【ニセカワセミ←?←ターレンの魔女←ガヤン】というように、ターレンの魔女を介して知った可能性が高いです。
ターレンの魔女が直接ニセカワセミを食べたのか、別の魔物が絡むのかは不明。「遍歴」でターレンの魔女とニセカワセミが親しそうにしていたのを見ると、直接というのが有力かも?
また、ニセカワセミが語り部になるきっかけとなった女の語り部がターレンの魔女なんじゃないかと思いました。

一晩中話をし続ければ魔物は人を食べなくてすむ、というのは数百年前にはわかっていた(「ニセカワセミ」より)のに、その方法があまり広まっていないのは何故なんでしょう。
少なくとも、冬至の夜に煌夜祭に来ていたターレンの魔女は知っていた気がします。それなのに、ガヤンには食べさせた。さらに、ムジカとガヤンが出会った時、なぜターレンの魔女は小屋に戻ってきたのかも腑に落ちませんでした。冬至の夜は帰ってこないはずなのでは…。

「遍歴」は読者サービスとして書かれたのでしょうけど、読んだ後しばらく悩まされました。出来ればもう少しわかりやすくしてほしかった(笑)
もちろん嬉しいおまけでしたけどね。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:た行] | 2013.10.23(Wed) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。