スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

『K-20 怪人二十面相・伝』

怪人二十面相の敵といえば明智小五郎ですが、そこに新解釈をプラスして、”怪人二十面相に仕立て上げられた男”と”本物の怪人二十面相”との戦いを描く冒険活劇です。

正直そこまで期待せずに観はじめたのですが、めちゃくちゃ私好みの映画でした。

まず、主演の金城武がいい!日本語が多少おかしくても、セリフが聞き取りにくくても、なぜか許せちゃうのが金城君のすごいところ。それだけ魅力があるってことですね。アクションシーンはかっこいいし、なにより彼は本当にコメディに向いていると思います。
そう、アクション主体かと思いきや、けっこうな割合でコメディなんです。
そういう意味でも、ヒロインに松たかこというのは大正解。彼女のコメディエンヌとしての才能は抜群ですから。財閥のお嬢様でありながら行動力は人一倍、というキャラクターもぴったりですし、かなりはた迷惑な無鉄砲キャラなのですが、それをかわいらしく演じられているのも、松さんならでは。

いまだ華族制度の残る1949年の日本という設定がうまいです。その世界観を裏付ける街並みやファッションが、怪人二十面相という現実離れした題材にぴったり。
ストーリーも数々の装置類も、真面目にみたらつっこみどころは山ほどあるのですが、舞台を”架空都市・帝都”としてあるのでなんとなく納得できるという。
さすがに最後の脱出シーンはありえなさすぎて思いっきりつっこみましたけど(笑)

原作ファンの中には「なんだこの映画は!」とお怒りになる方もいるみたいですが、北村想の原作はもとより、本家・江戸川乱歩の怪人二十面相シリーズも読んだことがない私は素直に楽しめました。
今回ばかりは映画が先で良かったかも。原作もおもしろそうなので、そのうち読んでみたいと思います。

K-20 怪人二十面相・伝 通常版 [DVD]K-20 怪人二十面相・伝 通常版 [DVD]
(2009/06/24)
金城 武松 たか子

商品詳細を見る

余談1。
監督・脚本の佐藤嗣麻子氏の略歴をみると、監督したドラマが『恋におちたら~僕の成功の秘密~』『アンフェア』となかなかのトンデモ系(私の中で)でした。うわ、伝説のドラマ『嫉妬の香り』まであるよ。監督名だけ聞いたらきっとこの映画観なかっただろうなぁ。。。

余談2。
金城武、仲村トオル、國村隼、と男性陣はぼそぼそしゃべる人ばかり。セリフが聞き取りづらいので日本語字幕をONにして観たのですが、羽柴家の侍女たちの「オホホホ」みたいなセリフまでが字幕になっていて、ちょっとうっとうしかったです(笑)

Trackback [0] | Comment [0] | Category [映画] | 2009.09.07(Mon) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。