スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

『人魚は空に還る』三木笙子

読んだのは少し前ですが、映画『K-20』を観て思い出しました。舞台が帝都だったり、サーカスが出てきたりと共通点が多いです。

人魚は空に還る (ミステリ・フロンティア)人魚は空に還る (ミステリ・フロンティア)
(2008/08)
三木 笙子

商品詳細を見る

朴訥で誠実な雑誌記者とわがままで美形な天才絵師が、さまざまな事件や謎を解明していきます。といってもあまりミステリ色は強くなく、登場人物たちのやり取りやノスタルジックな雰囲気を楽しむ感じですね。

表紙絵の影響か、ついつい『まほろ駅前多田便利軒』のコンビと比べてしまいました。こちらもあからさまにBL風味なのがちょっとあれなんですが、そこだけ目をつぶれば、この二人嫌いじゃないです。
おいしい設定もちりばめられていますしね。実はいいとこのお坊ちゃんだった、なんてベタだけどやっぱり楽しいのです。

最初は礼がホームズで高広がワトソンだと思っていましたが、逆だったのは意外でした。
まわりの人たちもキャラが立っていておもしろいです。ライバルが関西弁って、完全にマンガの世界ですけど(笑)お遊びで実在の人物を登場させたりと何でもありなようなので、この勢いで続編も出してほしいですね。

実在の人物といえば、もともと小川未明は好きなのですが、この本を読む少し前にたまたま『赤いろうそくと人魚』を読み返していて、その偶然にびっくりしました。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:ま行] | 2009.09.07(Mon) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。