スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

『配達あかずきん』大崎梢

つい最近文庫化されたみたいですが、買うなら断然こっちの単行本がいいです。

配達あかずきん (ミステリ・フロンティア)配達あかずきん (ミステリ・フロンティア)
(2006/05/20)
大崎 梢

商品詳細を見る

ミステリ・フロンティアの本が並べられた表紙は、読む前からニヤリとさせてくれます。よく見ると実際の装丁と少し変えてあるんですよね。

この本屋を舞台にしたミステリ短編集、本好き・本屋好きはもう楽しくてしょうがありません。話の本筋に関係あろうがなかろうが、とにかく本屋にまつわる小ネタ・裏事情・トリビアが山ほど出てきます。また、実際の書名・誌名がそのまま使われているのもリアルでよいです。
本屋はあこがれの職場なので、仕事がハードなのはわかっていても、やっぱりうらやましいなと思ってしまいました。

各話のテイストも、サスペンス、感動もの、ラブストーリー、とバラエティに富んでいて、それぞれ楽しめました。
突出して魅力的なキャラクターがいないのが欠点といえば欠点ですが、エピソードのおもしろさでぐいぐい惹き込まれるので問題ないです。シリーズものだからそのうちちゃんと色がついていくでしょうし。
表題作に出てくるイケメン理髪店なんて、かなりネタにしやすいと思うのですが。1話かぎりではもったいないですよね。イケメン揃いに何か裏があるのかと思ったら、そうでもなかっただけに(笑)

一度読んだ本をわざわざ買うなんて、と驚くくだりがあるのですが、私からしたらいたって普通の感覚なので、逆に驚きました。気に入った本は何度でも読み返したいし、またいつでも読めるという安心感がいいんじゃないですか、ねぇ。

余談ですが、どうも「書店」て言いにくい…普通しゃべり言葉では「本屋」っていいませんか?あと「書店人」より「書店員」がしっくりくるんですが…。

Trackback [1] | Comment [2] | Category [作家別:あ行] | 2009.04.04(Sat) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「配達あかずきん」 大崎梢

ちょっと更新滞ってました。でも、更新が滞っている間にも、地味~に読書はしてました。おいおいアップします。 配達あかずきん価格:¥...

2009.04.07(Tue) 10:04 | 乱読にもほどがあるッ! | ▲PageTop



Comment

こんにちは!
私も「本屋さん」って憧れの職業で。
業界裏話的に、楽しく読めました。
このシリーズは、短編の方が面白い気がします。

2009.04.07(Tue) 10:07 | 千砂 [URL] | 編集 | ▲PageTop

千砂さん、こんばんは。
同感です!次の長編も読みましたが、短編の方が、お話と謎のバランスが良いと思いました。
これを読んでから本屋さんに行くと、ついつい書店員さんを観察してしまいます。

2009.04.08(Wed) 20:21 | croco [URL] | 編集 | ▲PageTop

Private

 


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。