スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category [スポンサー広告] | --.--.--(--) PageTop

『BOX!』百田尚樹

ボクシングを題材にした小説って珍しいのでは。『風の中のマリア』といい、百田さんは着眼点がおもしろいです。

ボックス!ボックス!
(2008/06/19)
百田 尚樹

商品詳細を見る

私はボクシングどころか格闘技全般に興味がありません。まともに観たこともないので食わず嫌いといわれても仕方がないですが、プロレスやK-1みたいな見せ物はどうしても好きになれないし、たぶんこの先も観ることはないと思います。ただ、ボクシングに対する認識は、これを読んで少し変わったかもしれません。
ただ単に殴り合うだけというシンプルな競技かと思っていたら、作中で耀子が驚いていたように、実はかなり奥が深いようです。パンチの技術だけでなく、細々としたルールやそれに合わせたテクニック、引退後の後遺症の話など、ボクシングに関する様々な裏事情(?)が書かれてあって、興味深かったです。

実は読み始めてすぐに、この本とはあまり相性が良くないかも…と感じたんです。出てくる人は皆あまり好感を持てないし、文章もなんだか違和感があったし(女性視点でも「あーこれ中年男性が書いてるな」って印象が強かったので)。優紀や耀子の恋愛エピソードははっきりいって邪魔だと思いました。
が、後半に入ってボクシング部のみんなが変わりはじめてからは俄然おもしろくなってきました。必死で練習に打ち込む姿や試合での奮闘ぶりなど、読んでいて熱くなるんですよ。これぞ青春って感じです。人ってこんなに短期間で変われるんですね。最初好きになれなかった鏑矢も、読み終わる頃にはかわいく見えてくるから不思議です。ちなみに一番好きだったのは飯田キャプテンでした。

『DIVE!!』や『サクリファイス』なんかもそうですが、これまで知らなかったスポーツをまるで目の前で観たかのように感じられるって、小説ってすごいなぁとあらためて思います。読み終わったらやっぱり実際に観てみたいって気になりますし、マイナースポーツの普及にはスポ根小説ですね!

Trackback [0] | Comment [0] | Category [作家別:は行] | 2009.12.10(Thu) PageTop

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



Comment

Private

 


 プロフィール

[Author:croco]
一言でもコメントいただけると嬉しいです!
記事に関係ないコメントはこちらにつけて頂いても。
…たまにつぶやいてます。

 最近の記事
 カテゴリ
 タグ
 月別
 ブログ内検索
 最近のコメント

日付別/記事別の切り替えopenclose

 最近のトラックバック
 リンク
 ブロとも申請フォーム
 crocoの本棚
 バナーいろいろ
 QRコード
QR
 RSSリンク
 Do you have the time?
http://www.pecope.com
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。