スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

『赤い靴の誘惑』シャンナ・スウェンドソン

隣の女の子&妹ポジションを不動のものにしてきたケイティが、今度はなぜだかモテまくり。さらに田舎から両親が出て来て、大変なことになってます。

赤い靴の誘惑―(株)魔法製作所 (創元推理文庫)赤い靴の誘惑―(株)魔法製作所 (創元推理文庫)
(2007/03)
シャンナ スウェンドソン

商品詳細を見る

『ニューヨークの魔法使い』に続く、(株)魔法製作所シリーズ第二弾です。

ようやく彼氏ができたと思ったのも束の間、社内ではスパイ疑惑が持ち上がるわ、田舎から両親が出て来るわ、ケイティの生活は落ち着く暇がありません。魔法関係の仕事をしていることはルームメイトにも家族にも秘密なので、何か変なことが起こるたびに誤摩化さないといけなくて、ほんと大変。。。

そんな中、さらに追い打ちをかけるように、いくつかの事実が発覚するのですが、このあたりの展開が上手いです。免疫者(イミューン)の設定をこう使ってくるとは。1作目からきちんと考えられていたんだろうなぁ。ちょっとネタバレしちゃうと、この設定は3作目4作目でもうまく生かされています。
MSIの仕事にも慣れてせっかく自信を持てるようになってきたのに、そのトラブルでクビになるかもと焦るあまり一人でなんとかしようとするケイティ。気持ちはわかるけど、悪い情報ほど早く伝えないとねー。このシリーズで描かれている仕事に対する姿勢は概ね好印象だったのですが、ここだけは気になりました。あ、あと失恋で休んだり早退したりはちょっとね…。

今回も悪役イドリスは出てきますが、この2作目のメインは(前述のあれこれを除いては)やっぱりケイティの恋愛ですかね。
イーサンはなかなかの紳士だし、オーウェンはだいぶ打ち解けてきて素敵だし、ロッドもいい人だし、、、読んでいて楽しいです。有川作品ほどではないにせよ、糖度高め。あと、オーウェンについては何度も同じような描写が出てくるので胸やけ覚悟で(笑)

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:海外] | 2009.11.06(Fri) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。