スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

『マイ・ブルー・ヘブン 東京バンドワゴン(4)』小路幸也

おなじみ東京バンドワゴンシリーズの番外編。今の堀田家ができるまでのお話。
プロローグには紺、藍、青の名前が。

マイ・ブルー・ヘブン―東京バンドワゴンマイ・ブルー・ヘブン―東京バンドワゴン
(2009/04)
小路 幸也

商品詳細を見る

語りはいつもと同じくサチですが、勘一と出会った頃のお話なので、もちろん生きていて、しかも若い!見た目はかわいらしいお嬢さんなんですが、自分の役割をきちんとわかっているところが頼もしいです。これくらい肝が据わっているからこそ、この後の堀田家を切り盛りしていけたんでしょうね。
そして若い頃の勘一、かっこよすぎです。面倒見がよくて、腕っぷしも強く、頭の回転も速いなんて、こんな人がいたら絶対好きになっちゃいますよ。しかも普段は江戸っ子口調なのに、流暢なキングズイングリッシュもあやつれるっておもしろすぎます。「貴君」とか(笑)

東京バンドワゴンではこれまでたくさんのカップルがうまれてきましたが、この勘一とサチが一番共感できたかもしれません。現代の話だと、所謂おつきあいをしていないのに結婚を決めるっていうのに違和感を感じていたのですが、この時代でしかもこの事情だと、すんなり納得できるというか。
(小路幸也さんって若い方かと思っていたら、意外にもお父さん世代なんですね。だからちょっと結婚に対するスタンスが違うのかも?)

前作で名前だけ出てきたジョー高崎や、マリア、十郎さんといった仲間たちも魅力的でした。みんなサチを守るという任務を喜んで引き受けているのがよくわかります。
ジャズバンドを始めるあたりが最高に楽しかったなぁ。

スピンオフは度が過ぎるとよくないとわかっているんですが、勘一とジョーの子供の頃の話や、草平さんと美稲さんの若い頃の話も読みたいなぁと思ってしまいました。
今はレンザブローで最新作を連載中みたいです。執筆スピードが速いのもこのシリーズのいいところ。

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:さ行] | 2009.09.15(Tue) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。