スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

『超能力カウンセラー アビー・クーパーの事件簿』ヴィクトリア・ローリー

期待しないで読んだら、意外なほど面白かったです。

超能力カウンセラー アビー・クーパーの事件簿超能力カウンセラー アビー・クーパーの事件簿
(2006/11/28)
ヴィクトリア・ローリー

商品詳細を見る

予知能力を使ってカウンセラーをしているアビーは31歳おひとり様。白馬の王子様を待ち望んでいるのに、彼女が超能力者だということを知ると男は逃げていってしまう。やっとお見合いサイトで見つけたイイ男、しかし彼は実は刑事さん。せっかく超能力で犯罪の手がかりを教えてあげたのに、「犯人しか知らない情報を知ってるなんて」と私を犯人扱い、あぁ、もう、男って、警察ってどうしていつもこうなの!恋するサイキックのドタバタ事件簿。
(「BOOK」データベースより)


プロのサイキック(超能力者)が主人公で、この安っぽい装丁と表紙。いかにもイロモノ・B級小説という感じなのですが、なかなかの拾い物でした。

連続殺人事件に巻き込まれていくサスペンスと、同じ事件を追う刑事との恋の駆け引きが両方一度に楽しめるストーリーで、そのどちらにも主人公アビーの特殊能力が遺憾なく発揮されています。
超能力を使うなんてチートもいいところですが、すぐに犯人がわかってしまうほど完璧でもなく、また現実主義で証拠がないと動けない警察との兼ね合いから、なかなか真相に辿りつけません。
そのあたりの葛藤を通して、サイキックならではの悩みなんかも伝わってきます。

翻訳も悪くなく、テンポよく読めますし、なによりアビーの言葉の使い方が面白くて。(全編通して彼女の一人称なのです。)
事件の担当刑事であるダッチとの軽口の応酬も楽しい。男女ペアで事件を解決していくような海外TVシリーズが好きな方なら、きっと気に入るはずです。
ダッチが、これまた魅力的なんですよ。海外作品に出てくるヒーローっていまひとつピンとこないことが多いのですが、彼はすごく好みです。あまりにも完璧すぎてロマンス小説くさいのがちょっとあれなんですけども。
他にも個性的なキャラクターが何人も出てきます。その中で特に面白いのが、アビーの姉キャット。彼女の24時間がどんななのか知りたい(笑)

私は霊能とか占いとかスピリチュアルなものに一切興味がなくて、一時期流行ったテレビ番組なんかも見たことがないです。でもフィクションなら案外楽しめるものだなーと思っていたら、訳者あとがきを読んでびっくり。アビーのモデルは作者のヴィクトリア・ローリー自身で、プロのサイキックなんだそうです。

本国では今度12作目が発売されるほどの人気シリーズのようですが、日本では出版の目処が立たなかったのか、これ一冊きり。
見覚えのないレーベルだなと思ったら、マンガ専門の出版社が翻訳小説部門に参入したということらしいです。それでこの表紙なわけね、と納得。小林ユミヲさんが悪いというわけではないけれど、これは売れないだろうな。。。
今もこのレーベルが存在しているのかすら怪しいですし、もう日本で続きが出ることはないでしょうね。シリーズものに手を出すなら、きちんと最後まで責任持ってほしいですよ、ほんとに(怒)
他の出版社が版権を買い直して最新作まで出版してくれると嬉しいんですけども。


Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:海外] | 2014.01.19(Sun) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。