スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

『ゴールデンスランバー』伊坂幸太郎

伊坂作品の集大成という煽り文句に素直に頷ける大満足の一冊でした。

ゴールデンスランバーゴールデンスランバー
(2007/11/29)
伊坂 幸太郎

商品詳細を見る

ちりばめられた伏線の数が、これまでの比ではありません。そしてそれらを一つ一つ回収していく気持ちよさといったら。
極上のエンターテインメント小説です。
理由もわからず濡れ衣を着せられた男の逃走劇は、悲しく辛いはずなのに、青春時代の思い出とあいまって、必ずどこかに希望があると思わせてくれます。
ハッピーエンドではないのに、読後感は爽やか。さすがとしか言いようがありません。

ここから先は完全ネタバレなので、折りたたみます。
(未読の方は注意!)

ひとつだけケチをつけるとすれば、「もう一人の青柳雅春」はない方がおもしろかったかなぁと。
濡れ衣を着せようとした何者かは、”犯人”としての青柳雅春をかなり周到に準備して演出していますよね。だったら河原でラジコン飛ばしてたのも監視カメラに映ってたのも本人だった、って方がより怖さが増す気がするのですが。青柳雅春としては特に意味のない行動が、”犯人”というフィルターを通すことで”それっぽく”見えるという。
そもそも替え玉を使うなら、そそのかしてラジコンを買わせる意味があまりないですし…。
この設定がなくても、同じ結末には持っていけた気がするので、余計にそう思うんですよね。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:あ行] | 2009.04.20(Mon) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。